雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 682話 ネタバレ&感想 歩兵団の強さ

2020年6月10日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年28号に

掲載されているキングダム 682話

ネタバレ&感想になります。

 

第682話 崖上の攻防

内容ネタバレ

 

あり得ないはずの

急斜面からの奇襲。

 

いつの間にか崖の上にいた敵に対し

趙兵達もまた急ぎ対応しようとするが

鍛えられた歩兵団の実力は

想像を遥かに凌駕していた。

 

そして干斗達が先陣として

突っ込んだことで

後続部隊も続々と崖上に到着し

崇原の指示のもと

”狩り場”へと突き進む。

 

さらに歩兵団の活躍を見て

信達騎兵隊も動き出し・・・!?


敵の守りを突破した歩兵団は

目的地である狩り場へと到着。

 

そして今ならばと信達騎兵隊を

呼ぼうとするが既に信達は

緩斜面からこちらへと

向かってきていた。

 

そして崖上に到着した信は

歩兵団によくやったと

労いの言葉をかけ

本陣からその様子を見ていた

貂たちも作戦が成功したことに

歓喜の声をあげていた。

 

趙兵達も騎馬隊に登られたことで

急ぎ対処しようと動く中

岳白公は自ら武器を手に動き出し!?

 

一方その頃桓騎軍右翼の雷土軍

対扈輒軍左翼龍白公軍の戦場では

末の子である曹還が雷土軍に

捕らえられたと聞いた龍白公が

血相を変えてその場に走っていた。

 

罠であることは明らかだったが

それでも龍白公が止まる事はなかった。

 

しかし向かった先で見たのは

全身を貫かれ木に括りつけられた

息子の凄惨な姿だった。

 

悲嘆に暮れる龍白公だが

そんな敵将を狙い

潜んでいた雷土軍が襲い掛かり!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回のラストに

崖上に手が届いていたので

大丈夫だとは思ってましたが

改めてその強さに驚きました。

 

敵将もその強さに驚愕してましたし

貂の言う通り玉鳳や楽華の

歩兵よりも強いのは間違いないかと。

 

もちろん戦術とかがあってのことなので

一概には言えませんが。

 

礼もなんだかんだで

指示には従っていますし

以前と比べたら

雲泥の差でしょうね。

 

崖上に登れたことで

ようやく戦いらしい戦いになり

これからが本番になるかと。

 

敵将の岳白公もまた

自ら武器を手にしていましたし

どんな戦いになるのか楽しみです。

 

そして一方の雷土もまた

敵の大将をおびき寄せることに成功。

 

その方法はなんとも桓騎軍

らしいものでしたが

今回に至っては大将自ら

助けに向かった方が悪いかなと。

 

まあでも正直なところ

あれで討ち取れるかどうかは

五分五分かなと予想しています。

 

状況的にはチェックメイトも

いいところなんですが

そんなにすんなり終わるか?と

思う部分も。

 

いずれにしても状況が動くのは

間違いないので次回はどんな展開を

見せてくれるのか楽しみです。

 

第681話へ

第683話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局