雑誌掲載最新話 3月のライオン

3月のライオン最新 170話 ネタバレ&感想 正月のジグソウパズル祭り

2020年4月24日発売のヤングアニマル 2020年9・10合併号に連載されている

3月のライオン 170話のネタバレ&感想になります。

 

第170話 タイトル不明 9・10合併号掲載(2020)

内容ネタバレ

 

年が明け1月1日 昼

川本家では零を含めた川本家全員が

こたつで力尽きたように眠りについていた。

 

そして翌日1月2日 昼12時

川本家へ訪れた零が目にしたのは

ジグゾーパズルの前で正座待機する三姉妹の姿だった。

 

困惑する零に対し何故かとても良い顔で

あかりは大晦日から元日の昼過ぎまでの長丁場

初詣の方々への縁起物「切山椒」の屋台

お手伝いいただきありがとうございましたと

先日の労をねぎらう言葉をかける。

 

零も大盛況でびっくりしたことを伝え

ここにいない相米二のことを尋ねたところ

あかり曰く本当に精も魂も尽き果てたという感じで

まだ寝ているらしいが

その顔はすごく満ち足りた顔をしているとのことだった。


どうやら三日月堂は今日明日は休みとなるらしく

あかりたちはクリスマスから楽しみしていた

ジグゾウパズル祭りを行うことにしたようで

このメンバーでは初めての1000ピースだと

輝くような笑顔を浮かべていた。

 

さらにパズルに没頭するため

明日の朝までの料理も準備しているようで

さらに零に様々なお菓子を買ってきてもらうという

用意周到振りだった。

 

ピースの数が多いために大きな布を敷き

途中で移動できるように板の上で。

 

宝の地図と題して箱の蓋の絵の拡大カラーコピーと

さらに白黒のコピーも用意。

 

そこには赤ペンでアルファベットがふってあり

チラシで折ったちりとりを用いて

最初にピースをエリアごとに個別に作っていくという

本気(ガチ)振りだった。

 

各自それぞれ担当を決めると

零が買ってきたポテチを器に。

 

そして二種類のポテチの境目にチョコを投入。

零は思わずおお!ごうかだと零しながらも

境目に盛ったら味が混ざっちゃいませんか?と声をかけるが

あかりからとても良い笑顔と共に返ってきたのは

「まぁ 桐山くんたら 勿論・・・わざとよ?」という言葉だった。

 

彼女たち曰く

「ちょっと塩がついちゃったチョコがまた 最高においしいのよ」

ーーーとのことです。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回までの宗谷名人の話が12月の話ですから

少し時間が進んだ感じですね。

 

零視点に戻って来て早速正月が来たかと思いきや

全員力尽きているとかマジで何が起きたのかと。

 

どうやら大晦日から正月の昼まで

屋台をやっていたようですが

あんな姿を見たこと無かったので

さぞ大繁盛だったんだろうなと。

 

あらすじには書きませんでしたが

相米二さんが売り上げが入った壺を

片時も離さずいるみたいですしね。

 

それにしてもそんな事があってからの

川本家での正月になるわけですが

三が日にジグソーパズルとは一周回って面白い。

 

そういえば167話の時に

零とひなたがクリスマスプレゼントを買いに行った際

嬉しそうに正月にやると言っていましたが

そういえばそんな事言ってたなと。

 

あの時はたかがジグソーパズルに

なんであんなに嬉しそうなのかと思ってましたが

あそこまで用意周到にしてまでやるわけですから

それだけ楽しみにしてたんでしょうね。

 

なんていうかほっこりしてしまいましたが

こういう回は読んでいて楽と言ったら変ですが

落ち着きますね。

 

ジグソウパズル祭りを零に説明するあかりとひなちゃん然り

最後のお菓子を器に盛った際にあかりの言葉然り

本当に良いもの見せてもらったという感じです。

 

次回はこの続きになるかどうかは分かりませんが

とりあえず次号となる5/22発売の

11・12合併号は休載とのこと。

 

そのため再開は早くとも

6/26発売の13・14合併号になるかと。

 

第169話へ

第171話へ

-雑誌掲載最新話, 3月のライオン
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局