雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 647話 ネタバレ&感想 李牧の選択と呂不韋再び!? 59巻続き

2020年7月9日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年32号に掲載されている

キングダム 647話のネタバレ&感想になります。

 

第647話 河南の動き

内容ネタバレ

 

失意に沈む李牧に抱き着いてしまったカイネだが

外に出ていざ冷静になると

自分が何をしたのか気づいたようで

顔を真っ赤して戸惑っていた。

 

それでも外に出る際に

李牧からありがとうと言われたことを思い出し

ピタっと動きとめたかと思いきや

なぜ出て来てしまったのかと後悔したりしていた。

 

それを見た兵士達が心配して声をかけるが

何故か八つ当たりされてしまい

その様子をたまたま目にした馬南慈は

カイネはまだ元気が残っているようだと笑うのだった。


そんな事があったその後

カイネは合流した馬南慈や傅抵、舜水樹と共に

李牧の下へ訪れていた。

 

出迎えた李牧は先程の憔悴した様子はなくなり

馬南慈達に無事で何よりでしたと

やわらかい表情を浮かべていた。

 

馬南慈達がその表情を見て安堵する中

舜水樹は早速これからの事について話始める。

 

仮にも我々は王命に背き

王都軍と戦ってまで嘉様を逃がした反乱軍であり

我々にあるのは三択。

 

一つ目は投降して断罪されるか

二つ目はこのまま逃走を続けるか

三つめは邯鄲に攻め入り新王と郭開を抹殺し

嘉様に王位について頂くかであると。

 

もしくは第三の選択を変化させ

邯鄲落としても嘉様を呼ばず

そのまま李牧様が新王朝を築く道をと。

 

その言葉にカイネらが驚く中

李牧はそのくらいにしておきなさいと話し

邯鄲を攻め落として嘉様が玉座に座っても

それは強奪でありそんなことをしては

真の趙王として迎えられないと語る。

 

まして私がそれをするなど

言語道断であると。

 

その言葉を聞き素直に謝罪した舜水樹だが

傅抵からだったらこれから一体どうするのかとの話が。

 

投降してもダメな以上逃走の一択かという傅抵の言に

李牧は消去法で逃げるのではないと語る。

 

秦国に打ち勝ちこの趙を亡国の危機から救うには

必ず我々の力が必要であり

私が”軍総司令に戻るまで”の間

この軍は雌伏するのだと。

 

それを聞かされたカイネと傅抵は驚くが

馬南慈達は可能であると判断したようで

それまでどこへ行くかと尋ねたところ

李牧は行きたいところがあると言い出し

その場所は司馬尚がいる”青歌”だった。

 

国のいざこざに関わらない男とのことだが

李牧は一応返事をもらっていると語り

皆に今の何倍もの力になって復帰できるように

ここから立て直していくと告げるのだった。


紀元前236年。

鄴を攻略した秦軍は

これ以上の侵攻は踏みとどまらざるをえなかった。

 

李牧は退場したものの国防に対する邯鄲の動きが

”的確”だったからだ。

 

悼襄王の時一切動かなかった強力な邯鄲軍が

大挙して出陣し扈輒軍に加わり前線を固めたのだ。

 

前線を固める一方でその後ろの番吾と

平陽の拠点強化にも素早く着手し

趙の文官・武官達は実権をふるう郭開の手腕に驚いた。

 

だがそれらはいずれも

実は地下牢で李牧が郭開に進言したものだった。

 

年が変わり紀元前235年。

この年は中華の驚く”予想外の戦い”が三国間で起こるが

その前に秦国内でもある大きな出来事が起きたと

「史記」は記す。

 

趙での戦いについての話し合いが行われる中

昌文君は遅れてきた肆氏に声をかけるが

肆氏は何故か優れない表情をしていた。

 

その事に気づいた政はどうしたと声をかけたところ

この場では話せない事なのか

外で話を聞くことに。

 

その場に着いてきた昌文君に

何故お前もいると言いながらも

肆氏はまあ、お前ならばよい、

この話はまだ昌平君と李斯には聞かれたくなかったと語る。

 

その言葉から河南の話であると気づいた政の考えは正しく

肆氏は呂不韋の名をあげ・・・。


昌文君はまさか呂不韋がまた

不穏な動きを見せ始めたのかと考えるが

肆氏はまだはっきりとした動きを見せたわけではないと言いつつも

もはや無視することも出来ない状況になってしまったと語る。

 

三年前の嫪毐事件の連座により呂不韋は冠位を剥奪され

河南に隠遁しているが

この三年の間に奴の下に再び人が集まり

朝廷を脅かす程の大勢力に膨れ上がっていると。

 

政は呂不韋が集めているのかと尋ねるが

それは定かではないようで・・・。

 

しかしとにかく人が人を呼び

河南に入る流れが止まらぬようで

河南入りしているのは肆氏が連れてこなかった

かつての竭氏の残党。

 

先の嫪毐毐国の残党、

そして呂不韋派の残党。

 

つまり大王様の下に一枚岩となった

この今の朝廷からはじき出され

日陰で蠢いている各残党の勢力が

こぞって今呂不韋の下に大集結しているとのことだった。

 

あまりの事態に昌文君は動揺を隠せずにいたが

肆氏は実はそうならぬようにずっと以前から水面下で

手を打ち続けていたがもはや限界であり

根本を断つ時が来たのではないかと告げる。

 

それは呂不韋の命を奪う事であり

昌文君は二の句を続けられずにいたが

政は話は分かったと言いつつ

だがまずは俺が直接会って話してくると言い出し・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

あれだけ憔悴していた李牧ですが

カイネの献身もあって気力は戻ったみたいですね。

 

あのまま終わるとは思っていませんでしたが

それでも李牧はああでないと。

 

敵ではありますがやっぱり信にとって

特別な相手でもありますしね。

 

それにしても李牧らがいなくなったことで

もっとあっさり邯鄲を攻略できると思ってましたが

中々に手間取ることになりそうですね。

 

その大本は李牧が地下牢で郭開に言ったもののようですが

流石李牧と言ったところでしょうか。

 

それを自身の手柄にした郭開もそうですが

国一つ滅ぼすと言うのはそう簡単にはいかないなと。

 

それに李牧以外にも三大天候補と言われる司馬尚もいますし

先は長くなりそうです。

 

そして今回の話に出てきましたが

再び呂不韋が出てくるとのことですし

秦国内でも問題が出てきたみたいですね。

 

今まで敵対してきた勢力の残党が集まっているみたいですが

肝心なのは呂不韋自身がどう考えているかですので

全ては呂不韋次第といったところでしょうか。

 

なんとなくもう政に対して

抵抗しようとは思っていないように感じますが

その器はかなりのものですので

周りがそれを放ってはおかないのかも。

 

なんにしても趙に関しては今は動きがなさそうですので

とりあえず次回は秦国内の話になるかと。

 

第646話へ

第648話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局