オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 493話 ネタバレ&感想 飛信隊の新戦力 45巻続き

      2016/12/08

10月20日発売の週刊ヤングジャンプ 47号に連載されている

キングダム 493話のネタバレ&感想になります。

 

第493話 再出発

内容ネタバレ

 

弓矢兄弟は突然的を準備し始めると

”中華十弓”の謂れについて語り出す。

 

それは趙、武霊王の時に全土から弓自慢を集めて腕比べをし

その時の上位十人をそう呼んだのが始まりだったのだと。

 

そして優勝した金令は五百歩のところから十射中八射的を射抜いたとされており

弓矢兄弟はちょうどこの距離だと五百歩の場所から的に交互に矢を放つが

集まった隊士のほとんどは余りにも遠すぎて当たったかどうか判別できず・・・。

Sponsord Link

そんなことを昔からやっていたと話す二人は

父蒼源も十射中八射的に当てていたと語るが

魏にはそれ以上の達人がいるようでその名を馬朱離といった。

 

その名は貂も知っていたらしく”神弓”と呼ばれる魏の最強弓兵であり

今はもう前線を退いているものの未だに十弓の上位三人に入るとされ

あとの二人は燕の仙手備と趙の青華雲だと言われていた。

 

遠く離れた的に矢を放ちながら弓矢兄弟の兄は

父は魏の馬朱離と対戦するために山に自分達を置いて戦場へと出ていったが

その後戦死したと聞かされたのだと話すが

何もせずに死んだわけでは無いようで当時を知る岳雷によってその功績が語られることに。

 

岳雷は長い期間ではなかったが蒼源はかなりの功績を残していたようで

中でも中華十弓の一人と言われていた魏の白公との弓対戦で

見事白公の目を射抜くことに成功しあれで蒼源が中華十弓の一人だと全員が認めたのだと語る。

 

それから麃公も蒼源を抜擢し弓騎兵だけで構成された特殊部隊を作らせたが

それが凄まじく強く当時「蒼弓隊」の名を聞くだけで敵が震えあがるほどだったと。

 

しかしある戦場で窮地に陥った隊を助けに行った”蒼弓”だったが

敵の伏兵に遭い破れてしまいそこで蒼源も亡くなってしまったとだと語った岳雷は

自分がそこで救われた隊にいたことを明らかにし弓矢兄弟に対し頭を下げるのだった。

 

それを聞かされた弓矢兄弟はすぐに頭を上げさせると

いい話を聞かせてもらったと嬉しそうに話し弓を射る。

 

そして二人がどうか自分達を飛信隊にいれて欲しいと頭を下げると

貂は二人に戦場に出るまでにしっかり体力をつけてもらうと告げ

特例での入隊を許可するのだった。

 

特例合格に喜ぶ弓矢兄弟をよそに信と貂は遠くの的の様子が見えていたようで

放った矢、全てが的に当たっているのを確認し

信はとんでもねえ新人が入って来たなと笑みをこぼしていた。

 

その後体力試験も終了し貂は定員が三百のところ二百も残ればいいと思っていたが

実際には三百五十人が突破し、さらに羌瘣が受け持った別の会場では

羌瘣目当てに頑張ったらしく定員を百人ほど超えてしまっていた。

 

もう一つの大会場では楚水が予定通りきっちり四百人を選抜したものの

合わせて百五十人溢れてしまったことで

仕方なくそこからさらに追加選抜試験が行われることに。

 

そしてようやく入隊した千人を前にした信は

よくあんなに苦しい選抜を残ったな、大したものだと声をかける。

 

信に褒められ喜ぶ一同だったが信の口からここから実践の日まで

試験が遊びに感じる程過酷な練兵を受けてもらうと言われ

あまりのことに呆然としてしまっていた。

 

しかし次の瞬間、信からここまで来たらさっさとやり遂げて一人前の兵士になれと言われ

更にお前ら全員もう大武功めがけて走り続ける飛信隊なんだからよと言われたことで

ようやく飛信隊に入隊したのを実感したのか気合十分にその声に応えるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

やっぱりというかなんていうか弓矢兄弟が入隊するのは

もう間違いないだろうと予想してはいましたが

あれ程までの技術を見せつけるとは予想以上でしたね。

 

あの二人の言う通りなら兄弟どちらも的を外していないことから

どちらも神弓に匹敵する腕の持ち主であろうことは間違いなく

二人揃って中華十弓に名を連ねるのもそう遠くないかなと。

 

とりあえず今のところ明らかになった現段階での中華十弓は

魏の馬朱離と姜燕(廉頗配下)、燕の仙手備、趙の青華雲、楚の白麗くらいですかね?

 

単純に考えてあと五人ほどいるわけですが

中華十弓という称号はかなり有名みたいですので

そのうち戦場で相見えることになるんだろうなと。

 

それにしてもこの中華十弓と呼ばれるにあたっての選定基準ですが

蒼源のように戦場で十弓に勝つしかないんですかね?

 

その勝利が相手の命を絶つことだったらわからなくもないんですが

もし技量が互角でどちらも生き残っていた場合どうなるんだろうなと。

まあ、いずれその辺りも弓矢兄弟次第で分かってくるのかも。

 

それはそれとしてかなり体力試験だけだったとはいえかなり精強な兵たちが

新たに飛信隊に加入したわけですが

予告である通り咸陽でなにか動きがあったみたいですね。

 

それが秦にとって良いものか悪いものかはわかりませんが

事態が動き出すのは間違いなさそうですので

次回からの展開がどうなるのか楽しみですね!

 

第492話へ

第494話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。