雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 656話 ネタバレ&感想 満羽vs蒙武

2020年10月8日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年45号に掲載されている

キングダム 656話のネタバレ&感想になります。

 

第656話 興味がある

内容ネタバレ

 

満羽軍と蒙武軍が激しく争う中

割って入った乱美迫軍。

 

乱美迫軍副将の魚燕は

蒙武に対し呉鳳明からの作戦を説明。

 

大声で説明したことで

敵にもその作戦が丸聞こえだったが

蒙武はやかましいと言いつつ

通りやすくなったなら突破するだけだと動き出す。

 

魏軍全体が助攻となり

主攻となった蒙武軍と騰軍は

楚軍本陣へと進軍。

 

蒙武軍は乱美迫軍が奮戦している間に

満羽軍を引き離そうとするが

そこへ満羽が姿を見せ・・・!?


満羽の姿を見てとった蒙武は

本軍を副官の来輝に任せ

自ら敵将と相対することに。

 

残って自分と戦うことを決めた蒙武に対し

満羽は副官の界邦に先に当たるようにと指示し

自身は蒙武に興味があるのか

もう少し見たいとその動向を窺うのだった。

 

一方、千斗雲と戦う録鳴未だが

乱美迫がいなくなったためか

崩れてはいないもののかなりの苦戦を強いられていた。

 

そうした中、千斗雲はもっと楽しいとこに行くと言い

乱美迫がいなくなり手薄になった

魏軍本陣へと向かい動き出す。

 

録鳴未は友軍は命懸けで守るとしてその背を追い

呉鳳明はそれを想定していたのか守りを固め

龍范にも軍を回せと指示。

 

一方その頃、満羽から指示を受け

先に当たった界邦率いる近衛兵団”迅戈”だが

蒙武の武力の前に太刀打ちできずにいた。

 

そんな蒙武を興味深さげに見ていた満羽は

蒙武がただ一人最強を誇示する唯我独尊の者ではなく

何かを背負っていることを理解する。

 

だからお前はお前より強い汗明に勝ったのだとして

お前は”かつての俺達”に似ていると

自ら蒙武への元へ動き出す。

 

そう”虚無”を悟る前の俺達になと

矛を振り上げる満羽に対し

蒙武もまた反応し武器を合わせるが

満羽の一撃に対抗することすらできず

馬上から叩き落され・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回呉鳳明が新たな戦術を繰り出したことで

戦場が一気に動きましたが

これは上手くいっているのか

よくわからない感じですね。

 

とりあえず乱美迫軍というか魏軍が

つぶれ役を買って出たことで

蒙武と騰が動けるようにはなりましたが

騰はともかく蒙武はちょっとマズイ状況かも。

 

敵の精鋭部隊を苦もせず一蹴したのはいいですが

その後に満羽の一撃で叩き落されてましたし

単純な武力では蒙武よりも格上になるかと。

 

ただあの一合に関しては

満羽が上から蒙武が下からということで

多少満羽側の態勢が良かったこともありますので

単純にどれだけの差があるのかは何とも言えないところ。

 

他にも乱美迫がいなくなったことで

録鳴未一人じゃ千斗雲を押さえきれず

その千斗雲は魏本陣に向け動き出しましたし

全体を通してみればそれほど状況は良くなさそうです。

 

なんにしても今回も寿胡王が動いていないので

まだまだ序盤なのかなと。

 

項翼達楚の時代の連中も

まだその成長ぶりを見せているわけではないですし

これからどうなるのか楽しみです。

 

第655話へ

第657話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局