雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 642話 ネタバレ&感想 論功行賞 信は将軍になれるのか!?

2020年6月4日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年27号に連載されている

キングダム 642話のネタバレ&感想になります。

 

第642話 第一等の特別功

内容ネタバレ

 

鄴攻略から五ゕ月後。

秦国は列尾ー橑陽ー鄴の三角地帯を

盤石なものにすべく各地より次々と人を送り込んだ。

 

示された破格の好条件に自ら動く者から

強制的に村ごと移される者達もおり

その規模は”山陽東郡化”の時の比ではなかった。

 

またそれらを守る軍隊も途切れることなく派遣され

秦人にとっては正に列尾を越えた未踏の地への

”大移住計画”であった。


一方その頃咸陽では貂が久々に蒙毅と再会し

互いに今の状況について話していた。

 

二人の話は今列尾の向こうがどうなっているかと言う話になり

色々情報を得ている蒙毅から詳しく聞かされることに。

 

蒙毅が用意したに新しい地図には

鄴攻略による新領土も記されていたものの

謄軍が列尾貫通の為現場を離れた隙に

魏の呉鳳明がすかさず攻め込んだとのことで

山陽近くまで魏の領土が広がっていた。

 

今は謄軍も現場に急行したこともあって

魏の侵攻は止まっているらしく

話は人を送っている列尾の話に。

 

貂はそんなに急いで大丈夫なのかと懸念していたものの

蒙毅によると今は山陽の経験もある

李斯が派遣されているとのことで

効果的に秦国化が進んでいるとのことだった。

 

列尾が大丈夫であることを聞いた貂は

新領土が増えた今趙軍がどう動くのかについて危惧していたが

蒙毅曰く現在は王翦が前線の布陣を考え対抗しており

戦況も悪くないとのことだが

それは李牧が未だ邯鄲の地下牢に閉じ込められているのも大きかった。

 

この状況に際し貂は李牧が欠けてゴタついている趙には

”今こそ攻め刻”だと考えており

それは蒙毅も昌平君も同様の考えを持っていた。

 

蒙毅によると昌平君はすでに大戦略の思案に入っているらしく

貂はついに王都邯鄲を標的に・・・と逸るが

蒙毅からと言ってもmだ情報整理くらいで

今は本当に忙しいからそんなに気負わないでと宥めれることに。

 

その上で蒙毅はまず手前のやる事を一つずつだとして

”式典”もその一つであると語り・・・。


論功行賞当日。

信は城から続々と集まってくる人を見て

すげー人集まってんな~と他人事のように零していた。

 

そこへ姿を見せた政は

信の様子を見ていつも通りだなと声をかけると

信の肩に手を置きいよいよだなと目を合わせていた。

 

正殿でまた会おうといいその場を去る政を見送った信は

徐に空をぎとふーっと息を吐くのだった。

 

論功行賞。

三将が揃って前線を離れるわけにはいかず

総大将であった王翦だけ帰還し

第一功の特別大功を授かった。

 

桓騎と楊端和もほぼ同等の特別大功を授かり

代理で戻った摩論とバジオウが受け取った。

 

そして王賁・蒙恬・李信の名が呼ばれたその時

飛信隊の多くは咸陽深部の許される

ギリギリのところまで入ってきて待機していた。

 

そしてそれは各中継役を経て

本殿の貂へと繋がっていた。

 

そして本殿において王賁・蒙恬・李信の戦功が

次々と読み上げられる。

 

楽華隊・蒙恬は五千人将ながら左翼二万の将となり

敗戦の危機を救い趙将・紀彗率いる三万の敵と十五日間に渡り

互角以上の戦いを繰り広げこれを封じ込めた事から

その奮戦は朱海平原勝利の影の立役者として

第一功の特別功に。

 

玉鳳隊・王賁は同じく五千人将にして

右翼にて独立遊軍として縦横無尽の活躍、

軍将・亜光が倒れてからはその筆頭となり右翼を牽引、

さらに趙将で最強とも評される尭雲を自ら討ち取ったことから

こちらも第一功の特別功に。

 

飛信隊・信は同じく五千人将にして

玉鳳と同じ右翼にあり玉鳳と正に両輪の活躍をし

この者は黒羊でも曲者であった趙将・岳嬰を討ち

尭雲と同格の将である趙峩龍をも仕留めた。

 

そして果てにはあの王騎・麃公を

古くは摎をも討ったとされる

仇敵趙国三大天・龐煖を自らの手で成敗した。

 

よってこの三人を”将軍”に任命するものとする!と

発表された瞬間城内外から歓声が上がっていた。

 

飛信隊の面々は李信将軍の誕生に喜び涙を流し

将軍となった信は歓声を聞きながら

誇らしげに笑みを浮かべるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

ついに李信将軍誕生!となったわけですが

色々と感慨深いものがありますね・・・。

 

初期の頃のあの汚らしい(今も?)少年が

ついに将軍の地位に上り詰めたわけですから

正に感無量です。

 

それにしても改めて三人の挙げた戦功についてですが

冷静に考えてみればとんでもないものですよね・・・。

 

決して楽に掴み取ったものではないですが

あれだけの功を挙げて将軍になれないはずがないくらいに

とてつもないものだと思います。

 

というか将軍でもない五千人将が

あれだけの功を挙げるとは

客観的に見てありえないレベルですよね・・・。

 

まあ、戦場に恵まれたというのは少し語弊がありますが

中華全土に知れ渡った六将もこんな感じで

功をあげたんだろうなと。

 

なにはともあれこれで将軍となったわけで

先はまだまだ長いですが

とりあえず大将軍の夢にまた一歩近づいたのは間違いないので

これから三人がどういう活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

 

それにしても李牧は未だ囚われの身のようですが

彼がこのままというのもイマイチ盛り上がりに欠けるので

また怪物っぷりを発揮してほしいものです。

 

やっぱり李牧と信の対決は

どんな形であっても実現してほしいですしね。

 

第641話へ

第643話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局