オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

進撃の巨人 最新 105話 ネタバレ&感想 手にしたものと失ったもの

      2018/06/09

2018年5月9日発売の別冊少年マガジン 2018年6月号に連載されている

進撃の巨人 105話のネタバレ&感想になります。

 

第105話 凶弾

内容ネタバレ

 

エレンとミカサはなんとか飛行船内へと入ったものの

アルミンを含めエレンを見る目は決して歓迎するものではなく

それは今回の作戦が調査兵団の総意ではなく

エレンの思惑によって引き起こされたことを示していた。

 

ジャン達もまた師団長であるロボフを殿に

飛行船へと戻って来ていたが

勝利を喜ぶ者達とは思うことが違うようで

一体いつまでやれば終わるんだと思いながらも

サシャやコニーと無事を確かめ合っていた。

Sponsord Link

一方、銃を手にエレンを追いかけるガビをなんとか止めようとするファルコだが

街を知り合いを殺されたガビの決意は翻せず

結果としてガビは殿として残ったロボフを持っていた銃で撃ち落としてしまう。

 

そしてガビはついて来たファルコと共にロボフの装置を使い飛行船の中へ侵入し

中にいた調査兵団へ向け発砲した結果

サシャが撃たれてしまい・・・。

 

一方、ガビ達が去り治療に専念していたピークは

自分達を穴に落としたマーレ兵が

ライナー達が撤退した後3年前に島へ向かった調査船団のメンバーであり

ジークの信奉者だったことを思い出しマガトに報告していた。

 

そして取り押さえられたガビとファルコは

ジャンに連れられ今回の首謀者のもとへと連行されることになるが

そこにはエレンやリヴァイたち主要メンバーの他

亡くなったと思われていたジークの姿が・・・。

Sponsord Link

ジークが生きていてここにいる事に困惑するファルコ達だが

ハンジが姿を見せジークにすべて計画通りってわけですかと声をかけたことで

何かを言う事も出来ずにいた。

 

どうやら顎と車力に関してはマーレの兵士に扮したジークの信奉者である

イェレナが拘束する手はずになっていたらしく

その余波にジークも動かなければいけなくなったことで

調査兵団にも多くの犠牲が出てしまったようで

ガビ達がここにいる事も含めて誤算だと語っていた。

 

それでもエレンはマーレ軍幹部と主力艦隊と軍港を壊滅させたことで

時間は稼げたはずだと語るが

ハンジもそれを理解しつつもエレンが自ら人質にする強硬策をとったことで

我々は君への信頼を失ったと告げる。

 

ジークはだがこうして始祖の巨人と王家の血を退く巨人が揃ったことで

全ての尊い犠牲がエルディアに自由をもたらし

必ず報われるのだと語るが

そこへコニーからサシャが死んだとの報告が・・・。

 

涙ながらに報告したコニーにエレンはサシャは最期何か言ったか尋ね

彼女らしい「肉・・・」という言葉を残したことを知ると

身体を震わせくっくっく・・・と忍び笑いしていた。

 

そんなエレンにジャンはお前が調査兵団に巻き込んだから

サシャは死んだんだぞと告げるが

エレンの目はとても笑っているようには思えない程

やりきれない思いを露わにしていたのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

てっきりアルミンとかハンジの作戦かと思っていましたが

どうやらジークとエレンによる独断によるものだったみたいですね。

 

ジークがエレンと繋がっている事はなんとなく予想していましたが

なんていうかそれが調査兵団としての総意ではなかったことに

正直驚きました。

 

それにしても何人か犠牲になったのは理解していましたが

最後の最後によりにもよってサシャが犠牲になってしまうとは・・・。

 

それもロボフを撃って飛行船へと乗り込んできたガビの手にかかるとは

もうなんて言ったらいいか・・・。

 

まあ、戦争というのがその行為自体

どうあっても正しい事ではないのは間違いないですが

どちらの恨みもこの作戦を実行したエレンに向けられそうですよね。

 

ただ私的にはマーレという国自体も気に入らないのもあるんですが

壁の中で平穏な生活を送っていたエレンたちにちょっかいを出してきたのは

マーレ側なわけで放っておいたら全滅の未来しかないエレンたちが

こうして動くのも当然ではないかと思っています。

 

どうにかして戦わないで平穏に生きられる道があるならともかく

黙っていてもやられるならそれに反抗するのも

というか反抗するしかないのもわかりますしね。

 

まあ、実際にその様子をみていないガビが

街の人や知り合いの敵討ちの為にエレンを狙うのも分からないでもないんですが

私的にはそのすべての発端となったのはマーレだと思っていますので。

 

それにしても気になるのは全てを知ったガビとファルコが

最終的にどう思うのかについて。

 

この時点でやられていない以上当分ガビとファルコは

エレンたちと行動を共にすることになると思いますが

その過程で何を思い何を感じるのか正直楽しみです。

 

次代を担うと言っても過言ではない彼らが

真実を知ってなお島にいる人達を悪魔と罵しるのか

それともあるかどうかはわかりませんが

和解の道を探すのか・・・。

 

ともあれここまでやってしまった以上

マーレとパラディ島は全面戦争しかないと思いますが

それもどういう結末になるかわかりませんし

これからエレンたちが何をしようとしているのかも含めて

続きが楽しみです。

 

第104話へ

第106話へ

 - 雑誌掲載最新話, 進撃の巨人 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください