雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 671話 ネタバレ&感想 六大将軍復活!

2020年2月25日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年13号に

掲載されているキングダム 671話

ネタバレ&感想になります。

 

第671話 任命の儀

内容ネタバレ

 

政から高らかに宣言された

”六大将軍の復活”

 

文官達がこの事態に

急ぎ動き出す中

政は昌文君へある頼みごとをする。

 

腕のいい造形師を探してくれ。

造ってもらいたいものがあると・・・。


六大将軍復活の準備は

水面下で進められ

年明けと共に大々的に発表された。

 

始皇十三年(紀元前234年)

再び戦にまみれる年の始まりである。

 

秦趙前線地段荘。

ここを受け持つ飛信隊のもとへ

蒙恬が姿を見せていた。

 

蒙恬がここに来たのは

六大将軍が復活することを

伝える為であり

信や飛信隊の面々も

あまりの内容に驚愕していた。

 

数日後には咸陽で任命式が

執り行われると聞き

信は急いで咸陽に行かなければと

準備をさせようとするが

蒙恬からすでに選ばれた将は

咸陽に戻っていると聞かされ

自分や蒙恬、王賁が漏れたことを知る。

 

六大将軍という制度について

全く知識がなく首を傾げる礼に

改めて貂は説明する。

 

六大将軍とは特別な制度であり

三代前の王が作り

死後その制度もなくなった。

 

それを現秦王の政が

復活させることになったのだと。

 

その上で六将に選ばれた

大将軍達にはこれまでになかった

様々な特典が与えられる。

 

貂の説明を引き継ぐ形で

蒙恬は語る。

 

その中でも大きいのは

”戦争の自由”

 

これで現場で大きな展開をする時に

イチイチ咸陽にある本営の確認を

取らずに素早く大胆な戦いが

出来るようになる。

 

しかしそれは諸刃の剣であり

それでも本営は六国制覇の為に

今必要だと判断したのだと。

 

大人しく説明を受けていた信だが

それよりなにより一体誰が

選ばれるのかが気になるようで・・・。


一方、咸陽では六大将軍の

任命の儀が執り行われようとしていた。

 

そして政の口から

改めて六大将軍復活の宣言が為され

次の者達の名が。

 

”第一将”蒙武

”第二将”騰

”第三将”王翦

”第四将”楊端和

”第五将”桓騎

 

ここまで順当ともいえる

者達の名が呼ばれており

文官達もまたこの瞬間に

立ち合えたことに

歓喜の声をあげていた。

 

そして最後の第六将として

呼ばれたのは・・・!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

いや~前回宣言された通り

六大将軍が復活したわけですが

これはアツい!

 

趙の三大天もそうですが

国を象徴する立場と言うのは

盛り上がりますね!

 

とりあえず今のところ

第一将から第五将まで判明しましたが

あと第六将は一体誰なのか

めっちゃ気になるところ。

 

前回の感想で予想した通り

まず選ばれるだろうなという人物は

皆呼ばれていましたので

ここまでは特に波乱はないかと。

 

ただそんな彼らに比肩する

将って誰かいたか?というのが

正直なところですね。

 

単純に実力から判断すれば

昌平君くらいしか思いつかないんですが

彼は総司令ですし・・・。

 

信達新将軍もないとなると

まさかまさかの壁将軍とか?

まあ、冗談レベルですけどね(笑)

 

となると一体誰が・・・。

実力は確かだが

まだ登場していない将が

出てくる可能性も?

 

それともあえて空席にしておいて

選ばれなかった将達に

奮起を促すとか?

 

次回には明らかになるんでしょうけど

ん~何とも悩ましいものです。

 

気になる続きについてですが

次号は休載となり

次回は3/11発売の15号とのこと。

 

第670話へ

第672話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局