雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 643話 ネタバレ&感想 次なる戦場と邯鄲内戦

2020年6月11日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年28号に連載されている

キングダム 643話のネタバレ&感想になります。

 

第643話 覚悟の通達

内容ネタバレ

 

信が”将軍”になってから

信の屋敷では三日三晩宴が続いた。

 

だがそこからは忙しく

信が将軍になったことで

飛信隊そのものの規模も大きくなったからだ。


飛信隊構成隊員一万人、

羌瘣隊を含めると実に一万五千人。

 

もはや”軍”となった飛信隊は

次の実戦に備えてさらにすさまじい練兵を繰り返した。

 

そして一月後に軍総司令昌平君の号令の元

再び激戦の待つ地へ出陣して行った。

 

目指すのは”秦国の東端”

対趙国前線最大拠点となった”鄴”である。

 

鄴へと向かう行軍中

百将となり自身の旗を持つことが出来た尾平だが

その重責の重さに狼狽えていた。

 

そうした中、自分達と同じように

東へと向かう軍を発見しどこの軍か確認したところ

どうやら楽華だったようで

将軍になって早々信は蒙恬と再会を果たすことに。

 

蒙恬は新しく副官となった愛閃を連れてきており

紹介もそこそこにこれから行われる

王都邯鄲の攻略について色々話すことになるが

未だ牢に繋がれているとされる李牧に話が及ぶ。

 

蒙恬は”今こそ”絶好の機会だと考えており

信は王騎将軍を倒した李牧をこの手で討ちたいと考えていたが

李牧がいないことで恐らくこちらの数万の兵の命が救われることから

蒙恬にそんなことを軽々しく声を大にして言うなと言われてしまうが

どちらにしろ自分達にどういう出来る問題でもなく・・・。


一方、王都邯鄲城内では

李牧を救出せんと舜水樹を筆頭とした腹心たちが

武力行使に出ていた。

 

舜水樹は国内の要人を派手に殺めたが

それは李牧を死刑にすれば本気で暴走し

戦を始める覚悟の通達だった。

 

それに対し朝廷側も王都の兵を動員し応戦したため

互いに血を流す内戦状態となっていた。

 

そんな状況の中

趙国国王・悼襄王はいつものように入浴しながら

郭開から報告を受けていた。

 

まだ殺らんのか李牧をと問いかける悼襄王に

郭開は主を喪い決死隊となって攻めてくるであろう

李牧兵をもう少し削らねばならないと語る。

 

その上で大分向こうも減ってきてもう少しだとして

全てはこの郭開にお任せをと。

 

悼襄王はさっさとせねば

奴の酷い殺し方の考えがどんどん浮かんでくると言い

この邯鄲の大衆の目前で末代まで語り継がれる

おぞましい殺し方で送ってやろうと高笑いし

趙国の運命が大きくうねり狂おうとしていた・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回ついに信が将軍となったわけですが

一方の趙国はかなり悪い状況みたいですね。

 

ぶっちゃけ李牧を捕えたからだとしか言いようがないんですが

トップがトップなので仕方ないのかも。

 

李牧もあんな奴が王でなかったら

秦の侵攻を阻むことも可能だったろうに

なんともやりきれないなと。

 

現在秦でも李牧は死刑になるという情報がありますが

実際のところどうなるんでしょうね?

 

李牧以外にもそれなりに有能な将もいるので

どちらにしてもそう簡単にはいかないでしょうけど

やっぱり李牧の存在もかなり大きいので

彼が戦場に出るのか出ないのかで変わってきますからね。

 

今のところは出てこない機運ですが

あとはどれだけ上層部が危機感を感じられるかどうかに

全てはかかっているのかも。

 

あの様子を見る限り無理っぽいですが

私的に信と李牧の戦いを見て見たいですし

どうにかして出てきてほしいものです。

 

なんだかんだで信にとっては宿敵と言っていい存在ですので

それだけにこのまま死刑というのはちょっと・・・。

 

第642話へ

第644話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局