雑誌掲載最新話 宇宙兄弟

宇宙兄弟 最新 268話 ネタバレ&感想 雨音から気がついたこと

2月18日発売のモーニング12号に連載されている

宇宙兄弟 268話のネタバレ&感想になります。

 
第268話 雨の音

内容ネタバレ

 
月面での生活中、六太は楽しみながら運動が出来る

バーチャルトレッドミルを使いバーチャルの世界へ。

 
隣にいるフィリップがライブ会場を設定してノリノリになっている中

六太が選んだのは子供の時からよく通っていた天体観測所だった。

 
雨が降る中、天体観測所へと辿り着いた六太は

バーチャルの世界にシャロンはいないことを理解していたが

もしかしたら・・・という気持ちで来てしまっていたのだった。

スポンサーリンク

あくる日の週刊六太の放送では予定を変更して

ネットやニュースですでに話題になっている洞窟発見のことを改めて説明していた。

 
そこに映る六太はカルロム洞窟という名前のムが自分の名前から採用されたのだと

ドヤ顔をしながら自分達が今シャロン月面天文台を建設中であることを説明し

この放送を見ているシャロンに語りかけるように

必ず成功させますと告げるのだった。

 
その頃月面では作業が続けられ最初に見失っていたC-2アンテナを

投下地点の1.5Mまでもぐり込んでいたのを発見。

 
それによって全てのアンテナが揃い改めて作業が再開。

アンテナを替えケーブルをつないでいく作業はあと2,3日続きそうだが

その後中心にメインのパソコンを設置出来ればシャロン天文台は完成し・・・。

 
そして食事を取りながらいつも音楽をかけているらしく

今回順番が回って来た六太が選んだのは音楽ではなく

音響である”車内で聞く雨の音”だった。

 
ノリがいいフィリップはイマイチだったが

エディはこの音が気に入ったようで

本当に雨が降っているみたいだと笑顔を見せていた。

 
そんな雨音を聞きながら六太は以前聞き流した

ブギーの回路に水が入ってセンサーがショートしたという言葉を思い出し

もしかしたらあの洞窟水あるんじゃねーか?と疑問に思い・・・!?

 
当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 
土砂降りは論外ですが雨音って結構落ち着きますよね。

まあ、気分がダダ下がりのときは

さらに気分が落ち込んでしまうこともありますが

それでも私的に雨音は嫌いじゃないです。

 
ただぶっちゃけ六太が雨音を好きなのは意外というか

似合わね~とも思いますけどね。

強いて言うならカルロやアンディのほうがらしい気がします。

まあ、当然フィリップは論外ですが(笑)

 
それはそれとしてなんとかアンテナも見つかり

作業も順調なようで何よりですが

何やら六太がまた何かに気づいてしまったようですね。

 
次回にも関わってくるとは思いますが

月に水があるとするならばこれはかなりの大発見になるかと。

 
私自身そういう環境とか水に関して詳しいわけじゃないので

そのすごさが完全には理解できていませんが

ほぼ砂ばかりの月で水が発生?しているならすごい事なのはわかります。

 
これに関しては次回の宇宙兄弟で詳しく説明してくれるとは思いますが

洞窟に続いて水まで発見したとなったらまさしく歴史に残りそうですよね。

 
今もカルロム洞窟の”ム”で歴史に残ってはいますが

そこで水が見つかったらそれどころじゃないくらいの大発見になるかも!?

 
第267話へ

第269話へ

-雑誌掲載最新話, 宇宙兄弟
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局