雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 640話 ネタバレ&感想 列尾攻略戦

2020年4月23日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年21号に連載されている

キングダム 640話のネタバレ&感想になります。

 

第640話 国の要

内容ネタバレ

 

鄴が陥落したとの報、

その衝撃は瞬く間に全土に広まった。

 

楚国王都・郢(えい)にてその報を聞いた

媧燐はマジかよと零しつつも

邯鄲の王都軍を動かさなかったからだと

趙王に悪態をついていた。

 

それでもあの李牧相手に取った王翦を賞賛し

李園は下手をすれば趙が倒れ

この中華の勢力図が変わることを危惧していた。

 

媧燐は趙にとって本当の脅威になるのは

鄴が秦本土と繋がってからであり

鄴が対趙の最前線拠点となった時に

マジで危うくなると考えていた。

 

しかしそんなことは邯鄲だって分かっているはずで

誰よりあの李牧が分かっているはずだと

不敵な笑みを浮かべ・・・。


一方その頃、列尾に魏方面から北上した謄軍4万が

進軍してきたとの報が届いていた。

 

3万対4万と兵力では劣勢だったものの

列尾を守る扈輒は”あれだけなら”持つと語る。

 

その言葉の示すところは

鄴からこちら側に討って出れば列尾は前後から挟み撃ちになり

そうなるとこの軍だけでは持ちこたえることは出来ないだろうと。

 

だがそれは李牧殿ももちろん承知であり

既に北部の軍を南下させているはずで

我らはそれまで持てばよいのだと。

 

傍らに立つ舜水樹は邯鄲の王都軍が動けば話は早いのだがと零すが

扈輒は王都本軍が動くならそもそもこうはなっていないとして

我らの追うはクソだと言い捨てていた。

 

その上で李牧殿こそこの国の要だとして

後ろの憂は李牧殿に任せられると語り

舜水樹と共に謄を迎え撃つため動き出すのだった。

 

一方鄴にて信は龐煖に羌瘣が自分を庇い斬られる

夢を見て飛び起きていた。

 

目の前にはこちらを心配そうに見ている羌瘣の姿があり

自分が羌瘣の様子を見に来て眠ってしまったことに気づく。

 

羌瘣が言うには信と同じ夢を彼女も見ていたようで

よくは分からんが羌瘣の気が

少し信に入ってしまったとのことだった。

 

信は羌瘣に俺を助ける時に何かしたのかと詰め寄るが

羌瘣ははぐらかすように別にとしか答えずにいたところ

そこへ渕が報告の為姿を見せる。

 

信は死んだとばかり思っていたが

どうやら昏睡状態だった亜光将軍が回復し

鄴から討って出たとの事だった。

 

とにかく一緒に来て欲しいと言われ

見に行くとちょうど亜光が門を出るところであり

兵士達が彼らに向けて歓声を上げていた。

 

彼らの向かう先は列尾であり

その報告が列尾に届いたのは

丁度列尾軍と謄軍の先遣隊がぶつかった時だった。

 

その報を聞いた舜水樹は北部軍からの情報はないのかと尋ねた矢先

新たな伝者が急報を携え姿を見せる。

 

その急報は馬南慈軍からのものであり

李牧が大王の手により捕らえられ邯鄲にて投獄、

その上この状況に北部軍も一切が動かされていないという

最悪な知らせだった・・・。

 

さらに伝者は涙ながらに李牧が邯鄲で斬首になると報告するが

次の瞬間その目の前には剣を振り上げた舜水樹の姿が!?

 

舜水樹の剣は伝者に当たることはなかったものの

我らの王はどこまで愚かなのかと叫び

その目は怒りを宿し血走っていた。

 

舜水樹と同じく怒りを宿した目をした扈輒は

全軍を邯鄲に戻すと指示。

 

配下の者たちは我々が邯鄲に戻っては

今度は他の軍が危険ではないかと意見を申し立てるが

扈輒はそれ故にその全ての軍を邯鄲まで戻すと語る。

 

どの道王都圏の南側は秦に奪われるなら

軍の力はそのまま生かし

北半分になる王都圏に全てを入れ兵力を密集させる、

それがこれから秦を最も苦しめる手となると。

 

舜水樹もその通りだと同意する中

扈輒はそれにやはり李牧殿を救わねばならぬ

あの方を失えば趙は終わるぞと告げる。

 

舜水樹は冷たい目で

王を殺してでも李牧様を助けると決意し・・・。


趙将扈輒の号令の元、列尾に陣取っていた趙軍は

全軍でその場を離れ邯鄲の方向へと移動した。

 

謄軍はほぼ戦わずして列尾城を取り一帯を固め

趙王都邯鄲の出入口をしっかりと秦のものにした。

 

列尾を謄軍が押さえると

そこから鄴方面に進行を始め

鄴の王翦軍も呼応して列尾方向に軍を展開。

 

一気に鄴ー列尾の線が繋がり

その頃には橑陽を包囲していた趙軍も陣払いし

邯鄲方向へと移動を始めていた。

 

橑陽も軍を外に展開し

鄴ー橑陽ー列尾のトライアングルがつながったのである。

 

その中では趙軍がその地を捨て北上したことで

そこに住む住民達が取り残され

多くが難民となり北を目指したが

動けずとどまった者達も多かった。

 

しかし秦軍は王翦の命の下

彼らを傷つけることはしなかった。

 

そしてさらに一月後

本営から兵が補充されるため

鄴攻略軍の一部が帰還を許された。

 

三度目の組で飛信隊もようやく鄴を出ることになり

列尾の前あたりで同じく橑陽から壁達と出会った。

 

互いに再会を喜ぶ信と壁。

朱海平原と橑陽方面に別れてから

実に69日ぶりの再会であった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

かなりあらすじが長くなってしまいましたが

今回で列尾の戦いも終わったようですね。

 

正直もうちょっと本格的に戦うかと思っていましたが

扈輒は予想以上に優秀だったということなのかなと。

 

あの状況で列尾を守り通すのはかなり難しく

さらに李牧が捕らえられた現状

すぐさま退却したのは英断だったと思います。

 

それにしてもめっちゃ舜水樹キレてましたが

正直その気持ちは分かるという感じ。

 

ただでさえ邯鄲の軍を動かさなかったのにかかわらず

ここに来て総大将の李牧を捕えて

あまつさえ斬首とか正直言葉もないとはこのこと。

 

扈輒も行動には移さなかったものの

舜水樹と同じようにブチ切れているのは間違いないですしね。

 

何にしても自分達が何かミスして処罰されるのはともかく

上がこちらに罪を着せるなんてことは最悪ですし

本当に趙の上は腐っているなと改めて思います。

 

ともあれ秦としてみれば李牧が前線からいなくなるというのは

吉報でしかないので喜ばしいことなのかもしれませんが

出来ることなら信と李牧の一騎討ちを見て見たいものです。

 

それが叶うかどうかはなんとも言えませんが

このまま斬首されるようなことがなければ

ワンチャンあるかなと。

 

第639話へ

第641話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局