雑誌掲載最新話 GANTZ:E

GANTZ:E 最新 第13話 ネタバレ&感想 新たな脅威

2020年12月3日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年1号で

月1連載のGANTZ:E 13話

ネタバレ&感想になります。

 

第13話 嫌な予感

内容ネタバレ

 

半兵衛と鬼兄弟の戦いに

割って入った政吉。

 

飛び込んできた隙を突いて

半兵衛が長髪の巨人に飛びつき

首を絞める一方で

政吉はもう一人の巨人と

相対していた。

 

片足を失った巨人は

刀を抜き政吉へと振り下ろすも

政吉はギリギリのところで回避し

返す刀でもう片方の足を斬り飛ばす。

 

そして倒れ込む巨人に

政吉が止めを刺した一方で

半兵衛もまた長髪の巨人の首を

ガンツスーツで増幅された力で

圧し折っていた。

 

絶望の中、二人の戦いを

ただ見ていることしか出来なかった

少年達は歓喜に沸いていた。

 

しかし少年の背負っていた

町民の男はすでに命を

引き取っていた・・・。


町民の男をそっと地面に

降ろした少年は

助けられなかった命に

じっと目を向けつつ皆に告げる。

 

皆よく闘った・・・

あとは時間まで物陰に隠れようと。

 

未だ戦意が収まらない半兵衛は

大将をやらないと駄目なんだろ?と

口を挟む。

 

それでも少年は

もう充分点数はたまったはず

今回の大将はいやな予感がするとして

討伐に消極的な様子を見せていた。

 

納得できない半兵衛だったが

他の者達はこれ以上

戦わなくていいならと

すでに戦意を失っており

仕方なく少年に従うことに。

 

そして皆で岩陰に隠れて

時間が経つのを待つことになるが

何やらドンッドンッという音が。

 

巨大な何者かの足音に

じっと岩陰で息を潜める半兵衛達。

 

音は近づきその後

離れて行ったことに

皆が安堵する中、

再び音が近くへと迫る。

 

巨人はすでに半兵衛達に

気づいているのか

岩の近くに足を止め告げる。

 

「そこの者ども

退治してくれよう・・・」

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

政吉の参戦で

これからが本番って感じでしたが

思いのほかあっさりでしたね。

 

正直あれから鬼兄弟が

本気になるか豹変して

面白くなるかと思っていただけに

ちょっと残念。

 

その鬼兄弟も撃破し

ついに大将である

武蔵登場かと思われましたが

あれは武蔵というよりも

佐々木小次郎っぽい?

 

長髪なのもそうですが

背中に長刀って特徴は

そうじゃないかなと。

 

それになにより気になるのが

小次郎っぽい巨人の目に

瞳孔があったこと。

 

今まで出て来た連中って

目はあっても瞳孔が無かっただけに

その辺りがちょっと気になる所です。

 

ともあれまた新たに脅威となる

巨人が登場したことで

少年の言う通り

隠れているわけにもいかず

戦いになるのは間違いないかと。

 

やる気MAXの半兵衛には

嬉しい展開でしょうけど

調子に乗った奴は

報いを受けるのがテンプレですので

これからどうなるのか楽しみです。

 

ちなみに次回についてですが

続きは1/7発売の6・7合併号とのこと。

 

第12話へ

第14話へ

-雑誌掲載最新話, GANTZ:E
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局