雑誌掲載最新話 ヒストリエ

ヒストリエ 最新 124話 内容ネタバレ&感想 エウメネスの思い 休載へ・・・

2022年8月24日発売の

アフタヌーン 2022年10月号で

隔月連載中のヒストリエ 124話

ネタバレ&感想になります。

 

第124話 王宮の外・6

内容ネタバレ

 

エウメネスの後を追い

姿を見せたネアルコスは

目の前に広がる凄惨な光景を

目の当たりにし絶句していた。

 

エウリュディケを抱き

悲嘆に暮れるエウネメスの姿に

言葉がないネアルコスだが

まだ兵士が一人生きている事に気づき

エウメネスに声をかける。


涙を拭いたエウメネスは

エウリュディケをそっと降ろし

外套で覆い立ち上がる。

 

そしてネアルコスに

子供も衰弱しているみたいだ

いろいろ急がないとなと声をかけ

生き残りの兵士のもとへ向かう。

 

傍らに落ちていた剣を拾い

兵士に向かって振り上げるも

その兵士の顔は涙で濡れており

エウネメスに対しても

何も反応すら見せなかった。

 

そんな兵士に対しエウメネスは

時間があったのに逃げるでもなく・・・

バカかこいつはと

振り上げていた剣を下ろす。

 

そして行け、早くと

兵士を見逃しこの場から去らせるが

ネアルコスに怒られてしまう。

 

全部見られてるんだろ!?

甘い・・・!甘すぎる!

詰めが甘いぞ!エウメネス!と。

 

「”詰めが甘いぞ!エウメネス!”

それは好漢・ネアルコスには

少々似つかわしくない言葉であり」

 

「後々思い出すたび気になるように

なったりもしたのだが」

 

「この時はそうした事を

考える余裕・・・というか」

「そんな心境になかった・・・」

 

エウメネスはエウリュディケの

亡骸を抱え歩きながら

彼女が最期に口にした

旅について思う。

 

旅か・・・そうだな・・・

いつか・・・旅へ・・・。

 

そう思いながらエウメネスは

顔を上げ歩き出すのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

ネアルコスも追いつき

これでエウリュディケに関する話は

一段落と言った感じですが

とりあえず子供が一人だけでも

助かってなによりだったのかも。

 

エウリュディケが動かなければ

あのままどちらの子供も

オリュンピアスによって

命を奪われていたのは

間違いないと思いますしね。

 

それにしてもエウメネスに

見逃されたあの巨漢の兵士ですが

これからどうなるのか気になる所。

 

エウメネスを甘い!と断じた

ネアルコスは放っておくことなく

その命を狙いそうな気もしますが

彼が命令に従わなかったおかげで

子供が助かったわけですからね。

 

まあ、兵士としては

褒められることではないにしても

何らかのタイミングで再び

登場する機会もあるのかなと。

 

ともあれ今回で区切りがついたので

次は一体どんな話になるのかと

思っていましたが

次号からは休載になるとのこと。

 

毎度のことながら

単行本作業のためとのことですので

今までの感じからして

再開はかなり先になりそうです。

 

どれくらい先かは

正直なんとも言えないところですが

1年くらい休載してもおかしくないので

ゆっくり待つしかないのかも。

 

読み応えのある面白い作品だけに

残念ではありますが

ほぼ毎回こんな感じですので

正直もう慣れました(苦笑)

 

ともあれ再開の時期については

本誌にて報告があるとのことなので

いつ再開されるかはわかりませんが

焦らず気長に待つのが一番かと。

 

第123話へ

第125話へ

-雑誌掲載最新話, ヒストリエ
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局