真・群青戦記 雑誌掲載最新話

真・群青戦記 最新 第4話 ネタバレ&感想 暴動

2021年2月4日発売の

週刊ヤングジャンプ2021年10号で

連載中の真・群青戦記 4話

ネタバレ&感想になります。

 

第4話 自由への渇望

内容ネタバレ

 

拘置所の医務室で

信之が治療を受ける中

拘置所内でも異変が起きつつあった。

 

叫び声が所内に響き渡り

ミチロウは真田兄弟は

何が何でも守らないといけないと

決意を漲らせ・・・。


濃霧に乗じて脱獄した31名の

被収容者のうちの一人

未決囚広瀬虎雄は驚愕していた。

 

スリやサギを生業とし警戒中の

私服警官により現行犯逮捕

未決拘留中言わば小者である。

 

人が亡くなっているのを見て

狼狽えていた広瀬は

武士や農民と思われる男の姿を見て

ここが戦国時代であると理解する。

 

連中が現代人を探していると

話していたのを盗み聞きし

このままでは殺されると

顔を真っ青にしていた。

 

でもブタ箱に戻るのだけはご免だと

どうするのか考えた結果

広瀬は拘置所へと戻る。

 

そして見回りの刑務官を人質にし

ある未決囚の房へと向かう。

 

丸山斗夢、半グレ集団に所属

随一の武闘派として名を馳せ

対抗組織40名より襲撃を受けるも

返り討ちし起訴。

 

その他複数件の傷害罪で

未決拘留中。

 

広瀬は丸山と知り合いだったようで

こいつなら間違いなく

武士と渡り合えると判断し

会いにやって来たのだった。

 

天性の太鼓持ちである広瀬の提案を

あまりものを深く考えない丸山は

悩むことなく受け入れ

房から外に出る。

 

広瀬はこんなに上手くいくとは・・・と

思いつつもこれなら自由になれると

歓喜していた。

 

そしてさっさとここから出ようと促すが

丸山は俺に任せとけと言い

捕まっている未決囚に檄を飛ばす。

 

もう我慢する必要はなく

刑務官どもを牢屋にぶち込む!

革命だと。

 

広瀬はそんな丸山を

どうにかして止めようとするが

その声は届かず・・・。


丸山の扇動により

脱獄した未決囚たちは

暴動をおこし刑務官へと襲い掛かる。

 

それを見た広瀬は

こんなはずじゃなかったと

後悔していた。

 

そんな広瀬にボロボロになった

刑務官の男が声をかける。

 

何が戦国だ、んな訳がない。

確証はあるのか証拠もってこいと。

 

その言葉に広瀬はハッとさせられるが

丸山は刑務官達をボコりながら

こいつら弱すぎてつまんねぇと零す。

 

そして医務室に武士が運ばれたのを

見たやつがいることを思い出し

武士ってやっぱ強ぇのかな?と

戦意を漲らせていた。

 

それを聞いた広瀬はそいつがいれば

ここが戦国時代という

証明になると考え

丸山らと共に医務室へ向かう。

 

ミチロウは突然囚人が

姿を見せたことに驚きつつも

怯える弁丸を守るために

前に出るのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

遅かれ早かれ拘置所内で

暴動が起こるのは予想してましたが

やっぱり起きてしまいましたね。

 

それにしても基本的に

マコトのように重い罪を

背負った連中ばかりかと

思ってましたが

スリやサギって・・・。

 

いやそれも十分に悪いんですが

そういうのもいるんだなというのが

正直なところ。

 

結果としてそいつが

暴動の引き金になったので

ろくでもない奴なのは

間違いないんですが。

 

それにしてもとりあえず

今のところあの丸山ってやつが

囚人の中で一番武闘派っぽい?

 

マコトは罪だけ見れば

それ以上ではあるものの

武闘派という感じはしませんし。

 

丸山は頭こそ悪そうですが

体格と言い経歴と言い

申し分なさそうですしね。

 

見た感じ戦闘狂っぽいので

武士とも喜んで戦うんだろうなと。

 

そんな人物がミチロウの前に

姿を見せたわけですが医務室の中に

通すわけにはいかないので

恐らく戦うことになるかと。

 

武道経験者のミチロウと

半グレの武闘派の丸山。

 

客観的に見れば

好カードだとは思いますが

ミチロウでも戦闘狂の相手は

ちょっと厳しいかなと。

 

まあ、マコトよりはマシでしょうけど

それにしたって厄介な相手でしょうね。

 

なんにしても次回も

色々と動きがありそうですし

続きが楽しみです。

 

第3話へ

第5話へ

-真・群青戦記, 雑誌掲載最新話
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局