雑誌掲載最新話 アルスラーン戦記

アルスラーン戦記 漫画最新 98話 ネタバレ&感想 ナルサス?の拷問

2021年9月9日発売の

別冊少年マガジン 2021年10月号に

連載されている

アルスラーン戦記 98話

ネタバレ&感想になります。

 

第98章 文明国の拷問

内容ネタバレ

 

戦える船を全て動員し

ギランに襲来した海賊たち。

 

しかし港には何故か

船が一隻もないばかりか

人の気配もなく・・・。


明らかにおかしい様子だったが

海賊たちは先日の襲撃にこりて

皆逃げ出したと判断。

 

頭の指示で好きに暴れたものの

手ごたえはなく

だったらと総督府をいただきに

上陸準備に取り掛かる。

 

海賊の一人がオクサス河って

こんなに水少なかったか?と

違和感を感じていたところ

高台の上から様子を窺っていた

エランが旗を振り

どこかへ合図を送っていた。

 

その合図を受けた町の協力者たちは

堰き止めていた河を解放。

 

勢いよく流された河の水は

瞬く間に海賊たちを飲み込み

殆どの船は壊されていた。

 

そこへさらに火のついた藁を乗せた

筏が次々と船に突進し炎上。

 

頭は動けるものは一旦退けと

混乱する配下の者達に指示するが

そんな彼らの行く先には

ダリューン達が乗る船が

立ち塞がっていたのだった。

 

敵の海賊船ニ十隻を全て鹵獲破壊

頭を含め三百名ほどを捕え

大勝利したアルスラーン達。

 

グラーゼも目覚ましい活躍をしており

ナルサスからは落ち着いた後に

ギランの総督代理に

してはどうかとの意見が。

 

アルスラーンもそれに賛同するが

ふと気づきナルサスに問いかける。

 

グラーゼがいなかったら

シャガードを総督にするつもり

だったのではないか?と。

 

その言葉にナルサスは

物憂げな表情を浮かべ

詮無き事にございますと

返すのだった。


捕らえられた海賊たちだが

見張り役に扮した

ある男が接触していた。

 

その男は”あるお方”からの使いらしく

頭はあんな罠があるとは聞いていないと

不満をぶつけるが

使いの男はその事について説明する。

 

むこうにはナルサスという

くせもの軍師がおり

こちらが無傷で手玉に

取れるような男ではない。

 

敵を騙すにはまず

味方からだと。

 

うまくやればこの後ギランの全てが

おぬしと我らの物になる。

 

それにアルスラーンは

拷問や無駄な処刑は好まない事から

命は助かるだろうと。

 

一方その頃ナルサスは

ギーヴ達にグラーゼを

ギランの総督代理にしようと

考えていることを明かしていた。

 

それはグラーゼ本人の力を

見込んだ上のことだったが

同時にアンドラゴラスとの

決裂に備えてのことだった。

 

そんな話をしていた所

ダリューンから

海賊の頭を尋問しているが

何も喋らないから手伝ってくれと

頼まれ向かうことに。

 

尋問していたジャスワントから

何か情報を隠しているようだ

との話を聞きどうするか

考え始めるナルサス。

 

そんなナルサスを見て

ダリューンは何か思いついたらしく

アルスラーンの許可を受け

頭の前に立ち告げる。

 

そうかお主話したくないか

ならばしかたない・・・と。

 

恐怖を感じた頭は

アルスラーンは慈悲の男と聞いた

拷問などしないのだろう?と話すが

ダリューンは告げる。

 

今尋問しているのは

殿下ではない俺だ。

拷問にかけると。


頭は頑なに一言も喋らんぞ!と

敵意を露わにするがダリューンは

そんな野蛮な方法はとらん

パルスは文明国だぞと

ナルサスを指さし脅迫する。

 

さあさっさと喋れ!

でないとこいつにお前の

肖像画を描かせるぞ!

 

そうすると恐ろしい事になるが

それでもいいのか!?と。

 

ナルサスの絵を知る

アルスラーン達は蒼白となるが

頭たちは何のことを

言っているのか分からず

首を傾げていた。

 

そんな頭にダリューンは語る。

この男は虫も殺さないように見えるが

実は東の絹の国で魔道を学んだ。

 

ことに得意なのが絵を使う魔道で

こいつが誰かの肖像画を描くと

描かれたものは生命力を吸い取られ

百歳をすぎた老人同様になってしまう。

 

嘘と思うならこの場で

試してみてもよいのだぞと。

 

そこへさらにダリューンの意図を

理解したグラーゼもそれに乗ったことで

真実味を増したようで

頭は一も二もなく

なんでも知っていることは喋るから

肖像画だけはやめてくれと叫ぶのだった。

 

拷問に屈した頭は

何から喋ろうかと考え

アハーバックの財宝に

ついて語りだす。

 

ギーヴ達もその噂を聞いており

何を今更と声をあげるが

頭はより詳しい情報を持っているらしく

その財宝がサフディー島の

どの辺りにあるのか知っていると。

 

思わぬ形で利用されたナルサスは

釈然としないと不満げだったが

アルスラーンは急に信憑性が

増したと感じていた。

 

そんなアルスラーンを見て

ナルサスは笑みを浮かべ

サフディー島にいってみましょうかと

提案するのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

肖像画のくだりでは

随分と笑わせてもらいました。

 

ナルサスの絵が酷いのは

重々承知でしたが

まさか拷問に使うとは・・・。

 

アルスラーン達の態度も

何かあるとの裏付けにもなりましたし

まあ、拷問成功って感じでしょうか。

 

それにしても前回海賊王の

財宝の話がありましたが

こういう繋がりがあったんですね。

 

海賊が財宝を探すというのは

特に珍しくもありませんが

アルスラーン達もやることになるとは

正直驚きました。

 

ただ気になるのはその財宝は

本当に金銀財宝なのかなと。

 

今回は宝の地図ではありませんが

他の作品ならそういうのを見つけても

中身は空だったとか

全く意味不明なものが入っているとか

よくあることですし。

 

まあ、実際に見つかるかどうかは

何とも言えませんが

ロマンがあるのは間違いないかと。

 

そしてもう一つ気になるのは

海賊たちと裏で繋がっている

黒幕はシャガードなんでしょうか?

 

どうみても怪しいというか

ナルサスと決別していますし

その可能性は高い気が。

 

ともあれまずは海賊王の財宝探しと

なりそうですので

一体どんなものが隠されているのか

楽しみです。

 

第97話へ

第99話へ

-雑誌掲載最新話, アルスラーン戦記
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局