オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

BIRDMEN-バードメン-最新 68話 flight66 ネタバレ&感想 ファーム襲撃と最後の宴

      2018/11/21

2018年11月21日発売の週刊少年サンデー 2018年52号に連載されている

BIRDMEN-バードメン- 68話(flight66)のネタバレ&感想になります。

 

flight066 THE BEGINNING OF THE END

内容ネタバレ

 

5人目となる七翼を見つけた烏丸達だが

その本人がこの地を離れる前に全ての記憶を洗い直したいとして

森籠りを始めた事からそれぞれ別行動をとることに。

 

名前が無かったことから皆でエンデと名付けたその人物に鷹山はついていき

他の面々は留守番をしつつ待つことになったものの

密林の奥地での暮らしを嫌がったのか

烏丸と鴨田を除いて街へと消えて行き・・・。

Sponsord Link

そんなサバイバル生活を送って一週間経ったとの

近況報告を鷺沢が烏丸から受け取っていた頃

ロビンたちはアメリカアリゾナ州南部の郊外にある家を占拠し休んでいた。

 

夜が更け他の面々が眠りにつく中、

一人アルヴァがこれから向かうファームでの作戦について考えていた一方

ロビンは屋根の上で一人寝ころび星を見るバットのもとへ訪れていた。

 

色々これまでの事、これからの事を話す二人だが

ロビンは種の進化は向こう(はじまりの七人)に任せ

自分達は人間との関係について変えるのだと考えていた。

 

バットは難しい話はアルヴァとでもしてくれといいつつも

ロビンの為に戦うことを宣言するが

よく働いた時にはご褒美が欲しいと言い出す。

 

それについて了承したロビンだが

バットが望んだのはロビンに笑って欲しいというものだった。

 

俺は再会してからお前の笑顔を一度も見ていないと言われ

呆気にとられるロビンに対し

バットは照れ臭いのかやっぱ冷えるなと言いつつ立ち上がり

お休みロビンと言い残しその場を去るのだった。

 

その後、ロビンたちは新たなファームへ襲撃を行ない

それを成功させるがどうやらその場所に残っていたデータは

アルヴァの求めた成果には到底及ばなかったらしく

残念そうな表情を見せていた。

 

そして粗方調べ終わった後

前のようにファームに巨大な十字架を刻んだロビンの脳裏には

アーサーを失ったあの日の事が思い出されていた・・・。

Sponsord Link

一方、その頃有翼同盟の面々は

最後の晩餐とでも言えばいいのか

楽し気にパーティーを開催していた。

 

メンバーではないガビアルはなんでパーティーをしているのか

までは理解していなかったが皆と楽しそうに食事をとっていた。

 

そうした中、一人グラスを傾けるエリザベス(リリー)に声をかけた

ガビアルは彼女から誘われるままに

地下のフロアで行われているクラブイベントへと参加する。

 

だがクラブで皆が弾ける中、その様子をただじっと眺めている

エリザベスがずっと悲しい顔をしている事に気付いていた。

 

そんな彼女のことを最高にキレイだと評したガビアルは

その後夜を共にするが眠りについた後

自分に何かを注射しようとするエリザベスに気付く。

 

俺を殺すの?と声をかけたエリザベスが悲しそうな表情を浮かべたことで

ガビアルはきっとつまらない死に方をすると思っていた自分としては

大分上出来だと笑みを見せていた。

 

リリーは私をエリザベスと呼ぶのはあんただけよと悲しげな笑顔を浮かべつつ

エリザベスの事を忘れないでいてくれる?と話すと

ガビアルもまた忘れないよと再びエリザベスの名を呼ぶのだった。

 

その後朝を迎え目を覚ましたガビエルだが

そこにエリザベスの姿はなく集まっていた面々を含め

昨夜行われた宴の痕跡すらも残ってはいなかった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

前回仲間となった”神”エンデが森籠りをするのはいいですが

その間にも世界は随分と動いているみたいですね。

 

ロビンたちは新たなファームを襲撃したりして

何やらデータを集めているみたいですし

有翼同盟も最後の晩餐を終え

次回には作戦を実行に移すことになりそうですしね。

 

どちらも随分と過激な行動をとっているので

その反応も大きいとは思いますが

どちらが危険かと言われれば有翼同盟の方でしょうね。

 

彼らと一緒に行動するリリーの役割は

ぶっちゃけて言えば人の数を減らす事なので

その役割に従い犠牲者が大勢出るんだろうなと。

 

それに先程最後の晩餐と評したように

彼らはこの作戦に命を懸けているのは間違いないですし

おそらく世界でも類を見ないレベルでの

騒動を引き起こすことになりそうです。

 

なんにしても次回にはおそらくエンデも森籠りを終了させて合流し

再び七翼探しが再開されるだろうとは思いますが

有翼同盟の作戦によってそれも変わってくるのかもしれませんね。

 

前々からリリーは毒物のスペシャリストとでも言えばいいのか

明らかにヤバいものを作っていた描写がありましたし

そんな彼女が一体どんな事件を起こすのかも含めて

今後の展開が楽しみです。

 

彼女たちの作戦が凄惨なものになるだろうことは理解していますが

これまでにイヴ達が為してきた事を見てきたのもあって

彼女たちが命を懸けてきたその結果は見てみたいなと。

 

ちなみに次回についてですが

予告によると2019年4・5合併号とのことですので

年内最後となる続きはおそらく12/26になるかと。

 

第67話(flight65)へ

第69話(flight67)へ

 - 雑誌掲載最新話, BIRDMEN-バードメン- ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください