オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

君は008 最新 第26話 ネタバレ&感想 諜報員としてのあやめとエイトの覚悟

      2018/09/05

2018年8月29日発売の週刊少年サンデー 2018年40号に連載されている

君は008 第26話のネタバレ&感想になります。

 

第26話 実地研修

内容ネタバレ

 

いきなり実戦投入されると聞かされたエイトと英雄たちは

あまりの事態に慌てふためくが

アララギは要はアイスマンがミッションをこなす間見学するだけだとして

絶対安全であり実地研修と言い直した方がいいと言い残し通信を切っていた。

 

そのことを聞かされた二人は絶対安全って本当なのかと

アイスマンに詰め寄るがアイスマンは目をそらし返事をすることなく

現場へ急行すると告げる。

 

そんな彼の後を追うあやめもまた指令は下ったと語り

まるでスイッチが切り替わったかのように

普段の様子からうってかわって諜報員として顔を見せるのだった・・・。

Sponsord Link

がらりと変わったあやめの様子に固唾を呑みながらも

アイスマンに先導されるままに外へ出たエイトたちは

そこに用意してあった車へ。

 

どうやらこの車にはすでに自動運転が導入されていたようで

驚きながらもアイスマンから今回の任務に就いて説明を受けることに。

 

その任務とは違法薬物の精製工場に潜入し後に制圧。

これをSATが突入する前に完了することであり

犯行グループの中にいる重要情報を持った者達を先に無力化し

彼らに生きたまま引き渡すのが目的だった。

 

しかしアイスマンは今回は不確定要素があるとして

このミッション、正直103号あやめ以外のメンバー、

つまり君ら2人が死亡する確率が少々高いと言い出し

私としても引き受けたばかりの生徒2人を死亡させては立つ瀬がないとして

いっそ降りるかと問いかける。

 

どちらかというと自分の立場の心配かと思いつつエイトは

ちらっとまるで動じず隣に座るあやめを見て

やっぱりこの子はすでに父さんと同じ諜報員の世界にいるのだと理解する。

 

その上で少しでも早く自分の諜報員の世界に踏み込むんだと決意し

この任務への参加を決めるのだった。

 

英雄もそれに同意する中、アイスマンは厄介だとため息を吐き

あやめはエイトに自分の身は自分で守るようにと告げ

これは授業ではないのだからと厳しい言葉をかけられたエイトは

緊張した面持ちでありながらも当然だと返すのだった。

 

そうこうしている内に突然アイスマンが車に積んであった機械を動かし始める中

エイトは実地研修における心構えについて尋ねていた。

 

謎の機械が顔を覆う中、アイスマンは

目立つな、喋るな、そして何より何もするなと告げるが

その一瞬の間にその顔は現地の売人の顔へと変装を終えていたようで

明らかに顔が変わったアイスマンにエイトたちが驚く中

車は現地へと向かうのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

ぶっちゃけて足手纏いの何者でもない

エイトと英雄ですがどう考えても何かやらかしそうですよね・・・。

 

特にエイトは自分の信念に従って動いてしまいますので

それが原因で何か起こしそうな気がします。

 

それに諜報員の顔を見せたあやめですが

なんだかんだでエイトがピンチになった時には

助けてしまいそうな気もしますし本当に先が思いやられるなと。

 

早く父親と同じ世界に飛び込みたいというエイトの気持ちはわからないでもないんですが

ここにおける正答とは自らの能力を理解して降りるというのが

正解だと思いますしね。

 

まあ、もう任務に参加することを決めてしまった以上

あとは無事にこのミッションをこなしてくれることを願うばかりです。

 

そして出来る事ならこのミッションが

エイトの成長のための良い経験になってくれればいいなと。

 

そう言えばこの作者様のテンプレとして

敵方にライバルやら達人が出てくることが予想されますが

今回の任務でそういう強敵が出てくるのかも気になるところですね。

 

第25話へ

第27話へ

 - 雑誌掲載最新話, 君は008 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください