雑誌掲載最新話 君は008

君は008 最新 第188話 ネタバレ&感想 首領が望む未来

2022年1月26日発売の

週刊少年サンデー 2022年9号に

掲載されている

君は008 第188話

ネタバレ&感想になります。

 

第188話 ドグラ浪漫談

内容ネタバレ

 

首領との謁見を終えたアスヤは

改めて本部基地を探索していた。

 

南極の氷の下にこれほどの基地を

造り上げるというテクノロジーに

感嘆していたところ

何故か基地にポツンと

自動販売機があることに気づく。

 

気になって近づいたアスヤは

それが自分の思った通りの

ものであることを知り

酔狂だ零しつつ思い出す。

 

中野での生活の事、

そして大いに笑わせてもらった

エイトの事を。

 

そんな事を思い出し

笑みを浮かべていたアスヤ。

 

自販機が無料であることから

そこはリアルに再現しなきゃと

零しながらボタンを押した瞬間

何故か成程と声をかけてきたのは

先程謁見した首領だった。

 

なぜ首領がこんな一般エリアにと

思いつつも慌てて跪くアスヤだが

首領は全く気にしていないようで・・・。


何故かアスヤは飲み物を片手に

首領の隣に座り

飲み物を飲むことに。

 

気まずい状況の中

アスヤはチラっと首領を見て思う。

 

首領の顔は視覚遮断ライトのせいで

明るいにも関わらず

顔が暗くて確認できない。

 

護衛も見当たらないことから

周りの忠誠心に自信があるのか

それとも強さに自信があるのか・・・。

 

そんな事をつらつらと考えていた

アスヤだが首領は

そんな彼を気に入ったようで

共に基地内を歩くことに。

 

首領自らの案内と説明を受け

アスヤは驚きつつも

はっきりと受け答えしていた。

 

どうやらそんなところも

首領にとって好ましかったようで

さらに気に入られてしまい

ある区画へと案内される。

 

そこで作られていたのは

現在旧人類の新技術待ちで

完成度は4%程ではあるが

火星までいける設計だという

巨大な宇宙船だった。

 

あまりにも高い技術力を

目の当たりにし

驚愕を隠せないアスヤ。

 

そんな中、首領は突然

なんかここあついよね~と

被っていたマスクを脱ぎだす。

 

あっけなくマスクをとったことに

誰も見た事のない首領の素顔が!?

とそちらへと目を向けるが

そこには年齢的な違いはあるが

アスヤと瓜二つの素顔が!?

 

驚いくアスヤに首領は告げる。

なんだ、知らなかったの?

君、ボクのクローンだよと。

 

当然遺伝子操作は

加えてあるけどね・・・。

 

まあ、数え方にも色々あるけど

チンパンジーとヒトの

遺伝子は90%以上一致する・・・。

 

それにバナナとですら

50%同じと言われてる。

 

だから、少しの遺伝子改良を加えた上に

違う経験をして育ったキミとボクは

もう別人さと。


思わぬ事実にふらつくアスヤだが

首領は運動の時間だと言い出し

その後をついていくことに。

 

首領が向かった先には

"Danger Room"とあり

それ程広くはないが

周りを壁に囲まれていた。

 

首領が上半身を露わにし

運動の準備を整える中

ガコンという音と共に

二つの扉が開く。

 

アスヤはすぐさま

獣の臭いがすることに気づくが

扉から出て来た獣を見て驚愕する。

 

それはサーベルタイガーと

アロサウルスという

すでに絶滅したはずの生物だった。

 

襲い掛かるサーベルタイガーと

戦いながら首領は語る。

 

戦争の時代、

ボクは一人考えたんだ・・・。

 

”人類の自然進化はすでに終わった”

んじゃないかって・・・。

 

だから、人は自らの手で

進化する必要があるんじゃないかと。

 

そしてアスヤへと襲い掛かろうとする

アロサウルスへと手を向け

そう、”人為進化”であると。

 

その瞬間アロサウルスが

一瞬動きを止めるのを見て

アスヤはそれがガジェットではなく

生身の能力であることに気づく。

 

首領はサーベルタイガーの首を

捻りながら語る。

 

そして自分の遺伝子に

おのずから改良をほどこす過程で

色々なものを見て見たいから

老化機能を止めたんだと。

 

その上でアスヤに問いかける。

キミは未来と過去

どっちが見たい派?

 

その答えを聞くことなく

ボクは断然未来派だと言い

笑みを浮かべながら語る。

 

だって、まだ発明されていない

技術やこれから花開く文化を

みてみたいじゃないかと。

 

そしてそれらを旧人類に

生み出させる原動力は混沌!

 

人がもがき・・・這い出したく

なるような混沌によって

発明は生まれるんだ!

 

未来は時間じゃない!

締めあげればいくらでも

早く来るのさ!と

アロサウルスの首を締めるのだった。

 

首領の異様すぎる力を

垣間見たアスヤは

背筋がゾっとしていた。

 

そして二頭を屠った首領は

いい汗かいたとお付きの者達に

世話させながら告げる。

 

ED209号、早くボクに

未来を見せてくれ。

待ちくたびれちゃったよと。

 

その言葉にアスヤは御意!と

その場に跪くのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回の予告通り

アスヤと首領のフリートーク?

になった回でしたが

なんとも気まずいだろうなと(苦笑)

 

ただでさえ自分の所属している

組織のトップであり

何か不手際があったら

いつでも自分を処分できる相手に

そう気楽にはできないと思いますし。

 

もし自分がその立場にあったら

胃を痛めて倒れるだろうなと(笑)

 

それにしても今回は

首領の描く未来というか

望みが語られましたが

なんとも壮大でしたね。

 

一般人からしてみれば

迷惑だろうなとは思いますが

やっていることは正しいと言うか

間違っていない気がします。

 

もちろんその手法自体は

間違っていると思いますが

ヒトに進化を促すには

それくらいしなければいけないわけで

ある意味仕方ないのかも。

 

まあ、それも首領個人の望み

というだけですので

なんとも言えないところではありますが。

 

なんにせよ首領が何の目的で

世界で暗躍しているのかが

分かっただけも良かったのかも。

 

欄外のメッセージに在りましたが

遺伝子弄って人追い込んで

早く来い来い明るい未来!とは

よく表していると思います。

 

よく言えばロマンですが

一般人には・・・という

感じでしょうかね。

 

気になる次回についてですが

またしても予告に

気になるメッセージが!

 

それによるとアスヤに

日本攻撃任務がくだるとのこと。

 

なのでもしかしたら

エイトとの再会もあり得るかも。

 

第187話へ

第189話へ

-雑誌掲載最新話, 君は008
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局