雑誌掲載最新話 進撃の巨人

進撃の巨人 最新 136話 ネタバレ&感想 始祖の巨人との再戦

2020年1月9日発売の

別冊少年マガジン 2021年2月号に

連載されている進撃の巨人 136話

ネタバレ&感想になります。

 

第136話 心臓を捧げよ

内容ネタバレ

 

アニ達の助力により

なんとか窮地を脱したミカサ達。

 

アニはアズマビトの船は

ファルコの巨人化に耐えられず

沈んだとのことで

キヨミはすべてを承知して

私達に行かせたと語る。

 

ガビもだから私達は

地鳴らしを止めて

思いに応えなきゃいけないのだと。


その後現状について

話し合った一行。

 

リヴァイの言葉もあり

アルミンを救出する班と

エレンを狙って爆弾がある

うなじを攻撃する班の二班に分かれて

同時にやることに。

 

すでにエレンを気にかける猶予はなく

ミカサの思いをよそに

皆はエレンの殺害を決意していた。

 

アニは呆然とするミカサが

あんたはアルミンを

救う事だけを考えな

それ以外は考えなくていいと告げる。

 

ミカサがその言葉に静かに頷く中

ガビはふとある事を思い出す。

 

対巨人ライフルで

エレンの首を飛ばした際に

背骨から光るムカデみたいなのが

飛び出し首と繋がったことを。

 

その事を話した上でガビは

それが巨人の力の正体だとしたら

首を落とせばまた

出てくるかもしれないと語り・・・。


一方その頃、城塞に

エルディア人達が姿を見せたことで

彼らと兵士達は一瞬触発の事態に。

 

先頭に立つアニの父親は

負傷者の手当てを頼みに来ただけだと

銃を構える両者を説得しようとするが

どちらも相手の事を

信用できるはずもなく・・・。

 

そしてここまで列車を運転していた

運転手までもがアニの父親達に

銃を向けたその時

長官であるミュラーが姿を見せ・・・!?

 

城塞から銃声が聞こえたことに

呆れながらもミカサ達は

再び始祖の巨人へと向かう。

 

ファルコが巨人達が放つ矢を

掻い潜ったところで

ライナーが鎧の巨人へと変身し

戦槌の巨人を引き付ける。

 

その間にジャンが爆弾を

起爆させようと動き出すが

始祖の巨人もまた僕を増やし

行く手に立ち塞がっていた。

 

一方、巨人に貫かれ

動けなくなっていたピークは

ジャンが近づいてきたところで

車力の巨人から生身の状態で脱出。

 

そしてすぐさま巨人へと変身し

車力の持続力をフルに使い

倒してはやられる瞬間に脱出するのを

繰り返してジャンの行く手を遮る

巨人達を相手にしていた。

 

一方、もう一つの班は

アルミンを助けるため

尾骨へと向かっていた。

 

夥しい僕の巨人達の動向を窺っていた

ミカサ達はアルミンを捕獲した

一体の巨人を発見する。

 

一体だけ逃げようとするその個体を

尾骨に追い詰めて仕留めるとして

アニとミカサ、そしてコニーが

飛び降りる。

 

負傷が重くガビと共に残るリヴァイは

ジークはどこだと探しながらも

このザマじゃ足手まといかと

思いつつふと考える。

 

ヤツ(エルヴィン)の命令を

しくじったことは

一度も無かった・・・。

 

なのに・・・ヤツの

最後の命令だけがなぜ・・・と。

 

俺達の役目はあそこで

終わりだったのかもしれない・・・。

 

ガキ共を海に届ける

そこまでの役目だったとしたら・・・。

 

なぁ、お前達が捧げた心臓は

他の命を踏みつぶすために

あったのか?

 

違う・・・俺達が夢見た

巨人のいない世界は呆れるほど

おめでたい理想の世界だったはずだ。

 

そうでなければ

あいつらの心臓と見合わない。

 

・・・エルヴィン俺はお前を

選ばなかったことに悔いは無い。

 

お前らと同じ目をした

あいつに未来を託したことに・・・と。


アニ達が奮戦する中

アルミンを捕獲した個体が

頭骨の方へと動き出す。

 

ミカサはすぐさまアニの助力を受け

その後を追いかけるも

他の個体がその個体を守るように

立ち塞がっていた。

 

そして逃げる個体が

超大型へと近づこうとしたその時

アルミンは動かない自分の体に

必死に呼びかけていた。

 

それでも動かない自分に

絶望し蹲るアルミンだがふと手に

砂が付着しているのに気づく。

 

そして考える。

本当に死んでいるなら

脳に酸素が回らない状態で

なぜ考えることが出来る?

 

ここは夢でも幻でもない

死後の世界でもない・・・

ここは”道”ここは現実だと。

 

そう考えた瞬間

アルミンの目の前には

座標の世界が広がっていた。

 

何かここで出来るかもしれないと

立ち上がったアルミンは

必死に考えを巡らせる。

 

そして振り返ったその時

そこには砂で山をつくる

ジークの姿が!?

 

ハッとしたアルミンだが

何かを決意したのかジークに

こんにちはと声をかける。

 

ジークもこんにちは

エレンの友達と返し

君もユミルに食われたか・・・と

アルミンへと目を向けるのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

今回も中々面白い回でしたが

それもあと3話で

終わっちゃうんですね・・・。

 

ネットニュースにもなりましたが

4/9発売の5月号で最終回

コミックスも次巻である34巻で

終わりを迎えるとのこと。

 

流石に最終回が宣言されてから

休載という事はないと思いますので

あと3話なのはほぼ

間違いないでしょうね。

 

連載開始から約11年続いた

今作品についてですが

終わりが近いのは

ある程度予想してましたが

いざ決まるとさみしいものです。

 

とりあえず今回の話を読む限り

最後の最後まで

盛り上がりそうですので

それだけは楽しみではありますが。

 

色々と思うことはありますが

今回の話については

アニ達に救出された一行が

今度はアニ達と再戦に臨む

という感じでしょうか。

 

負傷しているリヴァイや

戦力として乏しいガビを除き

全員が奮闘していますが

それでも状況は厳しいかなと。

 

やっぱり歴代の九つの巨人に加え

さらに無尽蔵という点で

不利なのは間違いないでしょうね。

 

それでもなんとか出来るとしたら

やっぱりアルミンしかおらず

ジークとの邂逅に

全てを賭けるしかないのかも。

 

何にしてもここに来て

アルミンとジークが邂逅したのは

何らかの理由があると思いますし。

 

最終回まであと数話、

一体どんな展開になるのか

続きが楽しみです。

 

願うならば全く予想していなかった

誰もが驚く結末を期待しています。

 

第135話へ

第137話へ

-雑誌掲載最新話, 進撃の巨人
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局