葬送のフリーレン 雑誌掲載最新話

葬送のフリーレン 最新 第30話 ネタバレ&感想 花言葉は久遠の愛情

2020年12月9日発売の

週刊少年サンデー 2021年2・3合併号に

掲載されている

葬送のフリーレン 第30話

ネタバレ&感想になります。

 

第30話 鏡蓮華

内容ネタバレ

 

勇者ヒンメルの死から29年後。

北側諸国バンデ森林。

 

フリーレン一行は

旅の途中で商人と知り合い

馬車に乗せてもらっていた。

 

この商人はこの先にある村で

代々装飾品店を営んでいるらしく

話はフェルンがしている

新しいブレスレットの話に。

 

その意匠と同じデザインの指輪を

前にヒンメルから貰ったようで

多分お揃いだとバッグを

ひっくり返していた。

 

どこにやったかなと探している内に

ようやく見つけて笑みを浮かべるが

突然馬車が大きく揺れ

気づくと鳥型の魔物によって

馬車諸共空の上に!?


油断していたことを謝るフリーレンだが

とりあえず現状について

色々話し合うことに。

 

シュタルクから魔物は倒すとして

あとは飛行魔法で

なんとかならないのか?と言われ

フリーレンは空飛ぶ馬車って

見たことあるかと問いかける。

 

その上で意外かもしれないが

私達人類が空を飛べるようになってから

まだ40年も経っていない。

 

それまで空は魔族と魔物の

独壇場であり

人類が使っている魔法は

魔族の魔法術式を

そのまま転用したものであると。

 

分かり易く言えば

原理が分からないまま

使っているから応用が出来ず

人より大きなものは僅かな時間しか

飛ばせないとのことだった。

 

結局のところ脱出するしか無く

フリーレンは商人を

フェルンにザインを頼み

脱出することに。

 

そして残ったシュタルクだが

フリーレンは真顔で飛び降りてと。

 

どうやらフリーレンは本気で

大丈夫だと考えているらしく

それは師匠であるアイゼンが

自由落下程度ならどんな高さでも

無傷だったことが理由だった。

 

その後も色々話し合っていたが

ザインからどちらにせよ早くした方が

いいんじゃないかとの声が。

 

どうやらこの魔物は

獲物を地面に叩きつけて

狩りをするタイプの

魔物だったようで・・・。


フリーレンも魔物を確認して

同じように思ったようで

すぐさま魔物を魔法で吹き飛ばしていた。

 

いきなりのフリーレンの行動に

シュタルクがいきなり落とすなよ!と

悲鳴を上げるが

なんとか魔法が成功したのか

無事地上に降りることに成功する。

 

しかし馬車は修理が必要らしく

しばらく馬車の修理のため

この場所にとどまることに。

 

フリーレンがあれおかしいな?と

馬車の中で探し物をしていた一方

フェルン達は修理の手伝いをしながら

最近温かくなってきたと話していた。

 

そろそろ衣替えかと言うフェルンに

ザインはブレスレットについて尋ねる。

 

ブレスレットはシュタルクからの

誕生日プレゼントとのことで

シュタルクは選ぶのに三時間かかったと

その時の事を語っていた。

 

顔色を窺いながらの三時間は

相当にきつかったようで

ザインも同情していたが

でも気に入ってくれたから

良かったよと笑みを浮かべていた。

 

そんなシュタルクにザインは

お前はもっとヘタレかと思っていたと

肩を叩きながら声をかける。

 

あの意匠は鏡蓮華。

花言葉は久遠の愛情、

恋人に贈る物だと。

 

それを聞きシュタルクは

焦った様子で知らなかったんだ

俺が花言葉なんて

知ってると思うか!?と弁解。

 

フェルンもそうですよね

馬鹿ですもんねと

辛辣な言葉を返していた。

 

買い直そうか?と言うシュタルクだが

フェルンからはこれはシュタルク様が

一生懸命選んで私がくれた物です。

二度とそんなこと言わないでと

言われてしまうのだった。


その後、フリーレン一行は

馬車を修理したり食糧を確保したり

する生活を送っていた。

 

馬車の修理も終わり

明日の早朝に出発することになり

フェルンはフリーレンに

毎晩抜け出して何を探しているのか

尋ねていた。

 

フリーレンによるとヒンメルから貰った

指輪を探しているとのことで

フェルンも手伝いを申し出るが

フリーレンはそれを断り

今夜見つからなかったら諦めると告げる。

 

失くし物には慣れている。

ヒンメルから貰った物は

あれだけじゃないと。

 

しかしフェルンは

それでもきっと大事な物だと言い

皆で一緒に探しましょうと

皆の元へ。

 

そしてその事を伝えた所

商人から言って下されば

良かったのにとの声が。

 

どうやら商人の村でも

昔から装飾品を失くす方が

それなりにいたらしく

”失くした装飾品を探す魔法”

今回の報酬として渡すつもりだった

魔法の一つを渡されるのだった。

 

フリーレンが上空から

早速受け取った魔法を使うと

森のある箇所に光が・・・。

 

ある時、フリーレンはヒンメルに

今回の討伐依頼で頑張ってくれたから

好きな物を選んでくれと言われ

アクセサリーを選ぶことに。

 

魔法店のほうがうれしいと口にしつつ

さっさと選んだアクセサリーを見た

ヒンメルはどこか困ったような

表情を浮かべていた。

 

そして買い物を終えたヒンメルは

フリーレンにまるでプロポーズを

するかのように手に指輪を・・・。

 

魔法で無事に探し出した指輪が

フリーレンの手の中にあった。

 

フェルンから諦めなくて

良かったですねと言われ

そうかもねと口元には笑みが。

 

フリーレンがなんでフェルンが

鏡蓮華のブレスレットしてるの?と

尋ねたところ返ってきたのは

シュタルク様が馬鹿だからですという

辛辣な言葉だった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

今回はいきなり鳥の魔物に襲われ

大ピンチの展開から始まりましたが

なんていうかにやにやする回でしたね。

 

正直前回の誕生日プレゼントの話が

繋がるとは思ってませんでしたが

なんとも甘酸っぱい感じ。

 

最終的にフェルンとシュタルクが

どうなるのかはわかりませんが

こういうのって見ているだけで

青春してるなと心が温かくなります。

 

性格的にも似合いだと思いますし

そうなったらいいなと。

 

どちらにしても外野としては

温かく見守るのが一番でしょうね。

 

それにしてもヒンメルと

フリーレンの関係って

一体どうなんでしょうね?

 

なんとなくヒンメルは

フリーレンに対して

好意を持っている気はしますが

やっぱり種族からの寿命の違いに

諦めたパターン?

 

普通に考えればというか

勇者あるあるとして

魔王を倒したら王女と・・・

なんていうのがテンプレ。

 

そうじゃなくても奥さんを迎えて

子供の一人や二人いても

おかしくないところですが

今のところそんな描写もなく。

 

というよりハイターもそうですが

アイゼンもそういう相手

いなかったんですかね?

 

ハイターは神官なので

そういう事もあり得そうですが

アイゼンはどうなんでしょうか?

 

確か小屋にある墓は

家族だとは言ってましたが

妻とはいってませんでしたし。

 

色々と気になる所ではありますが

その内そういった情報も

出てくるのかも。

 

この作品は基本

戦いがメインではないので

こういった話も

色々描かれることになりそう。

 

戦いや色恋沙汰も含めて

これから先どんな展開になるのか

楽しみです。

 

第29話へ

第31話へ

-葬送のフリーレン, 雑誌掲載最新話
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局