葬送のフリーレン 雑誌掲載最新話

葬送のフリーレン 最新 第72話 ネタバレ&感想 魔族の襲撃

2021年11月10日発売の

週刊少年サンデー 2021年50号に

掲載されている

葬送のフリーレン 第72話

ネタバレ&感想になります。

 

第72話 将軍

内容ネタバレ

 

フリーレン達は村を襲った

魔族の性質を検死魔法をもとに

解析し話し合っていた。

 

メトーデとシュタルクは

騎士の傷の状態から

魔族の戦い方を考察。

 

フリーレンとフェルンは

地図を見ながら

魔族の潜伏場所について

考えていた。


粗方の方針が決まり

フリーレンはその前に夕食だと

あの固いパンを取り出す。

 

流通網が回復していない以上

これしか食べるものは無く

もそもそと食べることに。

 

メトーデは教会にいる

ゲナウにパンを届けようとするが

フリーレンから敵の分析結果を

教えて欲しいと言われ

シュタルクが代わりに教会へ。

 

そしてメトーデに敵について

わかったことの説明を受けるが

どうやら相手は二刀流ではなく

四刀流とのことで・・・。

 

教会の扉に何かしていたゲナウに

シュタルクはパンを渡す。

 

何をやっていたんだ?と聞かれ

ゲナウは魔族の襲撃で壊れた

教会の結界をより強力な物に

張り替えていたと語る。

中に村人の死体もあるしなと。

 

シュタルクはなんで死体を

そのままにしているんだ?

埋葬するなら手伝うと申し出る。

 

それを聞きゲナウは

北部高原出身者でない奴には

わからないかと

北部高原の集落について語る。

 

基本的に北部高原の集落には

墓地はなくあるとしても

堅牢な城塞都市の片隅か

結界に守られた御貴族様の墓位だと。

 

あとはすべて魔物の少ない

北部高原南端の共同墓地に

埋葬される。

 

わざわざ死体をノルム騎士団の

護衛を付けて運び出すのだと。

 

それは何故か。

下手に墓を造ると

腐臭に釣られ魔物が集まり

そこには骨も残らない。

 

ノルム商会の連中は

随分前から死体を燃やすように

主張している。

 

実に商人らしい合理的な考え方で

私も賛成だが聖職者連中が

黙っていない。

 

奴らの気持ちも痛いほどわかる。

苦しんで死んだ人間を

火に焼べるなんざ

正気の沙汰じゃない。

 

でもいつかはそうするべきだ。

どうせこのままじゃ

誰も故郷の地で眠れないと。


その頃フリーレン達は

相変わらずパンを食べているとは

思えない音を立てながら

互いにこんなところにいる

理由について話していた。

 

フリーレン達は山一つ向こうで

野営していた際に討伐要請の

書面が届いたとのことだった。

 

そしてメトーデはゼーリエの命令で

ゲナウと二人組で北部高原の

魔族の討伐任務に当たっていると。

 

フリーレンは一級魔法使いって

そんなことまでするんだと

嫌そうな顔をしていたが

メトーデは違った。

 

ゼーリエを小さくて可愛いと

思っているようで

寧ろもっとお役に立ちたいと

考えていた。

 

・・・それにゲナウさん程の

反面教師もいませんしねと。

 

ゼーリエに呼び出された

ゲナウとメトーデ。

 

ゼーリエは二人に告げる。

先日ゲナウの相棒が戦死したことで

しばらくは二人で

北部高原の魔族の討伐任務に

当たってもらうと。

 

ゼーリエの前を辞した

ゲナウはベンチに座り

鳥に餌をやりつつメトーデに尋ねる。

お前は自分がいい奴だと思うか?と。

 

言っている意味が分からないと

答えたメトーデにゲナウは語る。

 

前の相棒はいい奴だった。

私とは正反対で見ず知らずの奴のために

本気になれるような奴だった。

 

いつも笑顔で騒がしく

まるで友人みたいに

馴れ馴れしかったが

子供を庇って死んだ。

 

馬鹿だよな。

お陰で魔族を仕留め損ねた。

 

