雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 673話 ネタバレ&感想 各国の反応と羌瘣の胸騒ぎ

2021年3月18日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年16号に

掲載されているキングダム 673話

ネタバレ&感想になります。

 

第673話 漂う空気

内容ネタバレ

 

秦国”六大将軍復活”の話は

一気に列国に伝わった。

 

魏では同盟しているとはいえ

二年半後にはまたぶつかることから

呉鳳明は厳しい表情を浮かべながらも

その時までに版図を

広げておくまでだと動き出す。

 

韓では秦が本気で中華を

取りに来る腹だと騒然とし

将軍洛亜完からは

楚を味方につけておくべきだという

声があがっていた。


斉でも六将復活の話が

民の噂になって広がっていたが

政の成そうとしていることを知る

王建王は特に何するわけでもなく・・・。

 

燕でも騒然となっていたものの

東西の両端ということで

すぐさま何かするという事はなかったが

燕王今王喜はオルドを呼び戻すようにと

命令を下す。

 

その上で幼少期同じく人質だった

太子燕丹を呼び政について

尋ねようと考えていた。

 

楚では媧燐と李園が

六将復活について話していた。

 

媧燐はそれが何を意味するのか

全てわかっているようで

最初の国として趙の名を挙げ・・・。

 

趙では六将復活の方を受け

必ず侵攻してくるはずだと

郭開らが対応に動き出す。

 

そうした中、青歌にいる

李牧のもとへも六将復活の報が

届いていた。

 

報せに来たカイネに

李牧は語る。

 

中華統一の”是・非”を問う

戦いがいよいよ始まる。

 

非は即ち秦の滅亡にすら

つながるのだと。

 

しかし今の李牧は何も出来ず

信じるしかないと語る。

 

現趙軍総司令

扈輒大将軍の力をと。


六大将軍第三将王翦

同じく第四将楊端和

そして第五将桓騎。

 

五人の大将軍のうちの

三人までもが再び

対趙国の前線に戻った。

 

それまでと変わらぬ

配置ではあったが明らかに

漂う空気はこれまでと一変していた。

 

飛信隊野営地にて

夜中目を覚ました羌瘣は

傍らで寝ていた礼をそのままに

天幕の外へ。

 

特に目的があったわけではないのか

野営地を歩いていたところ

一人酒を飲んでいる信を発見する。

 

どうやら他の者達は

すでに酔っ払って

寝てしまっているようで

羌瘣は誘われるままに席に着く。

 

あれからイマイチ普段通りに

接することが出来ない二人の間には

特に会話もなくなんとも言えない

雰囲気が漂っていた。

 

そうした中、信が何か話そうと

声をかけようとしたところ

羌瘣から何か感じないか?との言葉が。

 

羌瘣は何か胸騒ぎがしているようで

六将の話を聞き三将が戻ってきて

より一層強くなったと語る。

 

趙側の空気も変わり

嫌な胸騒ぎだ、きっとこれから

よくない事が起きると。

 

その言葉を聞き

表情が一変した信に

羌瘣は語る。

 

こういう時こそ私達は

強くあらないといけないと。

 

新六将となった

王翦・楊端和・桓騎の三将は

再び趙攻略の侵攻に出た。

 

戦争の自由を得た軍の威力は

即座に発揮され

前線を大いに押し込み

趙・扈輒軍の本隊と

激しくぶつかり出す。

 

しかしそこで早くも懸念されていた

六大将軍の”暴走”が

起きてしまうのである。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

各国にも六将復活の報が

すぐさま伝わったわけですが

それぞれに言えるのは

警戒感を増したと

いった所でしょうか。

 

政の思惑を知る斉はともかくとして

第一目標である趙は

戦々恐々としているでしょうね。

 

もちろん軍部としては

負けるとは思っていないでしょうし

意気軒高なのかもしれませんが。

 

趙としてはやっぱり

今の状況において李牧が

指揮をとっていないのが

かなり大きいですね。

 

郭開らもなんとか対処しようと

動いているみたいですが

李牧には劣るわけですし。

 

とまあそんな事情があったにせよ

趙にはまだ扈輒大将軍や

司馬尚もいるので強敵なのは

間違いないのでそう簡単には

いかないでしょうね。

 

そしてもう一つ気になるのが

羌瘣の胸騒ぎと最後のページに会った

六大将軍の”暴走”という不吉な言葉。

 

おそらくこれらはセットで

同じことを示していると思いますが

六将の中でやらかしそうなのは

第一に桓騎、第二に王翦でしょうか。

 

どちらも対趙戦に臨んでいますので

そのどちらかになるかと。

 

まあでもこれまでの経緯を考えるに

桓騎の可能性が高いでしょうね。

 

彼は特に秦という国に

思い入れや忠誠がないようですし

やらかす可能性はかなり高いかなと。

 

ともあれ誰がやらかしたかは

次回にでも明らかになるでしょうし

どういう展開が待っているのか

続きが楽しみです。

 

第672話へ

第674話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局