雑誌掲載最新話 君は008

君は008 最新 第109話 ネタバレ&感想 敵諜報員襲撃!?

2020年5月20日発売の

週刊少年サンデー 2020年25号に掲載されている

君は008 第109話のネタバレ&感想になります。

 

第109話 チセ

内容ネタバレ

 

コンビニのレジに突如として姿を見せた

中々姿を見られないと言われているAI”チセ”。

 

嬉しそうに彼女を紹介する開発者である枳殻だが

エイト達はいきなりの事態に困惑を隠せずにいた。

 

さらに”チセ”は最近色々な特務機関の誘いが激しく

近づいてくる人の身辺調査をしているとのことで

エイト達の名前も既に知られていた。

 

しかし彼らの本当の素性まではわからなかったようで

ただの学生であるといわれ

エイト達は内心安堵するのだった。


枳殻はエイトが言ったように

機械を本当の意味で友達に出来る技術を

AIだと思っているらしく

彼女には自由意志で行動させているのだと嬉しそうに語る。

 

しかし通信越しにアイスマンからは

やはり危険だという言葉が・・・。

 

アイスマンによると前にも言った政府のプロテクト解除以外にも

高層ビルの照明システムを操作したり

一時的に公共システムを乗っ取ったりしているらしく

自由意志を持った高知能プログラムである”チセ”を

機関は危険な存在と見ていた。

 

何より我ら以外の機関の手に渡る前に

速やかに回収したいのだと。

 

自分と同じような事を考えていたエイトの存在は

枳殻にとってもかなり大きいようで

彼からチセの本体を見せてあげると

家に遊びにこないかと誘われることに。

 

これを好機と見た三人はその誘いに乗る事を決め

バイトが終わってから彼の案内で

住んでいるアパートまで向かう。

 

どうやら枳殻の家に友達が来るのは初めてらしく

それをチセにからかわれると言った

如何にも普通の少年っぽい面も覗かせていたが

チセの話ではこのところ変な連中がうろうろしてるとの情報が。

 

枳殻もずっと誰かに監視されているような気がしているとのことで

アイスマンからも用心するようにとの言葉が。

 

しかし枳殻はボクのシステムに手を出そうってやつがいるなら

手痛いしっぺ返しに遭うことになると笑っており

それは自分だけが知っているパスワードを入れず

”チセシステム”に指一本触れようものなら・・・

「どん」だと話すがその瞬間実際に大きな爆発音が!?


それは枳殻にとっても予想外のものだったようで

未だ事態を飲み込めずにいたが

急ぎ音がしたほうへと向かったところ

枳殻の住んでいるアパートの一室から火が出ていた。

 

大変だ消防車呼ばなきゃと焦った様子を見せつつ

アイスマンに連絡を取る傍ら

呆然状態の枳殻に優しい言葉をかけるエイト。

 

しかし枳殻とチセはちゃんと計算通りウチだけ綺麗に吹っ飛んだと

何故か嬉しそうにしておりさらに詳しい話を聞くと

あの爆発は枳殻によるものと説明を受けることに。

 

どうやら誰かが彼のシステムを盗もうとしたとのことで

一人冷静なあやめからシステムは大丈夫なのかと尋ねるも

前にアイスマンから言われていたように

全てのシステムを世界中のクラウドにバックアップしているらしく

炎上する自分のアパートを前に怪しげに笑っていた。

 

その霧散したデータは枳殻だけが知っているパスワードで

メンテナンスや強制指令も出来るらしく

野原もかなりクールなシステムだと素直に認めていた。

 

しかしAIに関しての持論はどちらも譲ることはなく

再び言い争いが起きるも次の瞬間

枳殻を狙い何者かによる銃撃が!?

 

間一髪気づいたあやめによって辛くも避けたものの

放たれたものから麻酔弾だと理解したエイトが

撃った相手を確認しようと目を向けると

炎上する枳殻の部屋の中に人影が。

 

その謎の人影は何か特別なスーツを着ているのか

炎の中でも全く問題ないようで

アイスマンはどうやら諸君と同じ目的の者だと断定し

敵諜報員出現だと告げる。

 

そして諸君の健闘を祈ると言い通信を切られたエイト達は

突然のことに困惑しつつも

枳殻を連れ急いでその場から逃げ出すのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回のラストでいきなり中々見られないと言う

AIチセに邂逅することになったわけですが

なんとも変わった性格?のAIみたいですね。

 

人間ではないためか一般的な倫理に

ちょっと難があるというかイマイチ学習しきれていないようですし

アイスマンらが危険視するのもわからなくはないなと。

 

高い知能を持ったAIというのは

素晴らしい技術だとは思いますが

人が制御しきれない以上仕方ないのかなと。

 

映画でも人工知能を取り上げた作品が数多くありますが

ああいうのを見てしまうと余計にそう思いますしね。

 

それと開発者である枳殻少年についてですが

天才の名に相応しく?かなり変わった人物みたい?

 

何々と天才は紙一重とはよく言いますが

彼もまたそれに似通った部分があるのかなと。

 

ともあれ彼の性格と言うか人物的には

エイト達の仲間になってもおかしくないと思いますので

出来ることなら中野に来て欲しいところ。

 

なんだかんだで野原とも言い争いになるくらいに

打ち解けているみたいですしね。

 

ともあれ敵諜報員が襲撃をかけてきたので

これからが本番と言った感じになりそうですね。

 

あの襲撃者がどれほどのレベルで

どこの諜報員かは分かりませんがあのスーツを見る限り

それなりっぽい感じに見えますので

これからどうなるのか楽しみです。

 

今はまだエイト達の素性についてもバレていないみたいですが

いずれかのタイミングで判明するのはまず避けられないと思いますので

その時どうなるのかはわかりませんが

同年代の友達ということもありますし

願うならば円満な方へと向かってほしいものです。

 

第108話へ

第110話へ

-雑誌掲載最新話, 君は008
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局