魔法使いの嫁 雑誌掲載最新話

魔法使いの嫁 最新 79話 ネタバレ&感想 フィロメラの異変

2021年7月5日発売の

コミックガーデン 2021年8月号で

連載されている魔法使いの嫁 79話

ネタバレ&感想になります。

 

第79篇 Coming events cast their shadows before.Ⅰ

内容ネタバレ

 

館の中でリズベズは

ある写真を見ていた。

 

母さんと嬉しそうに

話しかけてくる息子。

 

だがそんな息子は言った。

俺はもうあなたには従わないよと。

 

その時の事を思い出し

思わず指に力が入ってしまい

フレームにヒビが。

 

そんな写真を机に置きながら

リズベズは呟く。

 

もうすぐ・・・

お前を取り戻してみせる。

アダムと。


何か私に話すことはない?

そうヴェロニカにドア越しに

尋ねられたフィロメラだが

返したのはありません

という言葉だった。

 

それを聞いたヴェロニカは

そうと答え部屋の中に入り

食堂から持ってきた

食べ物を渡す。

 

食堂からいくつか

持ってきたんだから

きちんとお食べと。

 

それを断れるはずもなく

フィロメラは受け取るが

次の瞬間吐き気を感じ

もどしてしまっていた。

 

そんな彼女にヴェロニカは

大丈夫、ごめんなさいね無理させてと

声をかけるがフィロメラは

そんな彼女に恐怖していた。

 

この人は・・・何を考えて

こわいこわいわからない。

なにもかもがおそろしい・・・と。

 

一方その頃ルーシーに

記憶を覗いたことがバレたチセは

どういうことなのか

説明させられていた。

 

他人の記憶に潜れると

聞かされたルーシーは

カウンセリングでも勉強したら?と

半ば呆れたように言いつつも

ある頼みごとをする。

 

それは自分の記憶に

もう一度潜ってくれないかと

いうものだった。

 

そんな事を頼まれると

思っていなかったチセは困惑するが

ルーシーの意志は固くさらに

今度のテストで語学と数学の

チェックしてあげると言われ

渋々ながら試してみることに。

 

そしてベンチにルーシーを寝かせ

額と額を合わせ記憶の中へ向かうが

それはルーシーが見て欲しかった

あの場面だった。

 

そこには二人の人狼がおり

何故か言い争っていた。

 

どうやらまだ幼いルーシーについて

揉めているようで

人狼の一人は何故か

ルーシーに手を出さず

庇うようなそぶりを見せていた。

 

そんな光景を見ていたチセは

もう一人人狼と同じように

フードを被っている子供に気づく。

 

その子供は命を落とした人の

傍らに跪き泣きながら謝っていた。

 

ごめんなさい・・・”とわ”に・・・

夜の護りをあなた・・・へと

震えながら・・・。


その光景を最後に

ハッと目を覚ましたチセ。

 

ルーシーも丁度目覚めたようで

気持ち悪そうにしつつも

何かわかった?と聞いてきたことで

ルーシーはあの光景を

見ていなかったことに気づく。

 

そんなルーシーにチセは

見た記憶について語る。

 

人狼があれをやったのは

間違いないと思う。

 

でも他にルーシーと同じくらいの

子供がいてその子供は

ごめんなさいって謝っていたと。

 

そう聞かされたルーシーは

怒りをぶつけるかのように

ベンチを蹴りながら

何よ・・・!と納得できない

気持ちを吐き出すのだった。

 

その頃ライザは副学長の

グレゴリーと共に

学院長室で近況について話していた。

 

ライザは不安定になりつつある

生徒達を心配しつつも

犯行者について語る。

 

ここまで尾がでないとは

・・・どこに潜んでいるやらと。

 

そんなライザの言葉を

グレゴリーは否定する。

 

本気で言ってらっしゃるとは

思えませんなと。

 

教師や生徒、廃棄塔にいる

魔術師の成れの果て。

 

居室や研究室の検査もせず

やることと言えば

人工生命の巡回だけ。

 

猫たちの監視も廊下や階段

公共施設に限っている。

 

ここの教師はあくまでも

魔術師であり本当に生徒の事を

考えているのは一握りであり

奴らが自分の利にならないことで

動くとは思えないと。

 

その言葉にライザも

笑いを零しつつ告げる。

 

