雑誌掲載最新話 ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ 最新 第168話 内容ネタバレ&感想 開拓への勧誘

2019年12月25日発売のアフタヌーン 2020年2月号に連載されている

ヴィンランド・サガ 168話のネタバレ&感想になります。

 

第168話 西方航路②

内容ネタバレ

 

晴れ渡る空の下、民会の場に集められた民衆を前に

トルフィンは今回の帰郷の目的である

ヴィンランドへ一緒に行ってくれる人を募っていた。

 

皆さんの中にどうにも貧しくてこの先の暮らしに不安を抱えている人

今現在奴隷身分、迫害に苦しんでいる方はいらっしゃいますか?

争いや復讐の最中にいて暴力の応酬に疲れ果てている人はいますか?と。


思ってもいなかった言葉に民衆がざわざわとする中

トルフィンはここではないどこかへ

今切実にそう願っている人はいますか?

私達は今そういう人を求めていると語る。

 

そして西の大海の彼方にヴィンランドという土地があり

自分達は今そこを切り開いて国をつくる準備をしており

豊かで戦争と奴隷のない国を目指しており

来年の春、流氷が消えたら出発するつもりであると。

 

この計画に参加したいと言う方は

”鯨の入り江”の私の仮住まいを訪ねて下さいと話し

その場を後にしようとするトルフィンだが

大事なことを言い忘れたと真顔で言ったのは

剣はヴィンランドには要らないという事だった。

 

それはトルフィン達が以前話しあった際に

弓や斧と言った開拓や狩りに使うもの以外

純粋に人殺しのために作られた道具は必要ないという

結論からだった。

 

そんなトルフィンの言葉は

多くの者が剣を持ち歩く男達には衝撃的だったようで

民会の場はざわざわとしていた。

 

話し終わりその場を後にしたトルフィンはエイナル達から

おつかれと労われるも

未だ納得していないのかグズリーズが一人唸っていた。

 

どうやらグズリーズはあれじゃ開拓に参加することは

自分が負け犬だって認めることと同じだとして

参加者くるかなァ?とこれで本当に良かったのかと考えていた。

 

しかしエイナルは主旨を正しく理解してもらうことが大事であると言い

トルフィンもそれに同意すると共に

これで人が集まらないならそれはそれでいいことであると微笑むのだった。


その日の夜、実家に戻ったトルフィン達は

家族にイッカクの角を売りに行った時のことを話していた。

 

今まで行った事のない場所の話は

家族にとっても面白かったようで

笑いの絶えない良い晩餐だったが

そこへ誰かが家に訪ねてきたのか扉をノックする音が。

 

その音に気づいたヘルガがはいどなた・・・と外へ出るが

そこには誰もおらず気のせいかしらと周りを見渡したところ

近くの樹の陰にこちらを窺うおさげの少女がいることに気づく。

 

ヘルガが優しそうな人だったことで

こちらを窺っていた少女もようやくここに来た理由を話し

それはトルフィンと話しは出来ないか?というものだった。

 

その言葉が聞こえたのか自身も外に出て来たトルフィンは

もしかして開拓団への参加希望者かな?と話しかけるが

少女は突然驚かないでくださいね?と言い出す。

 

何のことを言っているのか分からず困惑するトルフィンだが

樹の陰から出てきたのはおさげの少女ではなく

見上げる程大きな女?男?だった。

 

たどたどしくもハルヴァルと名乗った女?男?を見ながら

トルフィンとヘルガはその顔や体の大きさからあいつに似てると

ある男のことを脳裏に思い浮かべるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

ついにトルフィンが帰郷した目的である

ヴィンランドへの勧誘を行ったわけですが

最後のあの男?女?の登場で

全部持ってかれた感じですね(苦笑)

 

初め樹の陰からこちらを窺っていた時には

おさげの少女が不安を感じつつも

開拓団について話を聞きに来たのだとばかり思ってましたが

まさか出て来たのがあれ程の巨体とは流石に驚きました。

 

この作品の読者の方にはこれだけで分かると思いますが

明らかにあのトルケルと何か血縁関係がありそうな

どこかはじめましてなのにはじめてじゃないような

色々気になる人材でしたね。

 

とりあえず最初おさげの少女だとばかり思っていましたが

結局のところ男なのかそれとも女なのか気になるところ。

 

顔というか髪と顔の上半分を見ると女性にも見えるんですが

口元にはひげがありますしやっぱり男なんでしょうか?

 

あのトルケルの血縁だとしたら女性に髭があっても

そうおかしくないとも思うだけに

現時点ではなんとも言えない感じですね。

 

ともあれここのタイミングで登場した以上

おそらく共にヴィンランドに向かう仲間になると思いますので

今後も関わっていくことになるかと。

 

それと名前がわからなかったのであらすじでは触れませんでしたが

羊飼いの男も何やら開拓に興味があるっぽく見えたので

彼も参加することになりそうな気がします。

 

今回ヴィンランドへ共に行こうとする者は

そう多くはないと思いますが

おそらくここだけで勧誘するわけじゃなさそうですし

結果としてどれだけの数になるのか楽しみですね。

 

第167話へ

第169話へ

-雑誌掲載最新話, ヴィンランド・サガ
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局