雑誌掲載最新話 ヒストリエ

ヒストリエ 最新 116話 内容ネタバレ&感想 王の最期

2021年3月25日発売の

アフタヌーン 2021年5月号で

隔月連載中のヒストリエ 116話

ネタバレ&感想になります。

 

第116話 カルディア(心臓)・5

内容ネタバレ

 

パウサニアスの凶刃に

倒れたフィリッポス。

 

アレクサンドロスが駆け寄るも

すでに手の施しようがないのは

明らかだった・・・。


アレクサンドロスが

幾度となく父上!と呼びかけると

フィリッポスは朦朧としつつも

意識を取り戻す。

 

そしてアレクサンドロスの名を呼び

お前に・・・とかすれたように

声をかける。

 

アレクサンドロスは

間もなく息絶える父を前に

涙を流して悲しむが

フィリッポスの内心は違った。

 

お前と言っていたのが

口には出さなかったものの

きさまと変わる。

 

そしてどこの誰の種かは知らんが

きさまごときに・・・!と

手を伸ばし・・・息絶えるのだった。

 

フィリッポスは

アレクサンドロスを始めとした

配下の者達に囲まれ命を落とす。

 

王の死に騒然とするもの達を前に

アンティパトロスは

うろたえるなと呼びかける。

 

そして遺体に縋り泣いていた

アレクサンドロスに

お気を確かにと声をかけ

お見事でしたと

自らパウサニアスを

討ち取ったことを賞賛していた。

 

エウメネスは息絶えたフィリッポスから

生前に頼まれたことを思い出す。

 

もしも何かあった時など

お前にフィリッポス王子の側

つまりエウリュディケの

味方でいてほしいのだ・・・。

 

新たな王の誕生を前に

エウメネスはああ、わかっていると

引き受けることを決意する。

 

この先何がどうなるかは!

わかんねえけどな・・・!と。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

やっぱり亡くなってしまいましたね

フィリッポス王・・・。

 

これまで随分長い間

登場してきたキャラの

一人だっただけに

正直残念です・・・。

 

結局のところパウサニアスは

暗殺を成功させたわけで

その役目は果たしたことになるかと。

 

それが母の指示だったとは

思いもしないアレクサンドロスが

新たな王となるわけですが

正直頼りないなと感じてしまいます。

 

もちろん戦に関しては

神懸かっているのは理解していますが

王である以上メインは戦ではなく

国を発展させることだと思いますので

その辺りどうなるのかなと。

 

ともあれこの一軒が

全員にとって分岐点に

なるのは間違いないので

これからどうなるのか楽しみです。

 

エウネメスもかの王の頼みを

引き受けるみたいですし

表舞台に出ざるを得なくなるかと。

 

気になる続きについてですが

隔月連載なので次回は

5/25発売の2021年7月号とのこと。

 

第115話へ

第117話へ

-雑誌掲載最新話, ヒストリエ
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局