雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 688話 ネタバレ&感想 剣対剣

2021年8月5日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年36・37合併号に

掲載されているキングダム 688話

ネタバレ&感想になります。

 

第688話 動きの勝負

内容ネタバレ

 

趙右翼軍大将岳白公の

奇妙な体術を前に

苦戦を強いられる信。

 

そんな状況を打開するため

信が呼んだのは

誰もが予想だにしなかった

尾平の名だった。

 

何故自分が呼ばれたのか

分からず困惑しながらも

信の元へ急ぐ尾平。

 

その間にも信は岳白公との

一騎討ちを続けていたものの

相手の動きをとらえきれず

翻弄されていた。

 

丁度信が岳白公の一撃を受け

吹き飛ばされた所へ

尾平が合流。

 

信は心配する尾平に速さだけなら

何とか目はついて行けるが

妙な動きで矛が

残像を追わされると語る。

 

そんな信に尾平は

何で俺を呼んだのかと尋ねるが

返ってきたのは大した用じゃねぇ

という言葉だった。

 

大した用じゃないなら

呼ぶな!と叫ぶ尾平だが

信はだがあいつを倒すためには

重要な事だと言い

持っていた矛を渡す。

 

いきなり王騎の矛を渡された

尾平は困惑していたが

信はこれの威力は天下一だが

当たらねぇと意味がねェと語る。

 

田永が言ってたように

あいつの最大の武器は

あの独特な体術だ。

 

あれについて行くには

この矛はまだ重すぎると。

 

大事な矛だ、とられんなよと

尾平に矛を預けた信は

俺にはまだ漂からもらった

政の剣があると

背中の剣を抜いていた。

 

それを見た岳白公は

この私と動きの勝負に出るとはと

笑みを浮かべ・・・。


一方その頃挟撃のチャンスを作った

亜花錦率いる部隊は

森の中で趙兵と戦っていた。

 

配下の者達から

飛信隊がまだ敵本陣に

届いていない事が報告されるが

亜花錦は何かに感づき

馬を向かわせる。

 

森の外には敵の後軍の本体らしき

軍勢が戦場へと向かっており

追いついてきた配下の者に

亜花錦は指示する。

 

流石にあれに呑み込まれたら

崖の上の飛信隊はひとたまりもないと

今乱戦している敵を撒いて

隊をここに集結させ

あの軍に横撃するぞと。

 

その頃、矛から剣へと持ち替えた信は

先程とは違い岳白公の動きに

くらいつくことが

出来るようになっていた。

 

岳白公もその事に気付いたのか

今まで持っていた武器を放り投げ

配下の者に持たせていた

自身の武器・月刀を構え語る。

 

この私を相手にあなたが

矛から県に持ち替えたのは正解。

 

一対一の戦いの武を極めていくと

”えもの”は短くなっていきます。

 

この月刀は私の体術を

もっとも活かす。

ついてこれますかと。


互いに剣を構えた

信と岳白公。

 

信は剣で戦っていた戦場、

いやもっと前をと

待ち受けることなく

岳白公へと斬りかかる。

 

しかし岳白公もまた

剣に持ち替えたことでより

体術が際立ちその動きが

とらえきれなくなっていた。

 

鎧を破壊され傷を負いながら

信はまだ動けてねェと剣を振るう。

 

もっと体全体で動け。

剣に頼るな。

思い出せ自由にもっと自由に。

 

その動きはまるで別人かと

思う程に変化し

岳白公を翻弄し始める。

 

そしてついに岳白公の動きを捕え

その肩当てを破壊していた。

 

崇原はそんな信を見て

前以上の動きだと語る。

 

王騎将軍の矛を扱うための

力回りが強化され速さが全く違う。

 

そしてやはりあの信が

自己流で身につけた独自の剣闘術。

 

あの動きは逆に岳白も

間違いなくつかみづらいと。

 

その戦いぶりを見て

”閃叫”の者達も驚愕する中

尾平は昔信と漂がしていた

修行を思い出し懐かしさに

涙を浮かべながら叫ぶ。

 

なめんじゃねェぞ俺達の信を

あいつは剣術の一つ覚えだけで

将軍にまで登り詰めた男だからな!と。

 

そして信の繰り出した一撃で

もう片方の肩当が破壊された

岳白公は本気になったのか

顔に血管が浮かびあがり・・・!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回のラストでいきなり

尾平を呼んだことが

どんな意味があるのかと

思っていましたが

そういう意味ねって感じ。

 

別に尾平じゃなくても

いいような気もしますが

最古参の一人でなおかついなくても

戦局には影響しないのは

彼くらいだったのかも(笑)

 

まあ、良く言えばあの矛を

一時的にも預けられるほど

信頼しているっていう事でしょうね。

 

そんな感じで久々に

信の剣術が披露されましたが

一対一なら剣の方が強いのかも。

 

相手が多数ならば

殲滅力という点で矛でしょうけど

相手が一人なら剣の方が

戦い慣れていると思いますし。

 

特に今回の岳白公のように

独特な体術を使う奴や

傅抵のように動きの速い奴には

小回りの利く剣の方が

相性良いのではないかと。

 

ともあれ互いに剣を抜き

これからが本番。

 

そうあっさりと決着は

つかないでしょうけど

ここからが面白くなるのかなと。

 

今の所亜花錦が敵の後軍を

押さえてくれているみたいですし

時間制限がある中

岳白公を討ち取ることが出来るのか

今後の展開が楽しみです。

 

第687話へ

第689話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局