雑誌掲載最新話 宇宙兄弟

宇宙兄弟 最新 373話 ネタバレ&感想 トラブルの原因

2021年5月20日発売の

モーニング 2021年25号で

連載されている宇宙兄弟 373話

ネタバレ&感想になります。

 

第373話 断絶

内容ネタバレ

 

マクシム4の乗るメドヴェージとの

連絡が途絶したことで

管制室は騒然となっていた。

 

パブロフ長官の指示のもと

すぐさまNASAにも情報が送られ

NASAを経由し六太にも・・・。


一体何が起こったのかわからず

困惑する六太達だが

おそらく地上側のトラブル

らしいとの説明が。

 

復旧のメドは立っていないものの

詳細は分かり次第報せるとして

予定通り作業を続行することに。

 

紫の話では通信途絶自体は

自分の時もあったらしく

よくあることではあるが

問題は着地前と言うタイミング。

 

それは通信が復旧しなかった場合

日々人達は自力で着陸

しなければならないことだった。

 

どうやら国が違うこともあって

こちらからメドヴェージに交信

することも難しいとのことだが

六太はあえて明るく語る。

 

吾妻さんもいるから交信できなくても

”着地”くらい大丈夫。

 

俺達のアレよりヤバイ”着地”なんて

そうはないだろうと。

 

一方、地上との通信が途絶した

メドヴェージでは

マクシム4の面々が

これからについて話し合っていた。

 

日々人は真っ先に

手動操作に切り替えて

予定通りしちゃおうと提案。

 

マクシムは昼メシのレストラン

選ぶノリで簡単に言うんじゃねぇと

即断こそしなかったが

そこへ吾妻からも意見が。

 

吾妻は船体には問題がなく

マップも表示されていると語る。

 

その上この着地の

タイミングを見送ると

次の周回から予定地点を

ズレていってしまうことから

逃したら明日に持ち越しだと。


その頃ロシアでは

通信途絶の原因について

急ぎ調査するようにとの指示が。

 

その結果基地局まで繋がる

通信ケーブルが道路工事のせいで

切断されていたことが判明。

 

パブロフは急ぎ復旧させるようにと

指示したものの

予定の着陸シーケンスまで

4分と迫っていた。

 

その頃メドヴェージでは

話し合いの結果

コマンダーであるマクシムが

日々人の提案に乗ることを決断。

 

皆もその決断に不満はないようで

一様に笑みを浮かべていた。

 

そしてマクシムのコールと共に

手動操作に切り替え

月面着陸シーケンスを

開始するのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

結局通信が途絶したまま

手動での着陸となりそうですね。

 

正直前回の流れから

太陽フレア関連かと思ってましたが

そうじゃなくてよかった。

 

結局原因となっていたのは

地上の通信ケーブルが

事故?によって切断されたこと。

 

あらすじには書きませんでしたが

冒頭モスクワの工事現場の

シーンから始まったのが

それを示していたんでしょうね。

 

正直あってはならないことですが

それでも着陸船自体に

問題がなさそうで何より。

 

着陸の際にトラブルが起きるのは

これこそよくあることでしょうし

吾妻さんや日々人ならば

手動に切り替えても問題なく

着陸できると思いますしね。

 

まあ、六太としては

心配で仕方ないでしょうけど

同じくらい日々人達を

信頼しているのも間違いないかと。

 

ともあれ今の段階で

マクシム4の面々以外が

出来ることは何もないので

無事着陸成功することを

願うばかりです。

 

気になる続きについてですが

予告では6/3発売の27号とのこと。

 

第372話へ

第374話へ

-雑誌掲載最新話, 宇宙兄弟
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局