雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 632話 ネタバレ&感想 朱海平原の戦いの終わり

2020年2月20日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年12号に連載されている

キングダム 632話のネタバレ&感想になります。

 

第632話 再始動

内容ネタバレ

 

羌瘣の導きにより蘇生した信。

目覚めた信はきょとんとした顔で仲間達を見ていたが

仲間達は未だ信じられず呆然としていた。

 

ようやく信が生き返った事を理解した仲間達は

皆が涙を流し喜びの声を上げていた。

 

何度も信の名を呼びながら抱き着く貂を見ていた信は

傍らで未だ目覚めない羌瘣に目を向け・・・。


未だ目を覚まさない羌瘣は白い世界の中で

姉である象と再び再会していた。

 

信の事など色々話していた二人だが

象は改まると戻る前に大事なことを伝えておきますと告げる。

 

悪い事一つとおまけでいいこと二つあると言い

悪い事一つはやっぱりあんたの寿命が

縮んでしまったというものだった。

 

象はこの禁術を使った代償としては仕方ないとして

むしろ間にとどまっていた仲間のおかげで

たまたま戻れる幸運に感謝しなさいと語る。

 

それと命の火が弱くなるから

もう二度とこの禁術は使えないと。

 

そして最後に逆に二つのいいことについて話し・・・

目覚めた羌瘣が目にしたのは自分を覗き込んでいる

信達の姿だった。

 

目覚めた羌瘣を心配して声をかけていた信だが

そこへ蒙恬と王賁達が姿を見せる。

 

蒙恬がのんびりしてる戦局じゃないと言いつつ

信の無事な顔を見て安堵した表情を見せる中

貂もようやく今の状況を理解したようで

部隊に再始動するようにと指示するのだった。


信は自分のことを心配する蒙恬から

全体の戦局を聞くことになるが

李牧に逃げられたと知り驚くことに。

 

どうやら王翦軍は李牧を本陣ごと討とうと狙っていたが

その前に李牧は脱出。

 

李牧本陣は倉央軍が攻め上がり占拠し

今その倉央軍も李牧を追い裏へ走り

飛信隊と共にいた一緒にいた亜花錦軍がイチ早く追ったが

それもまだ吉報は届いていないとのことだった。

 

李牧に逃げられたと知り自分のせいだと責める信だが

蒙恬はそうとも限らないと言い

李牧はギリギリまで信と龐煖の一騎討ちを見ていたと語る。

 

そこから追われても逃げ切れる自信があったんだとして

残された趙軍も各所で一斉に退却の動きを見せており

趙軍の”全軍退却”だと。

 

その上で蒙恬は李牧は散開した軍を再結集しながら

鄴へ向かい解放しに行くつもりであると語る。

 

追うこちら側ももうすぐ王翦将軍の号令がかかるはずだとして

戦略的にどう追うかと言った上で

信に一回ここで喜んどこーかと笑みを向けていた。

 

そして十五日に及んだ朱海平原の戦いは

俺達の勝ちだと宣言するとそれに呼応するかのように

秦軍の歓声が鳴り響くのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

ようやく長かった朱海平原の戦いも

ひと段落といったところですが

あとは鄴での戦いで今回の戦いは終わりそうですね。

 

なんにしてもおそらくあとは

信達ではなく桓騎軍の戦いになるかと。

 

色々と戦場が右に左にいって

ようやく中央軍の戦いも終わったわけですが

改めて思いますが長かったですね・・・。

 

まあ、それだけこの作品にとって

大事な戦いだったんでしょうけど

いざ終わるとなると色々感慨深いものです。

 

結構長い間戦い続けていたわけですが

その戦功も三人揃って将軍になるには申し分ないかと。

 

ともあれこの戦いの全てが決着するのも

あとわずかでしょうし

あとは桓騎がどう李牧と対するのか楽しみです。

 

第631話へ

第633話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局