雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 685話 ネタバレ&感想 趙右翼大将・岳白公

2021年7月8日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年32号に

掲載されているキングダム 685話

ネタバレ&感想になります。

 

第685話 断罪の時

内容ネタバレ

 

影丘の崖の上

亜花錦隊との挟撃を

成功させた飛信隊。

 

敵歩兵を抜きあと僅かで

本陣と言った所で

飛信隊の前に姿を見せたのは

敵大将である岳白公だった。


岳白公の一撃は

何か特別な体術でも使っているのか

騎馬隊の進行を吹き飛ばし

勢いが一気に削がれていた。

 

そうこうしている間に

信も前線に追いつくが

そこへ岳白公が姿を見せる。

 

巨体を露わにし名乗った

岳白公に対し信は

そっちから出てくるとは

手間が省けたと返すが

岳白公は語る。

 

これ程素晴らしい時を

私はずっと願っていた。

 

お前のような侵略者の将である

クソ極悪人の頭をこの手で

叩きつぶす時が来ることをと。

 

その宣言に信を除いた

騎馬隊の面々がぞっとする中

岳白公の周りに彼の直近部隊なのか

見慣れない兜を被った

騎馬隊が姿を見せる。


岳白公は語る。

扈輒様が”邯鄲の守護神”となり

我らも邯鄲に引き籠った。

 

そしてあなた達が侵略戦争をして

バカ騒ぎしている頃

私はひたすら戦闘の研究と

修練に明け暮れてきた。

私の近衛兵団”閃叫”と共にと。

 

信も”閃叫”を見て

只者ではないと判断。

 

相当やるぞと警戒を促す中

岳雷ら飛麃が前に出てきていた。

 

岳白公はこの世は

複雑そうに見えるが

実は単純であると語る。

 

ただやった事が返ってくるだけ

つまり暴力には暴力であると。

 

そして断罪の時だといい

向かってくる岳白公と閃叫に対し

信と飛麃も真っ向から

迎え撃つのだった。

 

一方その頃扈輒軍本陣では

捕えられた雷土が

連れてこられていた。

 

そして拷問を担当すると思われる

兵と共に趙軍の大将である

扈輒が姿を見せ・・・!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

ついに岳白公と信の対決に

なりそうではありますが

なかなかに厄介な敵っぽいですね。

 

とりあえず何か特別というか

妙な体術を使っていることは

礼の言葉からわかったんですが

正直意味がわからない。

 

なんであんなこん棒みたいな

感じの武器で兵士の身体が

両断されてるんでしょうね?

 

叩きつぶすとかなら

まあこれまでも見てきましたが

こん棒で斬るというのは

流石になかった気がします。

 

あまりのスピードで

吹き飛ばした際に斬れたように

見えただけかもしれませんが

それでも厄介としか

言いようが無いなと。

 

そんな岳白公の近衛兵団である

閃叫も中々に強そうですし

苦戦は免れないだろうなと。

 

崖上の戦いはこれまで

歩兵団の成長と強さが

明らかなものでしたが

ここからは敵の強さがわかる

戦いになるのかも。

 

ともあれ大将同士が

戦場でかち合った以上

ここからが本番とみて良いかと。

 

扈輒の前に引っ立てられた

雷土も気になるところではありますが

おそらく最終的には

命を落とすことになるでしょうし

中々難しい戦況になりそうです。

 

第684話へ

第686話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局