雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 672話 ネタバレ&感想 六将制度の意義

2021年3月11日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年15号に

掲載されているキングダム 672話

ネタバレ&感想になります。

 

第672話 黄金の翼

内容ネタバレ

 

”六大将軍復活”

蒙武・騰・王翦・楊端和・桓騎

他に追随を許さない将達を

順当に挙げる政。

 

そして皆が固唾を飲んで見守る中

政が最後の一将を告げる。

六人目の将は”空席”とする!と。


その言葉に騒然となる中

政は六将の条件として

まず戦の強さが絶対だと語る。

 

だが今この時点でこの五人に

比肩する者はいなかったと。

 

桓騎はだったら五将で

いいんじゃねぇのか?と声をあげるも

政はかつての昭王の刻のように

六将が必要だと語る。

 

旧六大将軍は個々がバラバラに

戦っていたようで背や脇を

支え合うような働きもしていた。

 

だからなおさら強く

六将がそろっている時代

秦の猛威は圧倒的で

一気に版図を広げているのだと。

 

だったら七将でも八将でも

いいんじゃないかと桓騎は

王翦に声をかけるが

王翦は否定する。

 

上が多くなれば下が足りず

取り合いとなる。

 

そうすると肝心の俊敏さが失われる。

今の中華に対しても六人が最上だと。

 

その言葉に賛同したのは

総司令である昌平君だった。

 

”速さ”こそ六将制度の

”最大の武器”であると。

 

これから我らがさらに侵攻を深めれば

敵国は死に物狂いで

その傷口を塞ぎに来る。

 

領土を狭めても兵数に余力がある敵は

正に人海戦術で対応してくるだろう。

 

敵の治癒が早いか

我らの侵攻が早いかの勝負であり

勝利するためには咸陽の許可を

待たずに現場判断で最速で

戦を展開していく必要があると。


そして政は語る。

”速さ”と”鋭さ”で

敵国の治癒力を凌駕し

その王都を貫く。

 

六将制度をもって六将を滅ぼす。

これは秦国が中華統一への

最終的な舵を切ったことを

六国に宣言するものであると。

 

その言葉に歓声が上がる中

昌文君は任命された六将に告げる。

 

戦争の自由が許されるからと言って

何をしてもいいということではなく

敵国の民であろうと

一般人の虐殺・暴虐は一切禁じる。

 

まして反乱などは

決してあってはならぬと。

 

明らかに桓騎と王翦に

向けて告げられた言葉に

騰はそのような将が出れば

残りの将で必ずそ奴を抹殺すると言い

楊端和も賛同していた。

 

騰の言葉に感謝を述べた政は

かつての六大将軍は

時の王・昭王に対し

絶対の忠誠心があったと語る。

 

そのような忠誠心が今の五将

全員にあるとは思っていない。

 

だが俺はそなた達が揺らぐことなく

戦ってくれると信じている。

 

そして時置かずして

六人目の大将軍が誕生し

そなた達を助けるとも信じていると。


そう語った政は昌文君に

あるものを持ってこさせ

皆に語る。

 

太古の伝説時代

かの五帝の一人

帝顓頊の孫に女脩がいた。

 

女脩が外で機を織っていたある時

一羽の玄鳥が飛んできて

卵を産み落とした。

 

その卵を女脩は飲み身籠り

大業という男を産んだ。

それが秦国の祖だと言われていると。

 

玄鳥は天の使いであり

秦は天の使いから生まれたことになる。

 

そう話し昌文君に持ってこさせた

箱を開けるとそこには

黄金の六翼を持つ玄鳥の像が。

 

政は六将将軍の”徴”として

これをそなた達に預けると告げる。

 

”授ける”のではなく”預ける”

国を滅ぼすのは容易い事ではなく

これからそなた達は

誰よりも苦痛を伴いながら

戦っていくことになる。

 

だが一人も欠けることなく

六将制覇を成し

その黄金の羽と供に帰還せよ!と。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回からの流れで

一体誰が六将に!?

といった感じでしたが

結果は空席でしたね。

 

あらかじめ予想はしていましたが

すんなり名前が上がらない時点で

そりゃ選ばれないだろうなと。

 

とまあ言ってみれば

これだけの回でした。

 

六将制度の意味についての説明や

秦国の成り立ち等の話もありましたので

これはこれで面白かったですけどね。

 

それにしても政の発言にもありましたが

六将制度を復活させたことで

敵国は本格的に抵抗を

強めていくことになりそうです。

 

正直今の時点でも厳しいですが

それでも六将を復活させた

メリットの方が上だった

という事なのかなと。

 

なんにしても今回の儀を経て

中華全土に動きがあるでしょうし

どんな反応を見せるのか楽しみです。

 

第671話へ

第673話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局