雑誌連載最新話 曝ク者!ーあばくものー

曝ク者!-あばくもの- 最新 第3話 単独取材からの大ピンチ!?

2019年3月19日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年16号で連載中の

曝ク者! 第3話のネタバレ&感想になります。

 

第3話 ここで引き下がったら多分もっと

内容ネタバレ

 

自分達の記事が差し替えになったあの日から2週間・・・

楓は未だに引きずっていた。

 

綾にもそのことはバレているようで

いい加減切り替えなさいとお叱りを受け

間もなく訪れる会議のためネタ集めに奔走していた。


週刊論州では毎週木曜日に企画会議が行われており

記者1人につきネタ5本の提出が義務づけられている。

 

記事に出来るかどうかは会議の結果次第であり

”何を追っているか”むやみに話せない記者達は

この会議でネタ被りを知ることが多い。

 

あの記事が発売された後

楓はネタ被りについて納得できなかったのか

蘭に直接その事を問いただしていた。

 

しかし蘭には先を越された方が間抜けだっただけの話だろうと

全く相手にされなかったばかりか

教育係である綾にも”ちゃんと教育しろ”と言われてしまい

私先輩に迷惑かけただけだと悔やんでいた。

 

そうした中、楓の掴んだあるネタについて

編集部からOKが出る。

 

”溝中英也”

00年代関東最大の勢力を誇っていた

半グレ集団”獄亜連”の元3代目。

 

現在は裏社会から完全に足を洗い

”更生タレント”としてお茶の間の人気を集めている。

 

そんな彼が2週間前六本木のバーで

暴力沙汰を起こしていたとの情報を私は掴んでいた。

 

きっかけは知り合いの呟きからであり

その事を綾に知らせると面白いと判断され

会議に出された結果OKが出たとのことだった。


綾は急な用事が入ったらしく

楓はいつまでも先輩に甘えてはいられないとして

一人取材のため六本木のバーへと向かう。

 

事件は5月某日未明

この小さなバーで起こった。

 

若い男数人を連れて来店した溝中は

酔いが回るにつれくだを巻き始めたらしい。

 

騒ぐ溝中に店に居合わせた男性客が

注意したところ暴行を受けたが

結局示談の末にこの件が表沙汰になる事はなかった。

 

バーのマスターに早速話を聞く楓だが

マスターからはそんな事実はないと告げられることに。

 

暴行を受けた男性の写真を見せても認めず

食い下がるがマスターと従業員が

何かに怖がっているのに気づく。

 

店を出た楓は彼らが”報復”を恐れており

情報の出所が限られているために

口を噤んでいるのだと思い至る。

 

知り合いの呟きからも

例の被害者の人が何も聞かないでくれと

言っていることを知らされ

その考えが正しい事を理解させられていた。

 

そんな矢先、関係者らしき男達が

こちらを窺っていることに気づいた楓

急ぎその場を後にしようとするが

その判断は遅かったようで追いかけられることに。

 

考えが甘すぎたと後悔しつつも

捕まったら何をされるかわからず

必死になって逃げる最中

ふと追いかけてくる男達を見て

バーでの一件について知っているのではないかと思いつく。

 

話を聞いたら溝中英也からの

”口封じ”を指示した証拠まで手に入るんじゃないかと。

 

そう考えた楓は足を止めると

自分でもどうかしてると思いながら

大声で男達に週刊論州の瀬良だと叫び

溝口さんの件で取材聞きたいことがあると声をかけていた。

 

楓が大声を出したことで

手荒なことが出来なくなった男は

これ以上嗅ぎまわったら・・・と脅して

その場を後にしようとするが

それでも楓は取材を止めようとはしなかった。

 

そうまでされても変えない姿勢を前にした男達は

楓に恐怖を感じもういいと告げる立ち去ろうとするが

楓はそんな彼らに名刺を渡そうと立ち上がったところで

自身のバッグのヒモに足をとられ

近くのゴミ置き場へと突っ込んでしまい・・・。


綾が用事を済ませ楓の事を心配していた頃

楓はまだゴミ置き場の中から動けずにいた。

 

その周りには動かない楓を見に来た人達が集まっており

救急車を呼ぼうかと話していたが

楓の心中には綾のことや蘭の事など

様々な感情が湧き上がっていた。

 

そんな思いを抱え目に涙をためながら立ち上がった楓は

周りの人たちの心配する声をよそに

バッグから手帳を出し先程の男達の似顔絵を記す。

 

何故だか理由は分からないけど

ここで引き下がったら多分もっと悔しくなる!

絶対逃がさない!と決意しボロボロの恰好のまま

先程の男達の行方を追いかける。

 

そして日が落ちた頃ようやくある店で

男達を見つけあの日何があったのか聞こうとするが

そこには先程の男達以外にも何人かの男達の姿があり

その中には溝口英也の姿も。

 

ようやくその事に気づいた楓だが

店の外にいた男が店の鍵を閉めたことで

退路を断たれてしまい・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

今回は”更生タレント”の話でしたが

なんていうかよくやるなぁ~って感じ。

 

正直タレント関係だったら

自分も出来るかもと思わなくもないですが

あっち関係は流石にちょっと・・・。

 

まあ、楓自身も恐怖を感じているみたいですが

出来ることならそういう業界の人には

一生近づきたくないものです。

 

とりあえず今回の話のモチーフと言うか

元になったのは一時期色々と話題となった

あの人達でしょうけど

もし自分がと考えたら背筋が冷えます・・・。

 

それにしても未だにあっちの業界の人とつるんでいるのを見ると

明らかに更生したとは思えないんですが

その辺りどうなんでしょうね?

 

相手も同じように足を洗っているのかもしれませんが

そういうのは傍目からはわからないわけで

その事に誰も触れないのは何故なのかなと。

 

もちろん報復が怖いとか脅されるとか

そういう心配をするのも分かるんですが

ツイッターもある現実と同じような世界の中で

そう隠したりも出来ないような気が・・・。

 

どこからどう見ても未だに”そう”なんだ

としか言いようがない気がしますし。

 

なんにしても楓は絶体絶命のピンチに陥っているわけですが

気になるのはこれをどう切り抜けるかですね。

 

明らかに楓の自業自得っぽい感じではありますが

ここで彼女が被害を受けるとは思えないので

誰かしら、流れからして蘭あたりが登場するのかなと。

 

蘭だとしたら助けに来たのではなく

先の件と同様に独自に調べた結果

取材に訪れるのかなと思いますが

もしそうなら楓としては色々と複雑だろうなと。

 

まあ、でも本当に彼が出てくるかどうかも

わかりませんのでとりあえずは

次回どうなるのか楽しみにしたいと思います。

 

第2話へ

第4話へ

-雑誌連載最新話, 曝ク者!ーあばくものー
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2020 All Rights Reserved.