雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 662話 ネタバレ&感想 飛信隊の不調

2020年11月26日発売の

週刊ヤングジャンプ 2020年52号に

掲載されているキングダム 662話

ネタバレ&感想になります。

 

第662話 苦戦の理由

内容ネタバレ

 

魏は什虎を取りこの西の重要地を

盤石なものにすべく

そこから韓へ侵攻を始めた。

 

いよいよ魏は西への領土拡大に

動いたのである。

 

三年という期限つきの

同盟国となった秦はこれを静観。

 

逆に魏からの攻撃の憂いがなくなり

趙攻めに全力を注ぎ始めた。

 

魏国方面に張っていた軍が北上し

続々とその前線に加わったのだ。

 

秦はこの三年のうちに

王都邯鄲を攻略し

趙国を滅ぼそうというのだ。


秦魏同盟を聞いた趙は

無論その事を理解し

北部より大軍を南下させ前線に投入し

秦・魏の前線は激戦となった。

 

一進一退の攻防が続く

この長く延びる前線地帯で

秦側で攻勢を見せる軍が二つある。

 

一つは”楽華軍”

蒙恬の才能は将軍となり

万の兵を指揮することで

さらに開花した。

 

そしてもう一つの進化は

蒙武軍から移籍してきた

剛将愛閃の存在である。

 

超武闘派の愛閃と

その兵団の攻撃力は凄まじく

これまで不足していると見られていた

圧倒的武力を手にしたのである。

 

そして楽華の他に

前線地帯で火を噴いている

もう一つの軍は”玉鳳軍”

 

王賁も蒙恬同様に

万の兵の指揮で戦術の幅が広がり

その鋭さを増した。

 

そして玉鳳にも強力な新戦力として

亜光軍から三千騎を率いて

亜花錦が移籍しその勢いを増していた。

 

正にこの二軍が趙軍の

想定以上の力を見せ

前線を押し込み始めた。

 

趙はこの二軍のいる場所に

援軍を送り続けざるを得なくなった。


一方で趙軍に苦戦を強いられ

前線を大きく押し込まれている

軍も一つだけあった。

”飛信隊”である。

 

天幕にて軍議する面々だが

苦戦の理由は分かっていた。

 

歩兵団の副長であった

松左の抜けた穴が余りにも大きく

歩兵団の力の底上げが求められていた。

 

しかしその問題は

誰か怪物級の助っ人でも

入りでもしない限り

急に解決するものではなく

皆が頭を悩ませていた。

 

そしてもう一つの不調の原因が

副将である羌瘣であった。

 

朱海平原で仮死状態だった信を

助けて以来羌瘣は寝てばかりだった。

 

出陣しても本陣からは動かず

今や羌瘣隊はそこらの

普通の五千人隊に成り下がっていた。

 

そうした中、信は事情を聞きに

自ら羌瘣の元へ訪れていた。

 

目覚めた羌瘣は

今の現状について説明する。

 

それによると信に禁術を使って

気の流れとかを伝える

大事な線みたいなのが何本も切断。

 

深い瞑想をしてそれらを

つなぎ直しているとのことだった。

 

それでも完全に戻るかは

はっきり口にはしないものの

それでもちゃんと戻って見せると。

 

そうした中、敵が動いたとの報が届き

信は本陣に戻り

羌瘣は再び深い瞑想に入る。

 

瞑想の中、緑穂が見えるようになり

回復の兆しを感じていた。

 

しかしふと巨大な影が

こちらを窺っている事に気付いた

羌瘣は飛び跳ねるように

身体を起こし・・・!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

什虎での戦いも終わり

対趙戦に全力の秦ですが

飛信隊に何やら厄介事が

起きているみたいですね。

 

同じく将軍となった

楽華・玉鳳軍と比べ

かなり悪い状況のようです。

 

松左の抜けた穴が

そう簡単に埋まらないのは

ある程度分かってましたが

実際はそれ以上だったみたいですね。

 

別に歩兵団の長として

崇原が悪いわけではなく

松左が副長として

あまりにも有能だった

ということなのかも。

 

現在は沛狼がその後を

担っているみたいですが

すぐに解決することではないので

まだ改善することはなさそうです。

 

さらに五千人将でもある

羌瘣も朱海平原での禁術で

不調みたいですし

泣き面に蜂もいいところ。

 

他の二軍が順調なだけに

余計に悪いですね。

 

そんな不調の一端である

羌瘣ですがあの巨大な人影は

一体何なんでしょうね?

 

飛び起きたことからしても

決して良い感じではないので

何やら不吉な感じが・・・。

 

第661話へ

第663話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局