雑誌掲載最新話 宇宙兄弟

宇宙兄弟 最新 351話 ネタバレ&感想 月との通信

2020年2月27日発売のモーニング 2020年13号に連載されている

宇宙兄弟 351話のネタバレ&感想になります。

 

第351話 同じ恐怖

内容ネタバレ

 

こんなときムっ君ならどう考える・・・?と

ケンジが提案した逆からのルートを試すタイガーチーム。

 

その結果は割と良いところまではいったものの

すんなりとはいかなかった。

 

それでも前に進めたことで

チームの雰囲気も良くなり

シミュレーションを続けたものの

結局一発で通るルートはなく・・・。


改めてこれからについて話し合いが行われることになり

月面にあるマシンを使い何とかできないかと話し合うことに。

 

ケンジらはスティッチに目をつけたものの

速度が出ないようで今回のコンセプトには合わなかった。

 

それでもならばルナモジュールごと動かしてはどうかと提案するも

ルナモジュールは帰還で使う可能性があることから

温存しておかなければならないようで・・・。

 

結論は出ず色々悩みながらも話し合いを終えたケンジと新田だが

答えが出ないまま六太たちとの通信に臨むことに。

 

六太は彼らが参加してくれているとは知らなかったようで

嬉しそうな表情を浮かべていた。

 

そんな六太からルナランダーはどうだと尋ねられた二人は

苦戦していることなど一切顔に出すことなく

順調に行っていると答え最後まで六太たちに

不安を抱かせないように通信を終えるのだった。

 

通信を終え管制室を出た二人は

改めてここに来てよかったと語り合っていた。

 

新田は彼らの顔を見たことであの二人が本当に

月にいるってことを実感できたようで

ケンジも同様だった。

 

さらに”帰れない不安”が常にある中で

あんな場所を行かなければならないのだと思い直し

ルナモジュールは恐ろしすぎて使いたくないと感じていた。

 

その上で僕らも”同じ恐怖”を持ったままで

もっと別の方法を考え出さないといけないのだと

なんとか活路を見出そうと決意するのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回の流れからいって

そう簡単には行かないだろうなと思っていましたが

予想通りといった感じですね。

 

それでも前回のラストの”逆”からというケンジの意見によって

前に進んだことは間違いないかと。

 

なんにしてもタイガーチームの結果次第

ということになりますので

是非とも完璧なルートを見出して欲しいものです。

 

それにしても通信ではありますが

六太とケンジが顔を合わせているのを見るのは

なんとも感慨深いものがありますね。

 

ケンジと新田もシミュレーションが

上手く行っていないことなど

おくびにも出さずにいましたし

本当にあれでこそ仲間だという感じがしました。

 

その上六太たちの現状を改めて理解することも出来たことで

これでシミュレーションもよい方向に行けそうですしね。

 

なんにしても先程言ったように

ケンジや新田たちタイガーチームの成果次第となりますので

あとはそれを待つしかないのかも。

 

とりあえず今回六太たちとの通信が

なにかしらのブレイクスルーに繋がることを願うばかりです。

 

気になる続きについてですが

予告では3/12発売の15号とのこと。

 

第350話へ

第352話へ

-雑誌掲載最新話, 宇宙兄弟
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局