たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。

オススメ漫画ネタバレ情報局

雑誌掲載最新話 進撃の巨人

進撃の巨人 最新 117話 ネタバレ&感想 マーレ軍強襲!

投稿日:

2019年5月9日発売の別冊少年マガジン 2019年6月号に連載されている

進撃の巨人 117話のネタバレ&感想になります。

 

第117話 断罪

内容ネタバレ

 

牢にいるアルミン達が突如起こった大きな音に

巨人たちが動き出したことに気づく一方

飛行船から続々とマーレの兵士達が降りてきていた。

 

そしてエレンと顎の巨人(ポルコ)との戦いが激しさを増す中

ピークも巨人へと変身しガビと共に逃走。

 

エレンは空から次々と降りてくるマーレ兵士へと目を向け

マーレが捨て身の奇襲をかけてきたことに

奴らの持つ情報だけじゃこんな危険を冒す判断は

出来ないはずだと訝しんでいた。

 

そんなエレンにイェレナはこのまま戦っては分が悪いと判断し

屋内に身を隠して戦槌の力で地下から逃げるべきだと声をかけるも

エレンはその声に取り合うことなく

マーレにこんな馬鹿な真似させたのはお前なんだろうと

ライナーのことを待ち構えていた。


飛行船から降りてきたライナーもまた鎧の巨人へと変身し

エレンとの戦いが始まろうとしていた一方

ピークの助けを得て逃走したガビはマガトとの再会を果たしていた。

 

ガビはファルコの現状について報告し

さらにエレンとジークが

「こうして始祖と王家の血を引く巨人が揃った」

と話していたことを伝えるのだった。

 

その言葉を聞いたピークはその発動条件にジークが関係しているなら

エレンとジークを接触するべきではないと告げる。

 

そしてマガトもエレンとライナーが戦う様子を見ながら

我々は決して始祖を殺し問題を先送りにはせず

今ここで始祖を喰らい100年の遺恨に終止符を打つのだと宣言するのだった。

 

巨人同士のの戦いは激しさを増し

エレンはライナーを圧倒していたものの

そこへ顎の巨人が参戦したことでその優位は失い

戦槌の力を使用せざるを得ない状況に追い込まれてしまっていた。

 

それでも戦槌の力を使い二体の巨人の動きを止めることに成功し

二体へ雷槍打ち込む隙を作ったことで

団員達もまた反撃に出ようとした直後

車力の巨人の一撃がエレンに襲い掛かりその頭部を貫いていた。

 

頭部を貫かれたダメージにより動きが鈍くなったエレンは

なおも戦槌の力を使い捕食を防ぐものの

それは全てエレンに戦槌の力を使わせるためのものだった。

 

マガトは戦槌の力は強力だがすぐに力を使い果たすことを理解しており

この奇襲作戦はヴィリー・タイバーの犠牲の元にあるのだと語る。

 

そして彼が命を賭して伝えたように

我々には真の英雄へーロスが必要なのだと。

 

抵抗を続けるエレンにライナーはもういい、お前の負けだと

更なる攻撃を加えていた。

 

これ以上誰も苦しめなくていい、これ以上苦しまなくていい、

いずれ俺達は数年で死ぬ、どれだけ足掻いたところで

みんな死ぬのだと。

 

そしてこれ以上生きて何がある?

俺が終わらせてやると押さえつけ脊髄を喰らわんとしていた。

 

しかし動けないと思われた突如エレンが咆哮を上げ

喰らいつこうとした鎧の巨人の顎を掴んだ瞬間

鎧の巨人は放たれた礫によって吹き飛ばされていた。

 

それは壁の上からの攻撃だったようで

そこには獣の巨人へと変身したジークの姿が。

 

そしてジークは何とか約束の場所に間に合ったかと呟き

よく一人で耐えたなエレン、あとはお兄ちゃんに任せろと告げるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

戦いが激しさを増してかなりアツイ戦いが

繰り広げられているわけですが

なんていうかやっぱりマーレは好きになれない。

 

ポルコが俺の街を蹂躙した恨みとばかりに攻撃してましたが

そもそも先にライナー達を送り込んで

平和な生活を破壊したのはそっちじゃない?と言いたい。

 

いずれ何らかの形で壁内の平和も終わったかもしれませんが

その引き金を引いたお前たちが言っていいセリフじゃないだろうと。

 

まあ、マーレとしても色々あるんでしょうけど

少なくとも壁内にライナー達を送り込まなければ

マーレ襲撃もなかったのは間違いないですしね。

 

というか今になってマガトがいい人っぽく描かれていますが

お前らエルディア人をあれだけ迫害しておいて

今になってそれは流石に都合よすぎないかと。

 

とまあ、色々とマーレに言いたいこともあるんですが

一体この漫画どういう結末になるんでしょうね?

 

少なくともエルディア人という巨人に変身する一族を

世界が認めることはまずないと思いますし

落としどころが思い浮かばない。

 

エレンが本当にジークの計画に乗っているのかどうかも

何とも言えませんが世界全体として見るならば

エルディア人の根絶が望ましいわけで・・・。

 

アルミンは対話でなんとか出来ないかと考えているみたいですが

それにしたって上手くいくとは思えないですしね。

 

なんにしてもエレンのピンチにジークが参戦したことで

更に戦いが激しくなるのは間違いないかなと。

 

とりあえずリヴァイやミカサといった超人、

もしくは超巨大な巨人になるアルミンが参戦しないのであれば

少なくとも五分には戻せるんじゃないかなと。

 

というよりジークがエレンに接触すれば

始祖の巨人の力が使えるはずですし

その点も気になるところですね。

 

ぶっちゃけエレンがジークを捕食するという可能性も

あるんじゃないかと思いますので

これからどうなるのか楽しみです。

 

第116話へ

第118話へ

-雑誌掲載最新話, 進撃の巨人
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2019 All Rights Reserved.