雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 651話 ネタバレ&感想 什虎の戦い

2020年8月27日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年39号に掲載されている

キングダム 651話のネタバレ&感想になります。

 

第651話 援軍来る

内容ネタバレ

 

蒙武と万羽、互いに三万の兵を率い

ぶつかり合う両軍。

 

蒙武に続き敵軍を押し込めようとする蒙武軍だが

そこへ敵の総大将である万羽が姿を見せたことで一変する。

 

蒙武と同等かそれ以上に大きな体躯に

驚愕しつつも蒙武軍は敵総大将の首を取るべく動き出すが

その武力はたった二振りで近づいた兵達を一蹴。

 

さらに万羽に従う迅戈ら近衛兵団も姿を見せるが

彼らの武力もまた並外れたものだった。

 

手練れ(万羽)が現れたことはすぐさま蒙武にも伝わり

そちらへと目を向けるが蒙武は何か感じるものがあったのか

その部隊を討つべく自ら百騎率い動き出し・・・!?


蒙武が現れた強部隊へ向かったことは

本陣にいる者達もすぐに気づくが

蒙武が動いたことで第一陣の勢いが目に見えて衰えていた。

 

その事に気付いた蒙毅は

父の狙いは左右の敵の挟撃にはまる前に前方突破し

敵本陣を討つことだったはずだが

それをやめてまで先に討つべき敵が現れたのかと考えていた。

 

ただその事よりも敵の左右の軍が動かないことを訝しんでおり

何か別の作戦があるのかと思いつつも

あの中央軍だけで蒙武を討てると踏んでいるのかと

自身の考えに危惧を抱き・・・。

 

左翼を率いる千斗雲軍だが

本陣からの出撃合図を今か今かと待ちわびていた。

 

しかし本陣からの合図は出ず

我慢の限界に達した千斗雲は

勝手に今合図的な音が聞こえた気がすると言い出し

蒙武の首を狙い嬉しそうに動き出すのだった。


その動きは本陣の寿胡王からも見えていたようで

配下の者達がこれからの指示を求めるが

その時この戦場に新たな軍勢が姿を見せる。

 

その軍勢とは騰率いる二万の軍勢であり

予想していたよりも早い参戦だった。

 

録鳴未と共に戦場を見渡しながら騰は

三国と接する大重要拠点”什虎”

皆が手に入れたいと願うが

近年近寄ることも出来ずにいると語る。

 

その理由は満羽・千斗雲・玄右・寿胡王が根城としているからであり

四人とも楚に吸収された国々の大将軍達であると。

 

楚に忠誠がないために楚の大戦にこそ顔を出さないが

王都・郢からすれば手懐けられぬ強者達に

什虎を与えておく方が都合が良いのであろうと。

 

録鳴未から見ても相当やるのは理解しており

この八万を葬ってからさらに城攻めやるなら

自分達が率いる総勢二万じゃ足りず

あと倍は必要だったといいながらも

二人は恐れることなど微塵も無く進軍を開始するのだった。

 

騰軍一万は敵の左翼に

録鳴未軍一万は敵の右翼に動いたことは

蒙武軍本陣の者達も気づいていた。

 

しかし蒙毅は正直一万ずつでは足りないとして

この戦力では城攻めまで行くのは不可能であり

魏軍がここに参戦しないと什虎は取れないと考えていた。

 

再び戦場に兵の足音が響きわたり

何が起こったのか確認しようとする各将達。

 

その音は楚の援軍を知らせるものであり

将軍となった項翼、白麗それぞれ一万五千を率い

この戦場へと姿を見せるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

いや~一気に白熱してきそうな展開ですが

ぶっちゃけ秦軍不利すぎる気が・・・。

 

元々蒙武が三万で援軍に来た騰軍が二万。

それに対し什虎が総勢八万に加え

恐らく媧燐の指示によって援軍にきた項翼・白麗が総勢三万。

 

単純に倍という戦力差ですから

どうみても不利なのは明白。

 

楚の将が著しく弱いならばともかく

下手すれば蒙武以上の将もいますし

蒙毅の言ったように魏の援軍がないと

どうしようもないかと。

 

それにしても項翼と白麗は久々の登場でしたが

それぞれ将軍になっていたみたいですね。

 

信達が将軍になった以上

彼らがそうなってもおかしくないんですが

一万五千もの兵を率いて参戦するとは

流石大国楚といったところかなと。

 

秦の次世代が信達だとしたら楚の次世代は彼らでしょうし

敵ではありますがどれだけ成長したのかちょっと楽しみです。

 

なんにしても絶対的に不利である以上

魏が参戦するのを待つしかなさそうですので

あとはどのタイミングで参戦してくるのかでしょうか。

 

ここまでお膳立てされて参戦しないと言うのは

まずないと思いますので

早いとこ参戦してほしいものです。

 

これだけの戦いなので

恐らく魏軍の将は呉鳳明だと思いますが

そうであったとしてもそうでなかったとしても

その時が楽しみです。

 

第650話へ

第652話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局