葬送のフリーレン 雑誌掲載最新話

葬送のフリーレン 最新 第71話 ネタバレ&感想 魔族の襲撃

2021年11月2日発売の

週刊少年サンデー 2021年49号に

掲載されている

葬送のフリーレン 第71話

ネタバレ&感想になります。

 

第71話 討伐依頼

内容ネタバレ

 

勇者ヒンメルの死から30年後。

北部高原ルーフェン地方。

 

襲撃を受けたのか廃墟と化した

村の中で一級魔法使いゲナウが

魔族と相対していた。

 

まだ幼い息子がいるのだと

言う魔族に対しゲナウは

黙れと告げる。

 

こっちはそんな言葉数えきれない程

聞いているのだと。

 

言葉で隙を突くことが

出来なかった魔族は

魔法を使い抵抗しようとするが

次の瞬間ゲナウによって

その身を滅ぼされていた。

 

ゲナウは魔族が言っていた息子が

本当にいるかどうか確かめるため

他の部屋を回るがそんな形跡はなく

頼むから少しは本当の事を

言ってくれと零すのだった。


建物から出たゲナウは

廃墟となった村を見て呟く。

 

ゼーリエ様からの直々の討伐要請。

何事かと思ったが

魔族に襲われた故郷の成れの果てか。

 

愛着のようなものは

まるで無かったが

こうしてみると寂しいものだと。

 

村の中でゲナウは

傷だらけになった男を発見する。

 

その男は知り合いだったが

その命は間もなく尽きようとしていた。

 

ゲナウは男を背負い励ましながら

教会へと向かう。

 

そこには女神の魔法を使って

怪我を治せる魔法使いがいると。

 

教会にいたのは先日の試験で

一級魔法使いになったメトーデだった。

 

どうやら彼女がその魔法使いらしく

怪我人をこちらにと声をかけるが

すでに男は息を引き取っていた。

 

ゲナウは見つけた時には

もう助からない状態だったと語る。

 

それでもこいつは私に

しがみついてきたのだと。

 

男の身を横たわらせ

こいつはパン屋の息子で

子供の頃はよく一緒に遊んでいた。

 

親父さんが亡くなってから

こいつが後を継いだがこいつの

焼くパンはあまり上手くなかった

もう食えないんだなと

寂しそうに語っていた。

 

教会には村の人達の

亡骸が集められていた。

 

ゲナウは語る。

なんで私達ではなく

こいつらなんだろうなと。

 

この村の奴らは私達と違って

戦いの道を選んだわけじゃない。

 

死ぬのなら一級魔法使いという

戦いの道を選んだ私達であるべきだと。


メトーデは駐留していた

ノルム騎士団の要請が

北部支部に届いた頃には

村はもう滅んでいたと語る。

ゲナウさんに責任はありませんと。

 

ゲナウは村をもう一回り見てくると

教会を後にしようとするが

その瞬間自身の目となっていた

鳥が一つ潰されたことに気づく。

 

潜伏した魔法使いが二人

かなりの手練れである事から

敵だと思うか?とメトーデに

尋ねた次の瞬間

教会の窓を破り何者かが侵入。

 

一気に臨戦態勢になるゲナウだが

侵入してきたのは

彼も知る魔法使いフリーレンだった。

 

どうやらフリーレンは

ゲナウの殺意の籠った魔力を

魔族と勘違いしたらしく・・・。

 

互いに誤解だと分かり

彼らと合流したフリーレン達。

 

どうやら村にいた魔族は

二人が倒したとのことだが

ゲナウには一つ腑に落ちない点があり

村に駐留していた

ノルム騎士団の遺体の前で

フリーレン達に説明する。

 

フリーレンはその隊の隊長を見て

シュタルクより遥かに強いと

驚きながらもその死因について

調べようとしたところ

メトーデは語る。

 

検死魔法の結果

彼らの死因は剣による斬撃で

全員即死だと。

 

ゲナウは村にいた魔族達は

彼らの足元にも及ばない

雑魚ばかりだったと語る。

 

恐らく村を襲った魔族は

まだ生きており

お前達がここに来たのは

無駄足ではないと。

 

それを聞いたフリーレンは

それじゃあ手伝えることは

まだありそうだと言い

一緒に魔族に人類の恐ろしさを

教えてあげようと

笑みを浮かべるのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

てっきりフリーレン視点で

始まるかと思った今回ですが

まさかのゲナウ再登場とは

正直驚きました。

 

一級魔法使い試験で

試験官だった彼ですが

こんなにも早く再登場するとは

流石に予想外でしたね。

 

私的にはゲナウよりも

ゼンゼのほうが印象強かったので

そちらが先だとばかり。

 

というより再登場が

あるかどうかすらも

怪しいと思ってましたので・・・。

 

ともあれそんなゲナウが

メインの回でしたが魔族との戦いは

どうにもすっきりしないなと。

 

ゲナウも言ってましたが

頼むから少しは本当の事を

言ってくれって感じです。

 

なまじ話ができて意志疎通が

可能だと思ってしまうから

こういう感じで

後味悪いんだろうなと。

 

それはそうとシュタルクが

作中で言ってましたが

なぜ魔族に殺された遺体が

残っているんですかね?

 

人間を食べ物と見ている以上

死体が残っていると言うのは

違和感しかないなと。

 

理由なくそうしたならばともかく

そうじゃないなら

何か考えがあっての事だと思いますし。

 

ともあれ同じく試験を受けた

メトーデも再登場したようですし

試験で知り合った二人と

魔族退治ということになりそうですね。

 

どちらも一級魔法使いですので

戦力としては申し分ないですが

気になるのはノルム騎士団の死因が

剣による斬撃であること。

 

単純に魔法対魔法ならば

フリーレンが勝つでしょうけど

そうじゃないなら

キーになるのは唯一の戦士である

シュタルクになるかも?

 

第70話へ

第72話へ

-葬送のフリーレン, 雑誌掲載最新話
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局