雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 646話 ネタバレ&感想 国を背負ってきた男

2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年31号に掲載されている

キングダム 646話のネタバレ&感想になります。

 

第646話 雁門以来

内容ネタバレ

 

趙王の遺言により

次期王としての立場を剥奪された

太子嘉は李牧らと共に宮中からの逃走を図っていた。

 

しかし郭開の手はそれを見越していたようで

昼間にもかかわらず彼らの命を狙った刺客が襲い掛かり・・・!?


一方その頃、信も宿営地で設営中の飛信隊のもとを訪れた

蒙恬から太子嘉ではなく遷が王位についたとの情報が入る。

 

かつての政・成蟜のような兄弟の争いが起きて

荒れそうだから前線をもう一度上げるかもしれない事

さらに太子嘉と李牧が粛清の危機にあると聞き

信は何とも言えない表情を浮かべ李牧へと思いを馳せるのだった。

 

その日の夜、邯鄲では至る所で李牧派の者達が粛清され

夥しい数の亡骸を晒していた。

 

末子遷一党のやり方は徹底しており

それを束ねる郭開は太子であった嘉と李牧を

なんとしても討ち取るべく動いていた。

 

一方、なんとか刺客の手を振り切った李牧らは

邯鄲の外へ向かっていた。

 

憔悴する嘉を励ます李牧だが

その行き先には彼らを待ち構えるように

こちらの五倍はいると思われる兵達の姿が。

 

この状況に李牧もまた自ら剣をとり

カイネにこんな小隊で馬を並べるのは雁門以来だと

昔の事を懐かし気に話しながらも剣を振るう。

 

兵士達を相手に圧倒する李牧だが

郭開から褒賞を約束されていることもあって

多数の敵に襲い掛かられ手傷を負ってしまっていた。

 

カイネは李牧を傷つけた敵兵を斬り捨てつつも

なんで趙人同士でしかも李牧様に刃を向けるなんて

おかしいだろと涙を流しながら戦うのだった。


太子と李牧の一団は数を半数以下にしながらも

舜水樹と傅抵が押さえていた北門から何とか脱出。

 

当然邯鄲から追ってが出たが城外に待機していた

馬南慈の中隊が合流しこれを追い払った。

 

続いて今度は同じく城外で待機していた邯鄲軍が動き

李牧達を含む馬南慈軍に襲い掛かった。

 

馬南慈軍は数で圧倒する邯鄲軍に対し

嘉と李牧を北へ逃がす盾となり

一団はようやく法紹に到着。

 

多くの犠牲を出したこの逃走劇は終わり

そこで李牧と嘉は別れた。

 

嘉に従う者達は李牧に一緒に入城してほしいと頼むが

李牧は馬南慈のところまで戻り巻き返しの策を探るとして

嘉にまた舞台が整うまで気を強く持ってくださいと励ますが

憔悴する嘉はもう終わったと零す。

 

俺を支えてくれた大勢の賢人達も国士達も皆殺され

次の王は父王も越える暗君であるあの遷、

この国はもう終わったと涙ながらに叫び

そして李牧に何という愚かな王族かと

許してくれと何度も謝るのだった・・・。

 

そしてその日の夜、夜営地にてカイネから

馬南慈軍と傅抵の無事が確認されたとの報告を受ける李牧だが

その背中には哀愁が漂っていた。

 

李牧はもう嘉の王位継承は無理だろうと思っており

こんな時期にこの国は私達は一体何をしているのかと嘆き

ちょっと疲れましたねと零す。

 

その姿にカイネは涙を流し

この国の全てを背負ってきた李牧に縋りつくように

何があってもずっと側にいると伝えるのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回前王のとんでもない遺言がありましたが

今回はそれに伴う粛清が行われましたね。

 

まあ、郭開のことですから

こういう事になるだろうとは思ってましたが

思っていた以上に凄惨だなと。

 

今回に関しては太子であった嘉が悪いわけではなく

全ては前王のせいなのは間違いないですが

本当にやりきれないですね・・・。

 

これからだと思った矢先にこの展開ですし

その心境は如何ばかりかと。

 

それと李牧のあの哀愁漂う背中を見ると

敵なのに涙が出てきます。

 

李牧がこれまで頑張ってきたからこそ

今の趙があるといっても過言ではないのに

最終的にこの仕打ちですからね・・・。

 

李牧が秦に勝ってほしいわけではありませんが

出来ることならちゃんとした戦いで

決着をつけてほしかったなと。

 

まだ亡くなったわけではないので

先は読めませんがどう考えても

この状況は詰んでいるように見えますし

それも叶わぬ願いなのかも。

 

なんにしても秦にとってこの状況は

悪くないどころか決定打にも成り得る出来事ですので

これからさらに攻勢を強めることになるかと。

王翦がこの状況に手を緩めるとも思えませんしね。

 

第645話へ

第647話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局