私だったらそんな馬鹿な真似は

絶対にしない。

今までだって見捨ててきたと。

 

なぜ私なのですか?と

自分と組んだ理由について

尋ねるメトーデにゲナウは語る。

 

ゼーリエ様が決めた事だが

ただ一つ言えるのは

北部高原の任務を任される

一級魔法使いは

三度の飯より戦いが好きな奴だ。

 

なんでユーベルではなく

お前なのかは不思議だが

どちらにせよ戦いが好きな奴なんて

碌な人間じゃない。

お前は私のようにはなるなと。


皆集まった所で

フリーレンから探索する前に

情報共有しておこうと言われ

メトーデが今回の魔族について

分かっていることを説明する。

 

魔力の痕跡から

村を襲った魔族の主力は四体で

どれも村から姿を消している。

 

その内一体は魔族の将軍であり

四本の件で騎士団を仕留めていると。

 

将軍について知らないシュタルクに

フリーレンは改めて説明する。

 

将軍とは熟練の魔族の戦士のことで

強大な魔力で身体能力を強化し

武術を操る。

 

中には求道者のように

何百年もかけて武を極める連中もいて

魔王軍にはアイゼンよる

ずっと強い将軍もいた。

 

おまけに今回の相手は

人の姿とは掛け離れている

可能性が高いと。

 

何が不味いのかわからない

シュタルクに対しフリーレンは

剣四本持った剣術の達人と

戦ったことはあるかと問いかける。

 

当然ながらシュタルクに

そんな経験はなくフリーレンも

私も無いと言った上で

それが騎士団が負けた

原因だと話すのだった。

 

一方その頃魔族の拠点では

魔族の少女がレヴォルテという

四本腕の魔族に獲物が

網にかかったと報告していた。

 

魔法使い4人に戦士が1人、

内3人は一級だと。

 

勝てない数ではないとして

仕掛けますか?と尋ねるが

レヴォルテは嫌な予感がするとして

分散するまで待とうと告げる。

 

魔族の少女は相手が

相当警戒していることから

分散するか疑問に思っていたが

レヴォルテは違った。

 

分散するさ。

そのために大勢殺して

喧嘩を売ったんだと。

 

レヴォルテは語る。

私はこの北部高原で

多くの村落を滅ぼす内に

気が付いたことがある。

 

人間には死体を守るために

村に残る習性があると。

 

その考えが正しかったのか

その頃ゲナウはノルム騎士団が

死体を引き取るまで

自分が村に残ると皆に話していた。

 

魔族の少女はそんな人間の

習性を聞き興味深いと

目を輝かせて何故なのか尋ねる。

 

レヴォルテは語る。

理由なんか必要ない。

ただそうなる、それだけのことだと。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回騎士団の死因が

剣によるものだと言っていたので

魔法使いじゃない可能性は

ある程度予想してましたが

戦士タイプみたいですね。

 

それも魔族の魔力を使って

強化した上での四刀流とか

間違いなく強敵だろうなと。

 

これまでフリーレンが

相手してきた魔族って

基本的に魔法タイプばかりだったので

正直相性が良いか悪いか

なんともいえないところ。

 

まあ、ヒンメル一行として

魔王討伐に向かっていた時には

そういう相手とも何度も

戦ってきたでしょうし

負けるとは思いませんけどね。

 

ともあれ相手が戦士タイプなので

やっぱりシュタルクに

頑張って欲しい所です。

 

話の流れ的に将軍とは

ゲナウが戦うことになりそうなので

実際に戦うかどうかは

何とも言えませんが。

 

どちらにしても

かなり激しい戦いになりそうなので

どっちが相手をしても

面白くなるのは間違いないかと。

 

それとは別に気になるのが

レヴォルテに話しかけてた

あの魔族の少女について。

 

何やらレヴォルテに従って

動いているみたいですが

ああいうタイプって

なんていうか裏がありそうというか

実は実力者だったり?

 

なんにしても次回は

本格的に戦うことになりそうですし

どんな戦いになるのか楽しみです。

 

第71話へ

第73話へ

-葬送のフリーレン, 雑誌掲載最新話
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局