雑誌掲載最新話 GANTZ:E

GANTZ:E 第1話 ネタバレ&感想 半兵衛と政吉

2019年1月9日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年6・7合併号で月1新連載の

GANTZ:E 1話のネタバレ&感想になります。

 

第1話 タイトル不明

内容ネタバレ

 

時は江戸、ひなびた農村のある家にて

半兵衛と呼ばれる男が母と一緒に住んでいた。

 

母が息子にそろそろ嫁はいないのかと尋ねたところ

半兵衛はその相手に当てがあるらしく・・・。


食事を終え家を出た半兵衛は

嫁の当てであるお春の元へ訪れる。

 

お春は近くの子供か兄弟かの面倒を見ているようで

半兵衛は人気がないところまで彼女を呼び出し

儂と夫婦になってくれと申し出ていた。

 

お春の好みの男はどうやら上背がある男らしく

自分がそれに当てはまることもあって

断られるとは思ってもいなかった半兵衛だが

彼女の口から想ひ人がいると断られることに。

 

まさかそんな相手がいるとは思ってもいなかった半兵衛は

思わずそんな相手がいたのかと少し引きつりながらも笑い声をあげるが

その相手はとなり村の政吉という男のようで

半兵衛よりも大きく腕っぷしも

喧嘩で十人のすほどとのことだった。

 

そのことを聞いた半兵衛はいきなり真面目な顔したかと思いきや

突然将軍様見た事あるかと言い出す。

 

お春は当然見た事はなく藪から棒になんだと尋ねるが

半兵衛はいつか会ってみてえ、

会って相撲が採りたいと語る。

 

おかしな事をいう半兵衛にお春は思わずは~?と言ってしまうが

半兵衛自身はそんなにおかしいか?と

自分がおかしなことを言っている自覚はないようで・・・。


その日の夜、半兵衛はお春の想ひ人である

政吉のことが気になり眠れず

あくる日の農作業の後、となり村に足を運んでいた。

 

近くの者に政吉のことを尋ね

その家に向かう半兵衛だが

どうやら留守にしているようで・・・。

 

再び近くの者から政吉が山の方に向かったと聞き向かったところ

そこには竹藪の中で一人刀を差した男がいた。

 

その男は半兵衛よりも大きく

半兵衛はこの男が政吉だと気づく。

 

その佇まいに声をかけられずにいた半兵衛だが

政吉が徐に刀の鯉口を切り竹を斬るのを見て

口が塞がらない様子でただ見惚れていた。

 

竹を斬った政吉もようやく半兵衛のことに気づいたようだが

声をかけることなくその場から離れるが

半兵衛は何故かその後を追いかけていた。

 

その内に雨が降り出す中

立ち止まった政吉は半兵衛に声をかけるが

半兵衛は百姓が刀なんか差してと言いつつ

政吉に興味があるらしく儂と相撲を取らんか!?と声をかけていた。

 

そんな半兵衛の言葉を無視するかのように歩き出す政吉だが

まるで相手にもされていない半兵衛は

それでも政吉と相撲を取りたいようで

背後から手を伸ばす。

 

それに対して政吉は刀の鞘で腹をついて迎え撃つが

半兵衛はそれで退くことなく

無理矢理に相撲を取らされることに。

 

互いに一歩も退かず相撲をとる二人だが

そこへ子供の助けを求める声が!?

 

いきなりのことに相撲をとるのを止める二人だが

どうやらおきぬという子供が雨で水かさを増した川で

溺れているらしく政吉は誰よりも早く川に飛び込んでいた。

 

そして半兵衛もまた政吉に続くように川に飛び込んだものの

川の流れは早くどんどん流されてしまっていた。

 

それでも二人はおきぬを岸のほうへと放り投げ

なんとか助けることに成功したものの

半兵衛と政吉は溺れてしまうことに。

 

二人の意識が遠くなり命を失ったかに思えた矢先

目を覚ますとそこにはこちらを見ている何人かの人の姿があった。

 

そしてこちらの様子をある者は興味深さげに

ある者は胡散臭い目を向ける中

二人の目の前には謎の黒い球体が・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

新年となり前宣伝通り始まった

奥浩哉先生の新連載ですが

めっちゃGANTZみたいですね。

 

画自体は奥先生ではなく

他誌で活躍している花月仁先生のようですが

タイトルもGANTZ:Eとなっていますので

派生作品みたいな感じなのかも。

 

今回の舞台は江戸時代となっていますので

今までのGANTZとは違った部分が多く見られる可能性もありそうです。

 

とりあえずGANTZ:EのEは江戸のEなのかな?と思っていますが

実際のところ他にEを示すものがあるのかも?

 

なんにしても元々GANTZ自体読んでいたので

この作品もかなり面白く読めそうだなと期待しています。

 

まだ始まったばかりなので主人公のキャラも

イマイチつかみ切れていませんが

玄野君とはまた違うタイプみたいですし

これからが楽しみです。

 

ちなみにこの作品については月1とのことですので

予告通りであれば続きは2/6発売の10号になるかと。

 

第2話へ

-雑誌掲載最新話, GANTZ:E
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2020 All Rights Reserved.