オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

君は008 最新 第50話 ネタバレ&感想 黒幕の正体

      2019/03/06

2019年2月27日発売の週刊少年サンデー 2019年13号に連載されている

君は008 第50話のネタバレ&感想になります。

 

第50話 私は・・・

内容ネタバレ

 

暴動の黒幕が担任香澄であることを突き止めたエイト達だが

彼女が発した超音波マインドストームにより

校内にいた生徒たちは洗脳されてしまうことに。

 

グラウンドにて部活動に参加していたあやめも

他の生徒同様に洗脳を受けてしまい

襲ってきた生徒達を容赦なく攻撃してしまっていた。

 

しかし止めを刺そうとしたギリギリのところで

我を取り戻したあやめは何をやっているのかと自らを叱咤していた。

 

そして部室に戻り自身のネクタイを手に

束の間の平穏な学生生活に思いを馳せつつも

私は陸上部員ではなく諜報員103号であると

タイブレードを起動させ他の生徒達を鎮圧し始めるのだった。

Sponsord Link

その様子を見ていた香澄はそれがタイブレードだと気づいたようで

まさかと思いつつあやめへとその銃口を向けるが

次の瞬間タイブレードを起動させたエイトによって銃は切断されてしまうことに。

 

タイブレードを突きつけられ動きを止められた

香澄が”ナカノ”のものか!?と口にしたことで

エイトは相手が自分たちのことを知っているかもしれないと判断し

すぐさまアイスマンに連絡を取ろうとするが

マインドストームの影響なのか電波が届かなくなっていた。

 

思わぬ事態にエイトはこういったことに詳しい英雄に尋ねようとしたものの

英雄は魂まで模型部に入部していたらしく

他の生徒同様に洗脳されてしまっていた。

 

洗脳によって力を増した英雄に襲い掛かられ

窮地に陥るエイトだが

そこへ外の生徒を鎮圧したあやめが到着したことで

難を逃れることに成功する。

 

洗脳された英雄を背後から気絶させたあやめは

この騒ぎの中、逃げ出そうとしていた香澄の前へと立ち塞がり

スタンモードで動けなくさせ連れ帰ろうとするが

次の瞬間香澄の姿に変化が起きていた。

 

奇怪な仮面に鉤状の爪甲。

そして狂ったように高笑いする姿にエイトは以前にも遭遇した

ドグラ・マグラの構成員と似たものを感じ・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

やっぱりエイトたちが絡む以上

すんなりはいかないとは思っていましたが

見事に大当たりだったようです。

 

まあ、人を洗脳する超音波なんてろくでもないものを作る組織ですから

明言はされていませんがほぼ間違いなくドグラ・マグラでしょうね。

 

以前遭遇したシックボーイはかなりの実力者で

あのアイスマンともまともに戦えるレベルでしたが

今回はどうなのか気になるところ。

 

なんといっても今回はアイスマンもいないわけですし

あやめとエイトの二人でどうにかしなくちゃいけないわけですからね。

 

流石にシックボーイレベルの実力者とは思いませんが

少なくともあやめと同レベルかそれ以上の可能性も・・・。

 

なんにしてもこんなにも早く許しがたき怨敵に

遭遇したわけですからエイトの頑張りに期待したいところですね。

 

それはそうと香澄先生の変身シーンですが

なかなかに良かった。

 

セクシーかどうかという話ではなく

なんていうか男として変身するというのは

ちょっと胸にくるものがあります(苦笑)

 

結果として出てきたのはめっちゃイロモノっぽくはありますが

あれもドグラ・マグラって感じですし

これから出てくる敵もあんな感じで変身しないかなとちょっと期待。

もちろん味方でもいいですけどね。

 

それはそうと今回で50話、連載1周年とのことですが

正直もうそんなになるかというのが正直なところ。

 

前作は2年以上、前々作については10年以上も続いたので

今作はどこまでいけるのか楽しみですね。

 

前々作とはいかなくても前作を超えるくらい

続いてくれればいいなと願っております。

 

第49話へ

第51話へ

 - 雑誌掲載最新話, 君は008 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください