たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。

オススメ漫画ネタバレ情報局

雑誌掲載最新話 進撃の巨人

進撃の巨人 最新 113話 ネタバレ&感想 ジークvsリヴァイ

投稿日:

2018年1月9日発売の別冊少年マガジン 2019年2月号に連載されている

進撃の巨人 113話のネタバレ&感想になります。

 
第113話 暴悪

内容ネタバレ

 
ジークが監視者たちを巨人へと変貌させた瞬間

ここから離れた場所にいたピクシスやファルコも異常を感じていた。

 
そしてジークは巨人へと変貌した仲間達に囲まれるリヴァイを尻目に

数体の巨人と共にこの場から逃げ出すのだった。

スポンサーリンク

巨人に乗り森を抜けようと動き出すジークは

俺だってこんなことはやりたくなかったと後悔しつつも

決別したのだと呟いていた。

 
お互いを信じることができなかったがそれも無理はなく

自分とアンタたちとではあまりにも見てきた世界が違い過ぎたのだと。

 
レベリオの奇襲に成功して勘違いしてしまったようだが

全世界の戦力がもう直この島に集結すること、

それがどういうことかわかっていないと。

 
自分達には力がある、時間がある、選択肢があると勘違いしてしまったことが

リヴァイ、お前の過ちであると言いつつも

俺の真意を話したところであんた達にわかるはずもなく

エレン、俺達にしかわからないだろうな・・・と呟いていた。

 
しかし森を間もなく抜けようとした瞬間

後方から血だらけのリヴァイが姿を姿を見せたことで

ジークは慌てて従う巨人たちを向かわせるも

リヴァイはまるでためらうことなく巨人を排除。

 
ジークはすぐさま自身も獣の巨人へと姿を変え

リヴァイに対し攻撃を仕掛けるものの

樹の上を縦横無尽に動き回るリヴァイを捕えることは出来ず

脊髄に雷槍をくらい巨人の中から引きずり出されてしまうのだった。

スポンサーリンク

一方、シガンシナ区ではキース教官の元

109期訓練兵団が巨人襲撃時のシガンシナ区防衛訓練を行なおうとしていた。

 
しかし訓練兵の中には今更剣で巨人の斬りつける訓練なんてと

乗り気じゃない雰囲気が多く

時代はとっくに変わったのに教官は古いのだと考えるものも多かった。

 
そうした中、フロック達がハンジと共に訓練場に姿を見せ

この兵団支部は我々が占拠したとの宣言が。

 
この事態にまるで動じないキースはフロックに声をかけるも

フロックは全く取り合うことはなく

彼らの目的は訓練兵をイェーガー派に誘う事だった。

 
フロックの言葉を受けた訓練兵達は次々と寝返り

フロックから覚悟を見せてもらおうと言われた通りに

教官を痛めつけイェーガー派に加わるのだった。

 
一方、リヴァイによって巨人の中から引きずり出されたジークが

目を覚ますとそこにはリヴァイの姿が。

 
どうやら身体は縛られさらに雷槍の信管を繋ぐワイヤーを首にくくられているらしく

動けないように捕らわれ馬車の荷台に寝かされていた。

 
そんなジークに対しリヴァイは部下の命を踏みにじった恨みなのか

こうしないと巨人になっちまうじゃねえかと言いつつ

両脚を先端から切り刻む。

 
あまりの激痛に叫び声をあげるジークだが

それよりも自分のしていた眼鏡が気になるらしく

どこにあるのか尋ねたものの

返ってきたのはもうお前には眼鏡なんか必要ないと言う言葉だった。

 
痛みに気を喪うジークの脳裏に浮かんだのは

幼い頃ある男性とキャッチボールをしていた時のことだった。

 
クサヴァーという名の眼鏡をかけた男はキャッチボールしつつ

笑いながら将来は野球選手になるか?と問いかけるも

ジークはだめだよ、クサヴァーさん、僕には・・・使命があるから・・・

と返し・・・。

 
当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 
正直エレンとジークの口から

何をどう思っているのか聞かないと

納得できない感じですね。

 
この作品におけるリヴァイはある意味最強に位置するので

ジークが敗けたのはわからなくもないんですが

私としてはジークのやろうとしていることが間違っているとも思えないんですよね・・・。

 
もちろんああいう形で強行してしまったことはダメなんでしょうけど

ジークやエレンが考えている事、思っている事を

明かされた時ハンジやアルミン、リヴァイが何を思うのか気になるところです。

 
なんにしても前述した通り全てはエレン達が明かしてくれないと

なんとも言えないところではあるんですが

ジークが一人呟いていた内容は間違っていないのではないかと。

 
すでに世界中からこの島に軍隊が向かっているのは

ほぼ間違いないでしょうしそんな状況の中

キースがやろうとしていた訓練が正しいとは思えませんしね。

 
ただ出来る事なら何をしようとしているのかくらいは

ハンジやリヴァイに教えておいてほしかったです。

 
もちろん彼らにも立場はあるでしょうし

言っても仕方ないと判断したのかもしれませんが

少なくともこの島が生き残る為にそれしかないとわかれば

ジークがリヴァイに捕えられることもなかったのかなと。

 
なんにしても状況的にリヴァイは敵になったと判断していいと思いますが

それに対してエレンはどう動くのか気になるところ。

 
単純な戦闘力という意味ではリヴァイに勝てるものはいないでしょうし

エレンもまたそれは理解しているわけで

だったらエレンはどうするつもりなのかと。

 
とりあえずハンジを含めた人質もありますので

いきなりリヴァイが突っ込んでったところで

解決するのは難しいですしね。

 
正直こんなことをしている時間はないんじゃないかとも思いますが

どちらにせよ島の意志が統一されなければどうしようもないので

どうなるかはともかくさっさと一つにまとまって欲しいものです。

 
第112話へ

第114話へ

-雑誌掲載最新話, 進撃の巨人
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2019 All Rights Reserved.