葬送のフリーレン 雑誌掲載最新話

葬送のフリーレン 最新 第66話 ネタバレ&感想 くだらない冒険

2021年9月22日発売の

週刊少年サンデー 2021年43号に

掲載されている

葬送のフリーレン 第66話

ネタバレ&感想になります。

 

第66話 好きな場所

内容ネタバレ

 

勇者ヒンメルの死から29年後。

北側諸国城塞都市ハイス。

 

温泉のある都市に辿り着いた

フリーレンはこの街に着いてから

ずっと温泉に入り浸っていた。


フェルンはシュタルクに

あと二日は滞在するらしいと話し

シュタルクはフリーレンにしては

控えめだなと思っていたが

それはフェルンに厳しく

言われた結果だった。

 

どうやらフェルンはやることが無く

明日丸一日暇になってしまうようで

武器屋にでも行くかと話した

シュタルクに明日暇だから

構って下さいと言い出す。

 

本当に気が利かないと

辛辣な言葉をかけてくるフェルンに

シュタルクはたまには

仕返しでもしてやるかと思い立つ。

 

そしてフェルンに

そんなに構って欲しいなら

明日デートしようと提案する。

 

その言葉にフェルンは

読んでいた本を落とし

その反応を見たシュタルクは

これヤバイパターンだと

自身の行動を後悔していた。

 

しかしフェルンは

わかりましたとデートを了承し

本を落としたまま出て行くという

今までにない反応にシュタルクも

どうしたらいいか分からず・・・。


結局シュタルクは戻ってきた

フリーレンにその事を相談するが

フリーレンから誰に相談しているのか

わかっているの?と言われてしまう。

 

シュタルクもそれは分かっていたようで

無理な相談してごめんと謝るが

フリーレンは何も無理とは言っていない

私はお姉さんだから乙女心も

ばっちりだとドヤ顔していた。

 

そんなフリーレンにシュタルクは

改めて俺にデートしようって

言われたらどう思うのか尋ねるが

返ってきたのは完全に孫と遊びに行く

お婆ちゃんのような答えだった。

 

お婆ちゃんと口に出してしまった

シュタルクはフリーレンから

クソババァに続いて二度目だ

三度目はないと警告を受けることに。

 

そのカウントに恐怖しながらも

シュタルクは三度目はどうなるのか

尋ねたところ返ってきたのは

泣き喚くというものだった。

 

癇癪を起した私は怖いよ。

勇者ヒンメルでさえ恐れ慄いたと。

 

その光景を思い浮かべ

恐怖に震えるシュタルクに

フリーレンはデリカシーが

無いことは分かったと改めて

フェルンとのデートについて触れる。

 

シュタルクはやっぱ無しって言える

雰囲気じゃ無いと言いつつも

フェルンが好きそうな場所とか

心当たりはないかと尋ねていた。

 

その言葉を聞いたフリーレンは

下見にいこうとシュタルクを誘い

二人でフェルンが好きそうな場所を

探してみることに。


様々な場所を巡ったフリーレンは

景色の良いもの静かな広場に立ち寄り

こういう場所も選択肢の一つだと。

 

フェルンのことよく知っている

フリーレンにシュタルクは感心するが

フリーレンは何も知らないと語る。

 

私は凄くない。

凄いのはハイターなんだと。

 

ことあるごとにハイターは

フェルンの好みを話していた。

 

ハイターは私にフェルンの

親代わりになる事を

望んでいたみたいだけれど

私は結局あの子の好きな物を

ほとんど見つけられなかったと。

 

シュタルクはそんなフリーレンに

でもこうしてちゃんと覚えている

多分ちゃんと親をやれていると声をかける。

 

フリーレンはたまにはシュタルクも

いい事を言うと褒めると

カウントを一回分戻してあげようと

話すのだった。

 

デート当日の朝フェルンは

まだ寝ぼけているフリーレンに

どっちの服がいいかと尋ねていた。

 

フリーレンはどれでも同じだとして

それより出かける前に

髪を結んでと頼むが

フェルンに怒りに任せて

三つ編みにされてしまうことに。

 

そしてシュタルクはいつもと違う

服装をしたフェルンとデートに向かい

残されたフリーレンは

温泉でゆったり過ごすのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

今回も勇者ヒンメルの~から始まる

ほんわかした回でしたが

やっぱりフリーレンは

年相応というかお婆ちゃんだなと。

 

一行の中で見た目こそ

誰より若く見えますが

その内面はやっぱり年相応に

老成しているみたいです。

 

今回は前回とは違いちゃんとした

温泉回だったわけですが

そんなお婆ちゃんのフリーレンに

サービスカットがあるはずもなく

だろうなって感じの回でした。

 

とりあえず今回のメインは

温泉ではなくシュタルクとフェルンの

デートの話になるかと。

 

まあ、きっかけはシュタルクの

ポカみたいですが

フェルンもデートを了承した以上

二人の初デートという流れに。

 

フェルンは受け入れた方なので

好意があるのは間違いないんですが

シュタルクはどうなのか

イマイチはっきりしないところ。

 

もちろん他の人より好意を

持っているのは間違いないですが

それが恋愛感情かどうかが

わからないですし。

 

なんにせよ今回デートをすることになり

その辺りがはっきりすることも

あり得るのかなと。

 

まあ、結局何も変わらないという

可能性も高いような気もしますが

こういうイベントも二人には

必要だと思いますしね。

 

ともあれ次回は二人の

初デート回になるかと。

 

これで何かが変わるのか

それとも変わらないのかは

なんとも言えないところですが

二人にとっては初デートなので

どんな初デートになるのか楽しみです。

 

第65話へ

第67話へ

-葬送のフリーレン, 雑誌掲載最新話
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局