雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 657話 ネタバレ&感想 満羽vs蒙武2

2020年10月15日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年46号に掲載されている

キングダム 657話のネタバレ&感想になります。

 

第657話 解放の意味

内容ネタバレ

 

楚の大将軍である汗明相手でも

落馬することはなかった蒙武が

地に叩き起こされたことで

騒然とする蒙武軍の兵士達。

 

満羽は俺は汗明より弱いと語り

蒙武は歯軋りするほど怒りに震えていた。

 

愛馬である岳大が蒙武に乗れとばかりに

その傍らで嘶く中

満羽は何故かとどめを刺そうともせず

再び馬に乗った蒙武と相対し・・・!?


一方、呉鳳明の首を狙い

魏本陣へ向かった千斗雲だが

破竹の勢いで進軍し

最終防陣にまで辿り着いていた。

 

そこへ龍范将軍自ら

黄金騎兵団”光華狼”を率い割って入り

さらに録鳴未軍が背後から食らいついたことで

動きを止める千斗雲軍。

 

三方を囲まれた千斗雲軍だが

将である千斗雲は

この状況に笑みを浮かべていた。

 

その頃、満羽と蒙武もまた

激しい戦いを繰り広げていたが

戦況は互角とは言えず

蒙武は劣勢を強いられていた。

 

しかし蒙武は血を吹きながらも喰らいつき

満羽もまたこめかみから血を流していた。

 

満羽は血を流しながらも笑みを浮かべ

知っている、お前達は追い込まれてから

力を発揮すると語る。

 

”背負うもの”が

力を与えるからだと。

 

俺もかつては大きなものを背負って戦っていた。

だが今は解放された、楽なものであると。

 

それを聞いた蒙武の配下の者は

国が滅んだことを言っているのかと思ったものの

満羽配下の者に逆だと言われたことで困惑していた。

 

お前の本当の力を見せてみろ、

今の俺の楽しみはお前を”背負うものごと”

打ち砕くことだと激しく攻撃を仕掛ける満羽。

 

その猛攻を前に防戦一方だった蒙武だが

満羽の言葉を聞き、脳裏に昌平君の姿が浮かんだ瞬間

叩きつけるように満羽へと一撃を繰り出し・・・!?


一方、寿胡王のいる本陣に

騰軍が最終防衛線に突入したとの急報が届く。

 

配下の者達からは

このままでは本陣は危うく

いっそのこと什虎城まで

退却してはどうかとの声が上がるも

寿胡王は何も答えず・・・。

 

その頃、什虎城では

留守を守る守備兵たちが

戦いはどうなってるのか話していた。

 

彼らもまた戦いに参加したかったようで

留守番とはなーと口を尖らせていたが

そこへ地響きのような音が近づいているのに気づく。

 

そして音の方へと目を向けるが

そこには何基もの井蘭車と共に

こちらへと向かってくる魏の軍勢が!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

今回も色々な場所で戦況が動いていますが

とりあえず蒙武と満羽の戦いは

今のところ満羽が優勢みたいですね。

 

ただ満羽が言っていたように

蒙武は追い込まれてから

さらに力を発揮するタイプなので

まだまだ決着とはいかないかなと。

 

正直前回の勢いのまま

満羽が仕掛ければそれで終わっていたところですが

満羽はなにやら蒙武に全ての力を

出させようとしているみたいですし

どんな思惑があるにせよ

蒙武にとってはこれからでしょうね。

 

そして魏の本陣を狙い動いた千斗雲軍と

寿胡王のいる本陣を攻める騰軍ですが

とりあえず千斗雲の方は止まったようです。

 

三方を囲まれた時点で普通だったら

そこで終了もいいところだと思いますが

千斗雲はまだ余裕そうと言うか

笑みを浮かべていたのが気になるところですね。

 

騰軍のほうは未だに寿胡王が動きをみせないためか

最終防衛線まであっさり来ましたが

これまた寿胡王が動きをみせたら

一気に戦況は変わりそうですので

まだまだ予断は許さないかなと。

 

なんにしても什虎の将達は

この後に及んでまだまだ底が見えないので

彼らの動き次第で一気に戦況は変わることになりそうです。

 

それと最後に魏軍が什虎城に攻め込んでましたが

こちらに関しても寿胡王次第でしょうね。

 

第656話へ

第658話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局