雑誌掲載最新話 君は008

君は008 最新 第211話 ネタバレ&感想 名乗らんの戻る場所

2022年7月13日発売の

週刊少年サンデー 2022年33号に

掲載されている

君は008 第211話

ネタバレ&感想になります。

 

第211話 おかえり名乗らん

内容ネタバレ

 

上空5000mでの戦いは終わり

墜落の危機にあった飛行船だが

なんとか地上に不時着するも

機体は限界を迎え炎上中だった。

 

そうした中、エイト達は

アスヤやアララギの助けもあり

無事脱出することに成功。

 

そして爆発する飛行船を見て

自分達は助かったのだと

安堵するのだった。


野原は改めてアスヤに

助かったと声をかける。

 

キミが船のシステムを

解説してくれなければ

全滅だったと。

 

その声にアスヤが答えず

ただ黙っているのを見て

あやめは問いかける。

 

上月大河はどうしたの?

応えて欲しいわと。

 

しかしアスヤから返ってきたのは

すまない・・・という言葉であり

エイト達はそれが何を

示しているのか気づいていた。

 

アスヤは抱き上げていたひまりを

そっと地面に降ろすと

ボクの始末を付けてくださいと

アララギに申し出る。

 

しかし次の瞬間そんなアスヤの

マントの端を意識を取り戻した

ひまりが掴み問いかける。

 

名乗らん君・・・

うちら一番だった?と。

 

アスヤがその問いかけに

アルファ3はいつも一番だと返すと

ひまりは嬉しそうに笑みを浮かべ

再び眠りにつくのだった。


マントを掴んでいたひまりの手を

そっと戻したアスヤは呟く。

 

上月にはすまない事をしたと

思っているよリーダー・・・。

 

ボクにもう少しだけ

勇気があれば・・・と。

 

後悔するアスヤにエイトは

なんて声をかけたらいいか

わからずにいたが

そこへ飲み物を手にした

大河が姿を見せる。

 

ジュース買ってきたぞと

何事もなかったかのように

姿を見せた大河に

誰もが驚きを隠せずにいた。

 

まるで部活のノリで

ジュースを配る大河に

アララギは問いかける。

 

上月君・・・名乗らん君と

交戦したのかね?と。

 

しかし大河はすぐさま

ただのケンカだと否定し

アスヤにおかえり名乗らんと

飲み物を渡す。

 

アスヤはありがとうと

それを受け取りながらも

同時にすまないと謝る。

 

やはりボクはドグラ本部へ

戻らなくては・・・!と。

 

もしボクがこのまま消えたら

今回のミッションの責任は

全て部下たちが

背負わされる事になる。

 

彼らを見捨てる訳には

いかないんだ・・・!と。


大河は危険だと考え

思い留まらせようとするが

エイトは告げる。

 

行かせてやろうよ。

ただし、今度は

友達として送り出してやろうと。

 

そんなエイトの言葉に

流石は我が校の生徒だと

笑いながらアララギは告げる。

 

つまりそれは当然ドグラ本部から

色々な情報をこそっと持ち帰る

という事だろう?と。

 

アスヤは戸惑いながらも

アララギにボクにはまだ

戻る場所はあるのですか?と

問いかけるが

アララギは笑顔で答える。

 

戻る?何を言っているのかね?

私がいつ、君を退学にした?

 

入学の時に言ったろう。

「ここは学校だ」

「学べば良い」と!

 

前に言われたことを思い出したのか

ハッとしたアスヤに改めて

アララギは告げる。

 

取り換えのきく部品の

ひとつなどでは決してない!

 

本当に自分の納得いく成果で

埋め合わせをしたまえと。

 

アララギの言葉に頷いたアスヤは

エイト達を一瞬振り返ると

そのままドグラ本部へと向かい

エイトは死ぬなよ!アスヤ!と

その背に声をかけるのだった。

 

一方その頃、中野では

戻ってきたアルファ1の面々が

エイト達が為した事を聞かされ

驚いていた。

 

その中でもデルタ3が

クアドロの一人を倒した事について

アユーシはこれまでにない程

反応していた。

 

そしていつものように

データルームに忍び込んだアユーシは

デルタ3のデータを見ながら呟く。

 

城戸あやめがやったのか・・・

いや、違うな・・・こいつか。

明石エイト。と

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

アララギがアスヤにかけた言葉が

めっちゃ良かった回でしたが

やっぱりアスヤは一先ず

ドグラ本部に戻ることを

決めたようですね。

 

前回の予告からそうなるだろうなとは

ある程度予想していましたが

部下たちのためとは

なんとも悪くない理由だなと。

 

それは戻ることを決めたアスヤが

部下の代わりに責任を取らされる

ということを指していますが

それも覚悟の上なんでしょうね。

 

なんにしてもクアドロの一人が

討たれたという報は

ドグラにとってもかなり

大きい事だと思いますので

全ては首領次第なのかも。

 

出来る事なら何かしらの罰を

受けたとしても無事に

中野に戻ってきてほしいですが・・・。

 

それはそれとして

何やらアユーシの様子が

ちょっとおかしいようですね。

 

クアドロの一人が討たれたことが

彼女にとって大きな意味があったのか

あり得ないと目を見開いてましたし。

 

予告でエイトに(物理)接近・・・♡

とありましたので

アンガストを討ち取ったエイトに

関わってくるのは間違いないかと。

 

なんにしても今回で

東京襲撃に関係するミッションは

一先ず終わった感じですので

次回からどう動くのか楽しみです。

 

第210話へ

第212話へ

-雑誌掲載最新話, 君は008
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局