雑誌掲載最新話 アルスラーン戦記

アルスラーン戦記 漫画最新 90話 ネタバレ&感想 エステルの帰還

2021年1月9日発売の

別冊少年マガジン 2021年2月号に

連載されているアルスラーン戦記 90話

ネタバレ&感想になります。

 

第90章 行軍の果て

内容ネタバレ

 

イリーナを振り切り

馬を走らせるヒルメス。

 

置いて行かれたイリーナは

涙を流し蹲っていたが

そこへザンデがヒルメスからの

伝言を届けに姿を見せる。

 

王都エクバターナは

ルシタニア軍の占領下にある。

 

生命が惜しければ

近づかぬことだ。

 

そう伝言を残し去っていった

ザンデの向かう方角へ

ただ頭を下げるイリーナ。

 

そんな彼女を見てアルフリードは

心配そうな表情を浮かべるのだった。


一方その頃、アルスラーン達と別れた

エステル達は兵士達に案内され

エクバターナの近くまでやってきていた。

 

俺達が案内できるのはここまでだと

兵士からエステルは

アルスラーンから預かったという

手紙のようなものを受け取る。

 

困ったときにそれを見てくれと

言われていたらしく

その伝言を最後に

ここまで送ってきてくれた

兵士達と別れることに。

 

六月十五日

ルシタニアの騎士見習い

エトワールという異名を持つ

エステルはパルス軍の援護を受け

王都エクバターナに入城を果たした。

 

王都に入ったエステルは

帰ってきたことを安堵しつつも

各所で連れてきた傷病者と幼児に

安住の場所を与えてくれるようにと

頼み回っていた。

 

しかしどこもまるで

取り合ってもらえず

味方よりも敵の方が親切だったとはと

皮肉を感じていた。

 

王宮にも断られ項垂れる

エステルだがふとどこからか

音色の様なものを耳にする。

 

音の場所へと誘われるように

向かった所、そこには塔の上で

機嫌良さそうに口笛を吹く

イノケンティスの姿が!?

 

ここで会うとは全く予想だに

していなかったエステルは驚愕しつつも

この降って沸いた機会に

連れてきた彼らの安住の場所を

与えて欲しいと申し出る。

 

イノケンティスは

エステルの言葉を聞き

その行いを認めたものの

騒ぎを聞きつけた兵士によって

追い払われてしまうことに。


エステルは王弟殿下が

国王を幽閉しているのだとして

私が救い出してさしあげねば!

と一人奮起するも冷静になり

ある事実が重くのしかかる。

 

パルス軍に借りた食料も薬も

もうわずかしかなく

どうあって連れてきた者達を

守ればよいのかと。

 

思い悩むエステルはふと

別れ際パルス軍の兵士から

渡されたものを思い出す。

 

そこには本当に

困ったことがあったら

牛車の右前の車輪の軸を

はずしてごらんと記してあった。

 

戻ってきたエステルが

早速牛車の軸を外してみたところ

そこには袋のようなものが。

 

その袋の中には沢山の貨が入っており

皆がこれでしばらく生きていけるぞと

歓喜の声をあげる中、エステルは

ただ祈るように感謝するのだった。

 

エステルがエクバターナに

入城を果たした翌日の

ペシャワール城。

 

トゥラーン軍は完全に撤退し

平和でなによりだと城兵達が零す中

ある人物を載せた馬車が

ペシャワールへと向かってきていた。

 

アルスラーンは出兵の前に

負傷したザラーヴァントらの元へと

見舞いに訪れていたが

焦った様子の兵士達から報告を受ける。

 

それはペシャワール城の西門に

父であり国王であるアンドラゴラスが

ご来着したとの報だった・・・。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

ヒルメスとイリーナに関しては

今の状況で何か起こるわけでもなく

一先ず別行動となりそうですね。

 

ヒルメスも内心では連れて行きたいと

思っているんでしょうけど

今の時勢では難しいかと。

 

ちょっとしんみりした感じで

始まった今回ですが

とりあえずエステルが

エクバターナに到着したみたいですね。

 

あれからトゥラーン軍との戦いなど

色々な事が起きたので

正直忘れていましたが

無事に着けて何よりかと。

 

ただまあ、そんなエステルの願いも

今のルシタニアには届かず

なんともやりきれない思いが・・・。

 

それに比べてアルスラーンから

何とも憎いプレゼントがありましたね。

 

味方よりも敵の方が親切だったと

エステルが零してましたが

本当にその通りだなと。

 

ああいうさり気ない気遣いが

今のエステル達にとって

何よりも救いになったでしょうね。

 

とまあ、そんな心温まるエピソードが

あったわけですが最後の国王来襲で

全部もってかれた感じ。

 

王都から脱出したアンドラゴラスが

いずれアルスラーンのもとに

来るだろうとは予想していましたが

これは波乱が起きるだろうなと。

 

ただでさえアンドラゴラスは

アルスラーンを冷遇してますからね。

 

それに加えてナルサスやダリューンも

アンドラゴラスに素直に従うとは

到底思えないので

一体どうなることやらって感じです。

 

何にしても次回は国王来襲で

色々と動くことになりそうですので

一体どういう展開になるのか

続きが楽しみですね。

 

第89話へ

第91話へ

-雑誌掲載最新話, アルスラーン戦記
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局