たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。

オススメ漫画ネタバレ情報局

雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 613話 ネタバレ&感想 亜花錦の加勢

投稿日:

2019年9月5日発売の週刊ヤングジャンプ 2019年40号に連載されている

キングダム 613話のネタバレ&感想になります。

 

第613話 必勝戦略

内容ネタバレ

 

金毛軍に李牧軍への挟撃を阻まれていた飛信隊だが

亜花錦が援軍として加勢したことで事態は変化し

信達もようやく加速することが叶い押し込み始めていた。

 

援軍として加勢した亜花錦は

そうこなくては犠牲になった段茶が浮かばれぬと

相も変わらず上役に対して不敬な言葉を呟きながらも

佳恭二千将に隊を左に送ってもっと飛信隊を助けるようにと命令。

 

位が下の亜花錦の言に部下達は怒りを露わにするが

佳恭はそれに取り合うことなく言われた通りに指示しつつ

亜花錦に戦の終盤いつも思うぞ、貴様が健在でよかったと告げる。

 

亜花錦も笑いながらだろうなと返すが

今回は飛信隊 信によるものだと判断しており

今この段階で総じるなら右翼の勝因は

王翦様が三日目に援軍で飛信隊を送り込んだことだと考えていた。


一方、飛信隊による攻勢が強まり

主力の一部が崩壊したとの報告を受けた金毛は

またしても力が及ばぬのかと怒りに震えていた。

 

一先ず李牧様のもとへ撤退を促す部下達だが

金毛は目を血走らせ自ら矛を手に迎え撃とうとするが

それを止めたのは部下である竹進だった。

 

竹進は責務を放棄するなと一喝すると共に

李牧様が戦っておられる限り金毛様の力は必要であり

趙国の為にムダ死にはするなと告げる。

 

そんな彼の言葉に金毛もようやく落ち着きを取り戻したようで

ここは彼らに任せ李牧の元へ向かうことを決心するが

去る間際改めて竹進に私はお前達に支え続けられていたと礼を述べ

互いに武運を祈り別れるのだった。

 

その後も飛信隊の猛攻は続き

朱海平原十五日目にして

遂に信率いる秦右翼は相対する趙左翼を突破し

李牧のいる趙中央軍の真横に出た。

 

即ち開戦以来王翦が狙っていた必勝戦略とされる

”挟撃”に成功したのである。

 

飛信隊が挟撃に成功したことで

秦中央軍もまたここが勝機であると判断したのか

一気に攻勢を強めていた。

 

挟撃を受け押される趙軍の中

カイネは李牧のいる本陣に向かわせないために奮戦していた。

 

しかしその焦りからか窮地に陥ってしまうが

それを救ったのは後ろに布陣していたはずの傅抵だった。

 

カイネは何故ここに彼がいるのか分からず

李牧様を守りに行けと告げるが

傅抵は何やら李牧からの指示を受けているようで

改めてあの人は怖いと呟いていた。

 

そしてカイネに勝負は最後まで分からないと言いつつも

自分達の勝利を確信しているかのように

勝つのは趙軍であると告げるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

亜花錦の加勢もあってなんとか金毛軍を突破した現状

一気に秦軍有利となったわけですが

何やら李牧が企んでいるみたいですね。

 

どんな命かは定かではありませんが

その命を受けた傅抵が神妙な感じでしたので

かなり難しい指示だったのではないかと。

 

ただ傅抵自身改めて李牧の事を怖いと評し

さらには趙軍の勝ちを確信していることから

成功すれば一気に逆転することも可能なのかも。

 

正直李牧の自信というか考えがどこまで及んでいるかは分かりませんが

少なくとも李牧自身が負けるとは思っていないようですので

挟撃が成功したからと言って慢心していると

一気に足を掬われる可能性も。

 

といった感じですので有利に立ったと思われる秦軍ですが

未だ勝敗については分からない状態にあるかと。

 

まあ、李牧が何やら動いたことで

王翦も何もしないでいるはずもないので

何か動きがあるとは思いますけどね。

 

何にしてもまだまだ読めない展開が続きそうですし

李牧が傅抵に下した命はなんなのか、

そしてそれによりどういう展開を見せるのかも含めて次回が楽しみです。

 

ちなみに次回についてですが次号は

どうやら休載とのことですので

続きは42号(9/19発売)になるかと。

 

第612話へ

第614話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2019 All Rights Reserved.