雑誌掲載最新話 アルスラーン戦記

アルスラーン戦記 漫画 80話 ネタバレ&感想 イノケンティスご乱心!?

2020年2月7日発売の別冊少年マガジン 2020年3月号に連載されている

アルスラーン戦記 80話のネタバレ&感想になります。

 

第80章 蛇王の蠢き

内容ネタバレ

 

崩れ落ちた地の底で

ルクナバードを見つけたルシタニア兵。

 

しかしその剣は兵士には抜けなかったようで

杖代わりにしてどうにか上に行けないかと辺りを彷徨っていた。

 

そうした中、どこかから風のようなものを感じた兵士は

剣の鞘で壁を削り中へと足を踏み入れる。

 

その場所は明らかに人工のものであり

ならば出入口があるはずだと風を辿り奥へと進むが

ふと風ではなくこれは何かの息であることに気づく。

 

気味悪さを覚えた兵士は教義を諳んじながら

恐怖をこらえ先に進むが

その背後に何か恐ろしいものがいるのを感じていた。

 

恐ろしい何者かの気配はまもなく離れたものの

その気配に晒された兵士は限界を迎えたのか

剣を抱きながら発狂し倒れるのだった・・・。


同じように地鳴りに巻き込まれたルシタニア兵が

ここで起こったことをギスカールに報告するため

エクバターナに戻ろうと動き出した頃

ギスカールは未だアンドラゴラスに囚われていた。

 

雰囲気が重い中、ギスカールは

ヒルメスの事を口にするが

アンドラゴラスは全く取り合うこと無かった。

 

反対にアンドラゴラスから今のパルス軍について問われ

拷問を避けたいギスカールは素直に話すが

アンドラゴラスが何故か王太子の武勲を喜んでいないことを訝しんでいた。

 

そうした中、再びギスカールを救いに兵士たちが扉の外に

集まったことを察知したアンドラゴラスは・・・。

 

四十名もの兵士たちが斬られ襲撃が失敗したと報告を受けた

ボードワンとモンフェラートは頭を抱えていた。

 

いつ寝ているか分からないアンドラゴラスに対して

策を練っていた二人だがそこへ国王陛下が

アンドラゴラスと一騎打ちしようとしているとの報告が。

 

あまりの事に呆然としてしまうものの

イノケンティスのもとへ向かうが

そこには何故か上機嫌な様子陛下の姿があった。

 

集まった者達はアンドラゴラスに斬られても誰も困りはしないことから

もうどうにでもしてくれという思いだったが

イノケンティスはそなたらが予よりギスカールを

重んじていることは知っていると語る。

 

だが国王は予であり神から地上の支配を授かったのは予であり

ギスカールは弟とはいえ臣下に過ぎないのだと。

 

その上でギスカールは弟でありながら

兄である予をないがしろにしたと語り

それが今は見よ、無様なことではないかと怪しげな笑みを浮かべていた。

 

豹変したイノケンティスが

甲冑を持てぃ!アンドラゴラスと一騎打ちじゃ!と叫ぶ中

そんな彼を嘲笑うように物陰に魔導士の姿が・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回のラストにルシタニア兵が

ルクナバードを手にした時から予想してましたが

蛇王は既に復活しているみたいですね。

 

まだ完全体?ではなさそうですが

なんとも不穏な感じがしますし

何かしら影響が出るのもまもなくかと。

 

すでにイノケンティスの背後に

魔導士がいるみたいですしね。

 

それにしても魔導士に操られているとはいえ

あのイノケンティスがアンドラゴラスと一騎打ちとは・・・。

 

まあ、何かしらあるんでしょうけど

余程の事がない限りまず無理だとは思いますが

その余程があり得るのが魔導士ですので

一体どうなることやらって感じです。

 

そう言えば今回アルスラーンが全く登場しませんでしたが

次回はアンドラゴラスとイノケンティスのことになるのか

それともトゥラーン軍とアルスラーン軍との話になるのか

一体どっちなのか気になるところです。

 

どちらも面白そうな感じになりそうですし

次回どうなるのか楽しみです。

 

第79話へ

第81話へ

-雑誌掲載最新話, アルスラーン戦記
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局