雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 652話 ネタバレ&感想 魏の参戦

2020年9月3日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年40号に掲載されている

キングダム 652話のネタバレ&感想になります。

 

第652話 主からの言葉

内容ネタバレ

 

魏との共闘を目論み攻め込んだ什虎城だが

魏軍は現れず代わりに楚の援軍が来たことで

窮地に追い込まれる秦軍。

 

この状況に蒙武らも厳しい表情を隠せずにいたが

援軍としてきた項翼、白麗の二将は

臨武君の仇である騰がいることもあって

その首を狙い動き出す。

 

項翼、白麗の軍勢はまずは手前にいる

録鳴未軍を蹴散らすべくそのまま参戦。

 

干斗雲軍と相対していた録鳴未軍だが

白麗の遠弓隊による遥か遠い間合いから放たれた矢を受け

さらにそこに項翼が騎馬隊を率いて突撃してきたことで

録鳴未は全軍反転、後退を指示。

 

本陣にいる蒙毅もまたあの三万の出現により

もはや戦にならなくなったと判断し

全体で立て直さなければならないとして

全軍退却を指示していた。

 

本陣から退却の鐘が鳴り響く中

騰は敵中央軍へ攻め込み蒙武の脱出を助けようと動き出すが

相対していた玄右軍によって阻まれてしまうことに。

 

退却の鐘を聞いた蒙武軍もまたその場から動けなくされており

このままでは一刻持たず全滅の可能性も出てきていた。


本陣にて指揮をとる寿胡王はまたしても

十のうち一の力しか出さずに勝ってしまうとため息をついていた。

 

つまらんのーと零しつつお茶を手に

戦場を眺めていたが

ふと何かがこの戦場に近づいているのに気づき目を向ける。

 

各将達もその事に気付き動きを止める中

姿を見せたのは呉鳳明率いる魏軍であり

蒙武本陣では待ちに待った援軍に歓喜の声をあげていた。

 

しかしそうした中、蒙毅はまだ魏が同盟を受けたと

正式な言葉を聞いていない事から

とにかく今すぐ使者を魏軍へと送ろうとするが

そこへ魏軍から使者が来たとの報が。

 

使者として本陣を訪れたのは

呉鳳明の側近の一人である将軍・荀詠。

 

荀詠は呉鳳明の言葉を伝えに来たとして

主からの言葉を継げる。

 

”秦軍・魏軍で共闘し楚軍を討ち倒す”

”単純な挟撃でそちらに合わせてやる故自由に戦え”

とのことだった。

 

驚きと共にその言葉を受け取った蒙毅だが

荀詠に本当に魏国は同盟を受け入れたのか尋ねたところ

”三年”だけだぞとの言葉が。

 

使者として送った荀詠が戻ったとの報告を受けた呉鳳明は

死ぬほど不本意だが秦軍と共闘し楚軍をすりつぶす!と

全軍に展開するよう命令を下すのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

魏軍参戦でかなり盛り上がってきましたが

結局兵はどれくらい持ってきたんでしょうね?

 

現在秦軍が騰の援軍を入れて5万。

楚が項翼、白麗の援軍を加え11万。

 

なので出来れば秦と同数の5万は欲しいところですが

そのあたり気になるところです。

 

なんにしても呉鳳明は魏の第一将ということもあり

魏としてもかなり本気なのは間違いないかと。

 

魏の持ってきた兵次第ではありますが

少なくともこれで戦いになるレベルになったので

ここからが本番でしょうね。

 

項翼と白麗はともかく

什虎の将達は未だ底が見えないので

その辺りも注目したいところです。

 

第651話へ

第653話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局