雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 687話 ネタバレ&感想 信vs岳白公

2021年7月29日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年35号に

掲載されているキングダム 687話

ネタバレ&感想になります。

 

第687話 痛み

内容ネタバレ

 

雷土が捕らえられたことが

広まり残された雷土軍は

総崩れとなった。

 

そしてさらに新龍白公となった

竜布が左翼に戻り

逃げる雷土兵の背を

どこまでも追った。

 

一方中央では黒桜軍と倫玉軍が

虎白軍に分断され

狙われた倫玉軍の方が

総攻撃をくらい四散。

 

そして虎白軍は無期を換え

分断された片割れ

桓騎本陣を含む黒桜軍へと

襲い掛かった。

 

この時すでに脱走する者が

あとを絶たず弱体化が加速していた

黒桜軍にとって虎白軍の総攻撃は

まさにとどめの一撃となった。


一方その頃扈輒軍本陣へ

夏満が定時報告に訪れていた。

 

雷土が捕らえられたことに

端を発し自軍が優勢にあることを

報告する夏満。

 

その報告を受け扈輒は

中央・左軍の追撃を許すが

中央の虎白に三千をその場に

留めておくようにと指示する。

 

それは万が一何かあるならば

岳白公の右翼だけだという

考えによるものだった。

 

そして話は扈輒の背後の天幕にて

尋問を受ける雷土へと移る。

 

未だ何かを吐くことはないが

だからこそ何かあると

扈輒は考え一つだけ

引っ掛かっていることがあった。

 

それは”王翦”の存在。

もし西にいる王翦が

こちらに向かってくるならば

今の盤面を解き

それに備えねばならないと。

 

扈輒自身来ないとは

思っているものの

こちらに来れば戦略は

大いに遅れる可能性が

あると考えていた。

 

しかしすでに西の動きに関しては

対処済みであると聞かされた

夏満は唯一注視すべきは

右翼岳白公の戦況であるとして

三千ではなく五千を置くことを献策。

 

そして左の龍白公にも

桓騎を取り逃がさぬように

少し隊を中央へ向けさせることの

了承を得るのだった。

 

話は終わり戻ろうとする

扈輒に夏満は語る。

 

六将になって早々

桓騎は相手が悪かった。

 

桓騎は”痛み”を武器として

相手を呑む戦をするが

我らには通用せぬ。

 

奴らへの恐れなどなく

我らは誰よりも”痛み”を

抱きかかえる扈輒様と

戦い歩んだ軍だからだと。


扈輒軍右翼岳白公

桓騎軍左翼飛信隊の戦場。

 

未だ敵将を討てず

やきもきする貂と番陽だが

そこへ隊の生き残りを率いて

関常が姿を見せる。

 

番陽も敵を引きはがすために

囮となった関常が

生きていたことを驚き

喜んでいた。

 

傷だらけでボロボロの関常は

玉鳳はまだ終わってねェ!と吠え

戦場へと向かおうとするが

貂から参戦するなら

前方で敵に捕まっている

羌瘣の所へ向かうようにとの指示が。

 

関常もそれくらいなら出来ると

指示を受け入れ部隊を引き連れ

戦場へと向かう。

 

そんな彼らを見送った貂だが

戦況は決して良くないことを

理解していた。

 

油断していた岳白軍は

まだ後軍があの奥にいるはずであり

それが到着する前に

決着をつけないといけないと。

 

急ぐんだ、信。

そんな貂の願いをよそに

信は岳白公との

一騎討ちに臨んでいた。

 

しかし互角かと思われた戦いだが

岳白公の奇妙な体術を前に

攻撃を当てる事すらできず

徐々に劣勢に。

 

そして信が岳白公の一撃を受け止め

吹き飛ばされたのを見た

沛浪が思い出したかのように

礼からの情報を伝える。

 

そいつの強さは

巨体からの怪力じゃなく

そのおかしな”体術”だと。

 

その言葉を聞き信は

なるほど、そうかと何かに気づく。

 

そして何故か尾平に

ちょっと来い!と呼び出し!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

元々劣勢もいいところでしたが

雷土が捕らえられたことで

桓騎軍全体が一気に

窮地に陥っているみたいですね。

 

なんだかんだで途中

追い込まれることはあっても

桓騎軍は有力な将は失わず

勝ち続けてきましたからね。

 

それが今回は雷土までもが

敵に捕らえられたことで

流石にマズイと桓騎兵も

思い始めたのかも。

 

となるとこの状況を打開するには

信達が影丘を抜くのが

絶対条件となるわけですが

こちらもそう簡単には

抜かせてくれないようです。

 

大将との一騎討ちとなったことで

信が勝てば一気に追い込めるんですが

流石に三公の一人は

伊達じゃないって感じ。

 

あの奇妙な体術が

その強さの根幹みたいですが

あれって一体何なんでしょうね?

 

信は沛狼(礼)からの情報で

何かに気づいたようですが

それで尾平を呼び出すとか

一体何なのかと。

 

意味があって呼んだんでしょうけど

当の本人もびっくりしてましたし

本当にわけがわからない。

 

ただまあここに至って

信が意味のない事はしないでしょうし

何かしら理由があるんだろうなと。

 

ともあれ尾平の存在が

岳白公の攻略にどう絡むのかは

正直わかりませんが

面白くなるのは間違いないので

続きが楽しみです。

 

第686話へ

第688話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局