私もお前のいう魔術師だ。

私のリソースは人より随分少ないから

最低限の働きかけで得られる

最大限の見返りを

願っているだけだと。


生徒達の中には

結局帰れなかったことで

予定していた事が出来ず

嘆く者達も。

 

チセもまた長い間

銀の君に会いたいようで

彼女の料理を思い出し

お腹がなってしまっていた。

 

そんな事を思いながら

チセはルーシー達に贈る

お守りを作っていた。

 

完成したそのお守りには

茨のルーンもついており

チセは少し照れ臭そうに

ルーシー達にプレゼントする。

 

ルーシー達も魔法使い手製の

お守りは珍しいと

喜んで受け取ってくれていた。

 

そんな彼らと用事があるといって

別れたチセはルツと共に行動しながら

中庭で一人思う。

犯人は何がしたいんだろう・・・と。

 

そんな事を考えていた所

フィロメラの匂いを感じ

向かうとそこにはアルキュオネが

一人佇んでいた。

 

チセは丁度良かったと

作ったお守りをフィロメラに

渡したいとお願いするが

アルキュオネから断られてしまう。

 

フィロメラ様はお加減が悪く

人にはお会いできませんと。

 

チセは最近授業以外で

見かけないと思いつつ

アルキュオネに渡して欲しいと

ルーンのお守りを手渡す。

 

受け取ったアルキュオネは

チセに気にかけてくれて

ありがとうと礼を言い

その場を後にするが

次の瞬間残されたチセの前に

ある女性が姿を見せる。

 

その女性はチセと目を合わせ

もうじきもらいにいこうと告げ

風と共に姿を消していた。

 

心配するルツを宥めながら

チセはあれは冬至の時に

みたヒトだと思い出しながら

言われたことについて考える。

 

もうすぐ冬至だ。

でも何を・・・?

 

妙なものじゃなきゃ

いいんだけど・・・と。


部屋に戻ったアルキュオネは

フィロメラが床で

倒れているのを見て

慌てて声をかける。

 

フィロメラが苦しそうに

もう・・・と呟いた瞬間

すっと立ち上がり

アルキュオネの手に目を向ける。

 

アルキュオネの手の中には

チセから受け取ったお守りがあり

フィロメラはそのお守りを

目にした瞬間口の中へ

ごくんと飲み込んでいた。

 

明らかに様子がおかしいフィロメラに

アルキュオネは声もかけられず

ただ見ていることしか出来ずにいた。

 

フィロメラはもっとほしい、

もっと”あつめなきゃ”

”しっぱい”だけはしたくないと呟く。

 

そこにヴェロニカが訪れ

大丈夫かと声をかけるが

フィロメラの様子が

おかしいことに気づき

二の句を告げられずにいた。

 

フィロメラは包帯が外れ

赤黒く変色した手で

彼女の顔に触れ告げる。

 

ヴェロニカさま・・・

わたしあなたがとても

おそろしかったと・・・。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックス、

MAGCOMIでどうぞ!


感想

 

なんかいきなり事態が進行して

訳が分からない感じですね。

 

とりあえず分かったのは

あの惨劇には子供らしき

人物がいたこと。

 

フィロメラが限界を迎えたのか

様子がおかしくなっている

ことくらいですかね。

 

惨劇の記憶の中で見たあの子供は

おそらく人狼の子供っぽい?

 

と一瞬思ったけど

あれは人間っぽいので

もしかしてフィロメラ?

 

だとしたら何かを壊したり

傷つけたりするのが

苦手になったのも

わからなくもないかも。

 

そしてそんなリズベズもまた

息子?のアダムを取り戻すべく

こんな事を引き起こしているっぽい?

 

色々と明らかになってきましたが

まだ核心には届いていない感じです。

 

ともあれフィロメラが豹変した以上

一気に事態は動くことになるかと。

 

ここまでの話の流れから推察するに

学院内の事件は恐らく

フィロメラによるもの。

 

しかしそれには代償もあり

フィロメラも限界を迎えて

豹変したという流れかなと。

 

豹変と言ったらいいか

暴走と言うべきかは

まだ定かではありませんが

何かとんでもない事になるのは

間違いないと思います。

 

あの感じだと主家であるヴェロニカも

危なそうな感じですし・・・。

 

ともあれ決して好ましくない

事態になりそうではありますが

これにより事態も

動くことになりそうですし

次回どうなるのか楽しみです。

 

第78話へ

第80話へ

-魔法使いの嫁, 雑誌掲載最新話

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局