雑誌掲載最新話 ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ 最新 第171話 内容ネタバレ&感想 ヒルドの変化

2020年4月25日発売のアフタヌーン 2020年6月号に連載されている

ヴィンランド・サガ 171話のネタバレ&感想になります。

 

第171話 西方航路⑤

内容ネタバレ

 

コーデリアについてハーフダンと交渉したあくる日

グズリーズはカルリを探して船着き場へ訪れていた。

 

そこにはグズリーズが親分と呼ぶ元海賊がおり

カルリのことを尋ねるが

どうやらここにはいないらしく

さっきヒルドと一緒にいたとの情報が。

 

親分たちはヒルドが作ってくれたと言う新しい舵を

取りつけようとしていたらしく

ヒルドの事もあの人は大した大工だと言い

良い大工が仲間に居ればヴィンランドでも心強いと

彼女の事を心から受け入れていた。


カルリと一緒にいるというヒルドを探しに向かう中

あんな風に手助けしてくれた事なんか今までなかったことから

最近ヒルドが変わってきたのかなぁと考えていた。

 

いい加減トルフィンのこと

ゆるしてくれる気持ちになったのかななんて考えつつも

だってトルフィンあんなにカッコイイしと

一人惚気ていたがふと気づく。

 

まさかヒルドがトルフィンのことを・・・?

いやいやそういうのは違うと思いながらも

考えれば考える程深みに嵌っていたが

頭に何かがポコっと当たったことで我を取り戻す。

 

当たったのはどうやら矢じりが布に包まれた矢だったようで

それを射たカルリはあたったーと喜びつつ

かーちゃんなにしてんの?と声をかける。

 

カルリの話ではその弓矢はヒルドが作ってくれたもののようで

他の子供たちの手にも同じような弓矢が。

 

さらに的に獲物となる動物の絵も描いてくれたようで

その上カルリのカパカパになっていた靴底も直してくれていた。

 

カルリからかーちゃんもれんしゅうする?と誘われたものの

それを断りソレ人に向けてやっちゃダメだと注意し

家路につくがその途中考えていたのはヒルドの事だった。

 

非の打ち所がないヒルドは

間違いなくヴィンランドで活躍するだろうと思いつつ

そんな彼女と自分を比べて卑屈になってしまい

なんかこう言うの嫌だと一人叫んでいた。


叫んだことで落ち着いたのか家に戻るグズリーズだが

そこには家の様子を窺うように座るヒルドの姿が。

 

ヒルドもこちらに気づいたらしく

グズリーズは挨拶を交わしつつ

カルリがお世話になってるみたいでと声をかける。

 

ヒルドは別に物を作るのは嫌いじゃない

迷惑だったら言ってくれと言い

グズリーズはむしろこっちがご迷惑かなと言いつつ

彼女のいる場所へと足を運ぶが

そこから見えたのは家の前で誰かと向かい合っている

トルフィンの姿だった。

 

トルフィンの前に立つ3人の男は

ヒルドによると開拓団の参加希望者とのことで

その雰囲気はなにかモメてるのかあまり良くない感じだった。

 

トルフィンは男達に対し立ち話もなんですからと

中へ迎え入れようとするが

男はここでいい、長話をする必要はないと断り

オレはヴィンランドにこの剣を持っていく

それを認めろ!と告げる。

 

グズリーズもなんでモメてるのか分かったようで

こういう人が来るだろうとは思ってたけどと零す。

 

ヒルドはグズリーズに余計なことはするなよと言い

私の監視の邪魔をするなとトルフィンから目を離さず

事態がどう動くのか窺うのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回ハーフダンとの交渉も終わっての

今回ですがグズリーズ視点での話でしたね。

 

グズリーズも2年経って

随分落ち着いたと思っていましたが

なんていうか本質は変わらないなと言う感じ。

 

まあ、かなり経験を積んだとはいえ

たった2年しか経っていない以上

そこまでは変わらなかったんでしょうけど

こう言ったら変ですがちょっと安心しました。

 

そんなグズリの視点で始まったわけですが

話のメインはヒルドのことでしたね。

 

彼女もあれからずっと着いてきているみたいですが

見た目はそう変わりないかな?多分。

 

ただ大工仕事をしたりカルリの世話をしたりと

多少気持ちに余裕が生まれているのかも。

 

もちろん変わらずトルフィンの監視は続けているみたいですが

少しずつ他の人にも歩み寄っているみたいです。

 

相変わらずあまり口数は多くないようですが

それでも子供たちの他、親分さんたちにも

受け入れられているみたいですし良い変化だと思います。

 

それはそうとトルフィンの家にやってきた男たちですが

あの男って民会の場で勧誘した際に

出て来た男だったはず。

 

いずれ何らかの形で関わるだろうとは思っていましたが

剣を持っていきたいとのこと。

 

とりあえずトルフィンの対応次第の部分はありますが

イマイチ何故剣を持っていきたいのかが分からないので

その辺りが気になるところ。

 

単純に男としてとか深い理由がないならともかく

もしかしたら別に何かあるのかもしれませんしね。

例えば親の形見とか。

 

なんにしてもヒルドが見守る中

トルフィンがどう対応するのか楽しみです。

 

予告ではトルフィンの決断にヒルド動くーー!!

とありましたので荒事になる可能性もあるかも!?

 

第170話へ

第172話へ

-雑誌掲載最新話, ヴィンランド・サガ
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局